コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] デンジャラス・ビューティー(2000/米)
- 更新順 (1/3) -

★3"変身”したサンドラ・ブロックが格納庫から姿を現わす場面、観客に舞台上から飛びかかる場面、夜のプールサイドでのベンジャミン・ブラットとの場面など、映画的で印象的なよいシーンが幾つかある。 [review] (緑雨)[投票]
★4実に楽しい映画である。サンドラ・ブロックが変身する前はちゃんとブスに見えて、した後では美しく見えるようにきっちり演出なされているのがまず良い。主人公その他各キャラクターの一貫性、書き分けも秀逸であるし、何気なく吹く風やユーモア、ラストに向けた盛り上がりも悪くない。王冠の奪い合いのさなかに降り注ぐ紙吹雪とミスUSの泣き顔、照明等等。私は何故か『カリフォルニア・ドールズ』を連想してしまった。 (赤い戦車)[投票(1)]
★2デンジャラス・デンジャラス』の間違いだろ?w 彼女の役のブタみたいな笑い方が最後まで好きになれなかった。 (IN4MATION)[投票]
★4突っ込みどころ満載の隙だらけの出来だけど、まあ、肩肘張らずに楽しめる娯楽作としては、そうしたユルさも悪くない。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★3この20世紀も最後という2000年に今更というほどのベタで凡庸な設定を、これまた今(当時)まさに「自分のやるべき仕事」で「B級然と」輝きを放つサンドラ・ブロック。企画の勝利。 (chilidog)[投票(1)]
★3「レディース!」の呼びかけで集まってくる彼女達。このシーンで一遍にこの映画が好きになりました。あとこの映画の邦題、考えた人は偉い! 原題よりいいと思うんですけれど……。 (ムク)[投票]
★3「女の子がきれいになってアラ不思議〜」系映画は、嫌いじゃないがモヤリとする…と思っていたら、意外にも女の友情モノ映画だった。全体に軽いノリだが、芯のテーマはある意味硬派で、好感。 (はしぼそがらす)[投票]
★3戦う女役がこれまで多かったブロックが、自分自身の売りというのを上手く捉えて作り出した作品ですね。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3サンドラ・ブロックは僕より喧嘩強いだろうな、間違いなく。 [review] (ころ阿弥)[投票(1)]
★2サンドラ・ブロック好きそ〜 (YUKA)[投票]
★4ミスコンを舞台にした作品として『ビューティフル』よりも格段に良い。楽しめて後味スッキリな作品。 [review] (ダリア)[投票(1)]
★4サンドラ・ブロックは、これで一生食っていける! [review] (早秀)[投票(1)]
★4原題がミスコンじゃ無いミスコンで、製作 サンドラ・ブロックもへえ〜。みんな楽しんで作っているよな。特にヨーダちゃんも生き生きと。 (中世・日根野荘園)[投票]
★4今まで観たサンドラ・ブロックの作品の中で、一番彼女の活き活きとしてワイルドな魅力を伝えていた。脚本より役者の魅力で成功している作品。 [review] (TOBBY)[投票]
★3同じくサンドラ・ブロック主演の『完全犯罪クラブ』もそうだが、彼女のブス役はどうも好かない。メガネを外したら美人でビックリというマンガのような驚きがない気がして。 (ノビ)[投票(1)]
★4ああ、なるほど女性から彼女が支持される理由がわかった。確かに彼女は男っぽくて女らしくカッコ悪くてカッコいい。気取った素振りは微塵もない、そんな等身大の女優はなかなか稀。うん、確かに日本の女優には望むべくもない大人の女優なのだな。 (tkcrows)[投票]
★3そりゃね、サンドラ・ブロックプロデュース!だもん。評価しないと羽交い締めに合う(嘘)。彼女を前面に押し出した勢いに完敗で、全く魅力の無い「事件」よりもミスコンが超メインなプロットが笑える。鼻は鳴らなかったけど… [review] (ナッシュ13)[投票(1)]
★3普通におもしろかった (うさ)[投票]
★2気軽なコメディだと思って観たがはずれ。コンテストもその内幕も正直どうでもいい。フェミニズムとか友情だけでなく、美と悪(醜)の同居性を丁寧に描いてくれればずっと面白くなった気がする。儚く、悪(醜)に晒されるのが美(デンジャラス・ビューティ)。 (スパルタのキツネ)[投票]
★4すべからく「美」とは、「可能性」とそれに向かいゆく姿。 [review] (uyo)[投票(2)]
★3私たちの敵はインテリとフェミニストと醜い女。 [review] (てれぐのしす)[投票]
★3結構面白いと思う。但し日本語吹替版は最悪。サンドラ・ブロック川原亜矢子が吹き替えたのだが見事な棒読みでせっかくの面白い映画が台無し。いくら元モデルとはいえ吹き替え技術とは無関係なのに・・・。 (HILO)[投票]
★3たけふじダンサーズ。 (FreeSize)[投票]
★3カリフォルニア代表のベスト5入りはないでしょ〜。 (白羽の矢)[投票(1)]
★4機転の利いたコンテストの司会者の縁の下の力持ちぶりも見逃せないな。 (24)[投票]
★4ストーリーはちょっとヌルいけど、とにかくサンドラ・ブロックが当たり役。彼女にはこのままコメディエンヌの道をバクシンしてほしいです。 (わさび)[投票]
★3ミスコンで必要な事、S・I・N・G [review] (あき♪)[投票]
★4この映画を見た後、これ系のコンテストで「世界平和のために...」等と話していると吹き出してしまうようになった... (june)[投票(1)]
★4皆さんのコメントを読んでショックを受けた・・。彼女を美しいと思ってた自分の美意識が揺らぐ、揺らぐ。 [review] (sawa:38)[投票(4)]
★3サンドラ・ブロックの存在感は認めよう。ある意味、「地」であろう。しかし、全体を通して全てが中途半端。周りのキャラクターにしても、ストーリーにしても、ギャグにしても。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★3同じ先生? [review] (ユウジ)[投票]
★4おもしろかったとは思うけど、変身前のサンドラ・ブロックのブスさ加減がイマイチ中途半端な気がした。同じ変身モノなら『25年目のキス』のドリュー・バリモアのブス演技はスバラシイぞ!まぁ、ブスの種類が違うけどさ。 (はっぴぃ・まにあ)[投票]
★3サンドラ・ブロックプロモーション映画。あるいはプリティウーマン女捜査官編? [review] (ホッチkiss)[投票]
★4主人公って「横入りしない女」って感じ。いや、出だしのスタバのシーンでは大々的に横入りっちゅうか、割り込みしてんだけどね。(あそこ好き。)でも、人生に横入りなし!男前! [review] (イライザー7)[投票(2)]
★5むかし変身前のサンドラになりたかった、そしていま全ての女のコを愛しいと思う私のために。 [review] (は津美)[投票(7)]
★2テレビ的には「観客の反応音声」があれば完璧。 [review] (しど)[投票]
★3フゴフゴ言いながら「世界平和」への帰納法。 (LUNA)[投票]
★4可もなく不可もなく笑えました。単純明解で面白いです。 (さと)[投票]
★4こういう映画は好き☆ただ⇒ [review] (ちい星)[投票]
★4サンドラ・ブロックはこういうドジなキャラが合っている。 それにしてもキレイに変身していく姿をみるのはどうしてこう楽しいんだろう! (ペパーミント)[投票(1)]
★5生まれ変わったら絶対アメリカでミスアメリカ!&ワールドピース (dali)[投票]
★4権力つかってスタバの行列に割り込むセンドラ・ブロック。最高っス!! (あちこ)[投票]
★4サンドラ・ブロックの美しさは何しても美しい!・・・・・か? [review] (たまこ)[投票]
★2ブロック姉ちゃんのオッパイドーナツ2つ!それ美味そうだ食いたいぞ下さいな。 (d999)[投票]
★4ゴージャスでいっすねー。みんな胸いれてんのかな。 (YUKI_K)[投票(1)]
★1我慢していればいつかは面白くなると思い続けた2時間でした。 (gonngenndou)[投票(2)]
★3太い首・太い足・ごつい肩・・うーん、とってもデンジャラス!!でもってビューティーの部分がどのへんなのか困ったがまぁいいでしょう。「世界平和」がギャグになることがデンジャラスだったかも?それがアメリカ!でもね、頼むぜ中東和平! (Osuone.B.Gloss)[投票(1)]
★3そんな脳天気なFBIはいねえだろっ?と、とりあえずツッコミ。コメディ(?)なのにそんなに笑えるところはなかった。ただ、最後の授賞式のドタバタだけはかなり笑えた。それと、ブタ鼻でプラス★1つ。 (lain)[投票]
★3格納庫の巨大なトビラがゆっくり開いてゾロゾロ出てくるシーン、これがやりたかったんだろう。 (黒魔羅)[投票]
★3「ふんがふんが」ってなかなか笑えないです。 [review] (セネダ)[投票]