コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アーティスト(2011/仏)
- 更新順 (1/1) -

★5物語がはじまった時 [review] (週一本)[投票]
★4思い出した。私が、一番最初に映画がいいなぁと思ったのは、ミュージカルだった。画面一杯に踊る、踊る。映画はこんなに楽しいんだと体で感じた。あの時の高揚した気分を思い出させてくれたラストシーンだった。 (KEI)[投票]
★3ジェームズ・クロムウェルエド・ローター。運転手は怪我ないのがいい…っておい。 (黒魔羅)[投票]
★4アイデア賞。 (りゅうじん)[投票]
★3名作に成り損ねたとても惜しい映画。無声映画時代にスポットを当てたのは素晴らしい。あとはストーリーがもう2段階上だったら確実に5つ星だった。往年を回顧するだけで名作には成りえない。 (水の都 ヴェネツィア)[投票]
★3見たことさえ忘れかけていた、スタイルありきの凡作。 (tredair)[投票(1)]
★5脚本、演技、演出などの点では、努力賞ではあっても満点とはいかないかもしれない。しかし、映画(サイレントに限らず)の伝統に対するリスペクト、というか映画への愛情という点では満点以上だ。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★4アイデア映画で新鮮だし、センスの良い印象的で映画的なシーンや技巧もたくさんあった。それに、犬…良すぎでしょ!可愛すぎでしょ!白黒の美しさも良い。個人的には… [review] (あちこ)[投票]
★5私の活動弁士に2歳と6歳の娘、大爆笑・・・でも [review] (寿雀)[投票(3)]
★3ストーリーの予定調和っぷり、演出の古さなど「よくぞここまで再現した!」という感じで、ヒロインの容姿以外はまさにサイレント映画でした。でも、だったら本物のサイレントの名作を観れば良いような。あえて今サイレントで撮った意図が、映画を観ただけではいまいちつかめなかった。 (味噌漬の味)[投票]
★2押し付けがましくって、心踊るものを感じない。 (G31)[投票]
★4映画好き狙い撃ち。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4ジャン・デュジャルダンの監督業進出を報じる新聞見出しには“I'm not a puppet, I'm an artist”とある。それを裏返した「artistであらずばpuppetである」という彼の自己規定に素直に従えば、これは監督作の興行的失敗を被ったpuppetがPeppyとpuppyとともに織り成す「無声両唇破裂音/p/」の物語である。 [review] (3819695)[投票(4)]
★5もちろん、予定調和的で、ここまで都合のいいお話も最近はなかなかないけど、でも、この映画のもつドライブ感覚はすばらしい!劇場で2回観ました! (カフカのすあま)[投票]
★3とっても可愛い映画です。こんな映画がコンスタントに製作されるといいな、と思わせられるのも確かだが、でもやっぱり物足りない。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★3シンプル、的確な手法でシンプルな感情を巧みに表現。サイレント映画というより半ば一発芸的なアイデア映画。★3.5 (ドド)[投票(1)]
★3途中までは、古き良き時代を懐かしむ軽いオシャレ映画かな、と思っていたけど、 [review] (華崎)[投票]
★3情報の消去によって引き出す映画らしさ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★3BGMが説明的でうるさい。女優が研ナオコとシガニーウィーバー。時間つぶしにはなった。 (ぱーこ)[投票]
★3サイレントと言うノスタルジックな題材を扱ってるのはいいが、ストーリーまでノスタルジックすぎないか?あと、かつてのサイレントのスターだったオトコが、どんどん落ちぶれる様をステレオタイプに描いてるのは、なんだか趣味が悪いとしかいいようがない。 [review] (worianne)[投票]
★2クオリティが低いとは思わないが、期待を超えるものは何もなかった。今の時代にこの作品を作る意義が見出せない。 [review] (緑雨)[投票(4)]
★321世紀に作られたサイレント映画として「新しい何か」を期待すると、当時に比べて更新されている点はカメラワークと音響ぐらいしかなく、失望するだろう。現代最高レベルのモノクロ画面が作品の質を随分上げている。 (赤い戦車)[投票(1)]
★5本当の意味での映画の感動を再現してくれた作品! [review] (ルリマツリ)[投票(2)]
★4序盤はつまらなかったが、ペピーが掛けてあるジョージの上着に手を突っ込み二人が抱き合って見えるかのシーンから俄然面白くなった。ウィンドガラスに映った蝶ネクタイ姿のジョージの姿が印象的。 (マライヒ)[投票(1)]
★3物語について語るべきことは何もない。白黒やスタンダードの画面もサイレント・モノマネ芸のための必然でしかない。作者がどこまで意図したかは分らないが、「音楽」と「音」と「声」の制御によるコミュニケーション不全男の再生復活劇になっているところが面白い。 [review] (ぽんしゅう)[投票(11)]
★3あそこでお腹が鳴るって、持ってるなーオレ (HAL9000)[投票]
★4犬が一番上手い。『雨に唄えば』×『サンセット大通り』×『ライムライト』? (パピヨン)[投票(1)]
★5ハリウッドへの反逆と挑戦!そして犬の映画。(シネスイッチ銀座・2012/04/14) [review] (chokobo)[投票(1)]
★3アイデアは良いけど、アカデミー賞撮ってなかったら観てないな。でも、確かに犬は良いね。 (stimpy)[投票(1)]
★4完全に現代において無声映画を、と画した野心作であります。他の監督にも同様の無声映画はあったけれど、これほど徹底して時代を90年前に戻したのは驚きの一言です。 [review] (セント)[投票(3)]
★4昨今の、台詞で多くを説明してくれる映画と比べると、今どんなシーンかを想像しながら見ていくことになり、それが楽しくもあり、また疲れるような気もしないでもない。ただ、仕草で表現する映画には新鮮さがある。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★3お噺は佳かったし実際泣いたが、名作と言える程ではない。米アカデミーにも老害が押し寄せていると見える。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★4面白いし、良く出来ている作品であることに疑問の余地はない。確かにこれなら『ヒューゴ』は相手にならないだろう。 [review] (Master)[投票(2)]
★5サイレント映画としては反則的な音の入れ方が一部あるし、女優の顔が現代的すぎる気もするけど、表現や演技をこれだけ抑えて感動させるのはすごいと思う。ワンちゃんがかわいい。 [review] (サイモン64)[投票(1)]