コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

レナードの朝 (1990/)

Awakenings

[Drama]
製作総指揮アーン・シュミット / エリオット・アボット / ペニー・マーシャル
製作ウォルター・F・パークス / ローレンス・ラスカー
監督ペニー・マーシャル
脚本スティーブン・ザイリアン
原作オリバー・サックス
撮影ミロスラフ・オンジーチェク
美術アントン・フルスト
音楽ランディ・ニューマン
衣装シンシア・フリント
出演ロバート・デ・ニーロ / ロビン・ウィリアムズ / ジョン・ハード / マックス・フォン・シドー / ジュリー・カヴナー / ルース・ネルソン / ペネロープ・アン・ミラー / アリス・ドラモンド / ジュディス・マリナ / アン・メイラ / メアリー・キャサリン・ライト / メアリー・アリス / キース・ダイアモンド / スティーヴ・ヴィノヴィッチ / ブラッドリー・ホイットフォード / ピーター・ストーメア / ヴィニー・パストーレ / ヴィン・ディーゼル / トム・ファレル
あらすじ少年期に発症し、30年もの間昏々と眠り続けていたレナードは若き医師セイヤーの常識を度外視した治療によって覚醒した。眠りについたあの日のままの心で目覚めた彼は、鏡に映った自分の姿を見て愕然とする。しかし、やがて失われた時を取り戻そうとするかのように今を生きようとするのだった。 (TM)[投票]
Comments
全148 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5希望があるから絶望がある。 [review] (ebi)[投票(7)]
★5「生きる」ことの素晴らしさ。普段不感症になってしまっているわたし達の心を”目覚め”させてくれる素晴らしい映画。 [review] (marina)[投票(6)]
★5「Let's begin」 ・・・・・これは絶対に悲劇ではないと思う。 [review] (FreeSize)[投票(6)]
★42人の役者の演技は各々の芸風を誇示するのみで相乗効果とまでは言いがたいし、展開も余りに平易なのだが、この映画を包む女性監督らしい慈愛に充ちた優しさには素直に打たれる。やっぱり女は優しさが無いといかんと思う。 (けにろん)[投票(7)]
★4孤独な神は、それゆえに残酷な善意を創造物に施す。 [review] (水那岐)[投票(7)]
★4ボール握り締めた無表情な病人の大群。普通なら笑える場面に泣けてくるとはどういうことだ! [review] (はしぼそがらす)[投票(6)]
★4ロビン・ウィリアムスだからこそ成立したという点は否めないが… [review] (モモ★ラッチ)[投票(4)]
★4ただ単に命があるということと生きることとの違いについて考えさせられました。自分ひとりの力で生きているのではないということも再確認。 (coomin)[投票(3)]
★4熱演のデニーロ、抑制のウィリアムス。この2人の方法がこの映画を輝かせたのだと思う。それにしてもデニーロは凄い。あまりにリアルで、自分の中で観たくないという気持ちと観たいという気持ちが激しく拮抗した。こんな感情は初めてだった。自分の偽善が露呈された思いだ。 (tkcrows)[投票(3)]
★4事実は小説よりも奇なり。 [review] (さいた)[投票(3)]
★4「レナードの朝」は「セイヤー医師の朝」でもあり、患者を助ける医師が患者によって「人として」の何かを掴む。この一か八かのような投薬治療による奇跡、病状が全く悪い方向に転ぶ可能性だってあった事を考えれば、両者にとってこの短くも儚い対話、すこぶるハッピーな人生の1ページだったと捉えたい。 (クワドラAS)[投票(1)]
★4「目覚め」の瞬間。闇から光へ。静から動へ。死から生へ。ここに、この映画の全てが凝縮されている。「生きている」ということがどれだけ素晴らしいか、改めて教えてもらった。ロバート・デ・ニーロロビン・ウィリアムズ、2人の名演は言うまでも無い。 (Pino☆)[投票(1)]
★4彼女との最後のダンスシーンは他のどの映画のそれよりも美しく感じた。 ()[投票(1)]
★3一種のファンタジーだと思えばいいのかもしれないが、余計なことばかり気になってしまってストレートに感動できない。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3デ・ニーロロビン・ウィリアムズが、いくら「現実ばなれ」したオーバー・アクトを繰り返しても、演出は「現実らしさ」に収斂されてしまっている。決定的にあの「朝」のシーンが唐突過ぎると思う。 (ゑぎ)[投票(2)]
★3主人公は衝動的な性格だし社交的ともいえず、変人としての姿が断続的に描かれている。マイナスにも作用されそうな気質だけど、だからこそリアル。掛け値なしの感動物語でないことを描き手は自覚している。 (Bunge)[投票(1)]
★3実話を元にしているが、現実の醜いところを全て消し去ってしまった作り手の姿勢は評価の分れ目となろう。 (黒魔羅)[投票(1)]
★3病気や障害を持つ人を描く作品は、オーバーだったりお涙モノだったりして食傷気味だけれど、本作は、ロビン・ウィリアムズ のコミュ障ぶりを並列することで、誰もが自分という存在に悩んでいることを表していて救われる。カウフマン医師の存在が意外と大きいのも良い。 (jollyjoker)[投票]
★3希望を持って努力し続けることの大切さ、また、その努力ができる事を幸せと感じられることの大切さを教えてもらった気がします (なかちょ)[投票]
★3やりすぎ芸人博覧会 (カレルレン)[投票]
★2心理学専攻の共通の友人を挟み、デ・ニーロを敬愛する俳優志望の人と、反デ・ニーロの急先鋒で脚本家志望だった僕は、この映画におけるロバート・デ・ニーロの演技をめぐって大喧嘩になった。 [review] (muffler&silencer[消音装置])[投票(3)]
★0良い映画なのは認めるけれど、一歩引いてみてしまったのは、自分の人生に今大きな意義が見出せてないからかもしれない・・。 (sasao)[投票]
Ratings
5点137人*****************.
4点434人******************************************************..
3点318人***************************************......
2点34人****..
1点5人.....
928人平均 ★3.7(* = 8)

[この映画が好きな人]

POV
映画に描かれた精神医療のホントと嘘 (にゃんこ)[投票(19)]イロイロ言われる映画たち (シーチキン)[投票(9)]
ロビン・ウィリアムズ好きなあなたへ (ヒコ一キグモ)[投票(8)]ヒポクラテスたち (死ぬまでシネマ)[投票(5)]
年齢制限?R,PG-13,PG,G (peacefullife)[投票(5)]あなたを大きく育てた暗闇の中へ:リルケ映画 (tredair)[投票(4)]
障害者 (Yasu)[投票(4)]PeacefulLife国「文部科学大臣推奨映画」 (peacefullife)[投票(4)]
天才作曲家ランディ・ニューマンの仕事 (町田)[投票(4)]お涙頂戴?? 〜難病映画〜 (アルシュ)[投票(3)]
踊る阿呆 (Lostie)[投票(2)]☆シネマしりとり☆の記憶 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(2)]
実話だから凄い!! (映画っていいね)[投票(1)]笑える精神系 (poNchi)[投票(1)]
日本語吹替版新録でDVDの売り上げUP!! (HILO)[投票]俺を泣かした子供たち (れん)[投票]
まさに「癒し系」 (あくあ)[投票]真実を基にした作品 (ヴァニラ アイス)[投票]
これが友情だ (やまやま)[投票]感涙系 (いし)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「レナードの朝」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Awakenings」[Google|Yahoo!]