コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ロボコン(2003/日)
- 更新順 (1/1) -

★3この手の作品は好きだし、配役も好みなのだが、今ひとつのれない。 [review] (とっつぁん)[投票]
★5稀に見る棒読みセリフをするキャスト、ベタな演出、王道を行き過ぎるご都合主義的な展開、題材も一時的にメディアに取り上げられたまさにブーム感たっぷり…それでも! [review] (シオバナカオル)[投票]
★4静けさの中のリアルを感じる。この映画の出演者はほとんど”素”に違いない。 [review] (chokobo)[投票]
★4どうせやるなら勝ちたい。これって至極まっとうな事だなと改めて思いました。 [review] (づん)[投票(1)]
★4元々ロボコンが大好きだったのだけれど、この映画を観て以来、以前以上にドキドキするようになってしまった。私、馬鹿だ。だけどおもしろかったんだよー! [review] (ムク)[投票]
★3いかにも貧弱なドラマを『ロボコン』というイベントそのものの魅力が大いに救っている。特にあのシーンの力強さといったら、もう。 [review] (林田乃丞)[投票(3)]
★4ロボコンというオタな風景に、人間離れして手足の長い長澤まさみが立っているだけですでにファンタジー。両極端なボンクラ俳優伊藤淳史塚本高史が安定感のある演技で好演。 (すやすや)[投票]
★5流行の青春熱中ドラマ・色物編。みたいな感じはするが、楽しげな雰囲気で良い。なにより地元の高専が舞台となって、島影、高い煙突を望む光景はそれだけで高校時代を思い出させて懐かしい。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★2感情の機微がイマイチ伝わってこない。この類いの映画は、役どころの大まかな感情が伝わったとしても、その機微の表現が稚拙ならば、存在価値は薄い。一般的には珍しいロボットコンテストを題材にした単なる企画物の域を脱しない作品。 (リヤン)[投票]
★3長澤まさみに☆1つ差し上げました。 (RED DANCER)[投票]
★3理系ノリのスポ根作品ですね。長澤まさみの存在感が映えます。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3正直理系の気持ちはよく分からない。ゴメン。 [review] (くたー)[投票(3)]
★3長澤まさみの笑顔だけでどんぶり飯4杯はいける。 (白羽の矢)[投票(1)]
★1たいくつ極まりない。長澤まさみが可愛かったから少しは救われた。古厩監督なので『まぶだち』みたいなカンジを期待しすぎたかも。 (あちこ)[投票]
★3長澤まさみが近未来の日本でロボットと合コンしてお持ち帰りされる物語だったら、カンヌ映画祭ある視点部門で大喝采を浴びたと思う。望むことは、古厩智之監督で窪塚洋介orジョニー大倉主演の鳥人間コンテストの映画化です。 (ジャイアント白田)[投票(1)]
★1シリアスな人間ドラマじゃなくコメディーにすれば面白かったのに。『踊る大捜査線 THE MOVIE』のスタッフに仕切らせてハリウッド風の学園ドラマで盛り上げればヒットしたと思うよ。せっかく人気俳優を揃えたのに勿体ない。 (HILO)[投票]
★2スポコン青春映画を奇をてらってロボコンを題材に作ろうとしたまではよかったが、イメージだけ。ロボコン関係の友人がいるが、彼らの苦労を知ってるだけにどうしても評価は厳しくなる。 [review] (ガリガリ博士)[投票(4)]
★2高専新入学生向けのプロモビデオだったら合格点 [review] (早秀)[投票(2)]
★4「こうしたい」というよりも、「正しい、正しくない」が譲れない少年たちの山越えに、共感とともに苦笑。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★5ロボコンのテレビ放送を毎年楽しみにみていた身としては、言うことなしです。 [review] (ふくふく)[投票(1)]
★3嫌いじゃないけど、まとまり過ぎて、ご都合主義になっちゃってる。050525 [review] (しど)[投票]
★2タイトルからしててっきり「がんばれロボコン一等賞〜滑って転んで泣かないで〜♪」 のロボコンだと思って「そんなもん映画化したのかよ!」と突っ込んでいたんだがそうではないみたいですな(古すぎる・・・) [review] (TO−Y)[投票]
★2長澤まさみは好演しているが、朴念仁眼鏡男小栗旬が、それを外すとイケメンだってのはかなり古風な演出。それ以上に、ダメクラブ(もしくは新人クラブ)が短時間の頑張りで信じられない結果を生む映画はもう食傷している。『がんばっていきまっしょい』ほどの付加価値、ひねりはせめて必要ではないだろうか。 (水那岐)[投票(3)]
★3間延びするギリギリのペースで展開するほんわかスポ根(あだち充調…と思ったら長澤は『タッチ』に出るのね)は、ボックスフンドの動きと似ていなくもない。シッポをたてろ!作ったネジのようにはビシっとしてないけど、地方の風景と合わせてのんびり点数稼ぎます。 (chilidog)[投票]
★2文系頭で考えた理系映画。「問題ない!答えは一つ」的な理系シナリオを用意したまではまあ良いとして、もの作りの苦悩と快感を正面から描くことなく、クールな演出とスポ根的強引さを無理やり組合わせて何とかしようという発想がいかにも文系。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4映画鑑賞のつもりが、長澤まさみ鑑賞になってしまっていた。あのしゃべり方にノックアウト(>_<) (ちゅんちゅん)[投票]
★3演出は稚拙で脚本も薄い。エピソード間のつなぎが描けていないから不自然に感じるシーンも多かった。ただロボコンという競技の楽しさは伝わってくるし、長澤まさみの可愛さや伊藤淳史自身のキャラクターの面白さ等、好きな要素は多い。困った映画だ。 (ナム太郎)[投票(2)]
★3何とも華のないキャスティングだし、演出の稚拙さも目立つし、コンテスト会場の雰囲気のサムさはキツイけど、丁寧に作っている印象で好感持てる。長澤まさみは出演作聞いても「どこに出てた?」って感じだが、この作品では実に魅力的。小栗旬塚本高史も共演が多いだけに息があっている。['04.10.2京都みなみ会館] (直人)[投票(1)]
★3別に大声張り上げなくても、汗を垂らさなくても青春映画は出来る。謳い文句通りの正に理系の青春映画。まあその分実に淡々とした展開になっちゃいましたが。それでも長澤まさみちゃんを見ていれば2時間飽きない(ってやっぱりエロ親父目線か)。 (takamari)[投票]
★3撮り方★2、キャラ★3、コンテスト★4。まあ楽しめた。 (ぱーこ)[投票]
★4理系根性物語、略して「リ根」? [review] (tkcrows)[投票(2)]
★3妙な間があったりして演出的には面白かった。第一ロボット部の面々も、エリートの癖にすげえバカばかりで笑えます。特に部長(笑)。主役の女の子も、とぼけた感じと、下手なのが功を奏しているのか分からないが、演技とても自然で良かったです。ただ・・ [review] (Curryrice)[投票]
★4だぁから俺がいつも言ってるべ?!毎年正月にNHKでやってる全国高専アイデアロボットコンテストはおもしれぇって。この題材を取り上げてくれたこと自体でスデに★3確定。 [review] (ホッチkiss)[投票(4)]
★4純真+自転車に弱い僕。 (Soul Driver)[投票]
★4祝!私的青春映画の巨匠古厩智之のメジャー(?)デビュー。そして限りなく映画的コメディアン伊藤淳史の今後を期待して乾杯! [review] (kaki)[投票(2)]
★4いや結局メカと少女という設定に弱いのね。ただ理系眼鏡萌えの女子の為に美少年!眼鏡を外してはいけないぞ! (某社映画部)[投票(1)]
★5大会の盛り上げ方がうまい (kenichi)[投票]
★3頑張れ!とちょっと拳にチカラの入った後半(ロボコンシーンは特に)だった。 (わわ)[投票]
★5古厩智之、エライ。こういう密度の高い脚本を俺は待っていた。 [review] (町田)[投票(7)]
★2最後のロボコン本戦なんて、誰がどう表現してもそこそこ感動は与えられるよ。そこに辿り着くまでの過程の描き方が下手くそすぎて観ていられない。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
★4さわやかスポーツ系、(いや違う)さわやか文系のノリがすこぶるいい青春映画です。 [review] (セント)[投票(1)]
★4いかにも作り物的な、結局はいい子ちゃん的登場人物たち。だが、たまにはそんな世界に浸るのもいい。理系人間、理系人間好きにはお勧めの小品。(2003/10) (秦野さくら)[投票]
★4すっかりロボット萌え。 [review] (あき♪)[投票(3)]
★2映画全体のつまらなさと演出力の無さをロボコンのシーンだけで取り持っている作品。 2003年8月26日試写会鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票(6)]
★5モノが作れないことにヒガミを持つ文系の諸君も、モノを作ることが楽しくない理系の君たちも必見![イイノホール (試写会)] [review] (Yasu)[投票(6)]