コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ソルト(2010/米)
- 更新順 (1/1) -

★3アクション、アクション、アクション、逆転、逆転、また逆転が最後まで続くエンターテイメント。よく出来た脚本を100分でまとめ上げた手腕はなかなかのもの。しかし、いずれも新味がないのが残念です。 (KEI)[投票]
★2こらまたアナクロな設定と話運び…主人公を女性にしたから目新しいってもんでもないでしょうに。 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★3前半、ソルトがCIAの追っ手をかわしながら逃亡する展開は『追跡者』のような緊迫感と迫力があり悪くない。 [review] (わっこ)[投票]
★2コンセプトだけが先行し役者の(身体)能力が追いついていない作品はアイドル映画の域を出ず、ファンではない者からすれば白けるだけ。 [review] (Lostie)[投票(2)]
★4完全なるアンジー祭り。あまりのダイハードっぷりに(違う映画だけど)、すごすぎて☆4あげちゃう。 (あちこ)[投票(1)]
★4振り返ってみるとプロットに穴が多く、設定に無理がある。しかし冒頭の尋問シーンの切り口から一気呵成に観客を巻き込み、プロットの穴を考えさせるヒマもなくテンポのよい展開で最後まで見せる。 (すやすや)[投票]
★4アンジェリーナ・ジョリーが「あずみ」に見えた。 (とっつぁん)[投票]
★3パート2への予告。期待はさせる。 (二液混合)[投票]
★5人狩りのターゲットであると同時に人狩りを遂行するハンターの行動が、余計な説明いっさいなく簡潔に描かれていく。フリッツ・ラング直系の作劇センスに、短いショットをどんどん切り重ねて行く昨今のハリウッド・スタイルが見事に化合したアクション傑作。 (ジェリー)[投票(3)]
★4「マイ・ハート、マイ・ラブ 」「ボーン・コレクター」「サイバーネット」あたりでA・ジョリーに猛烈に惹かれたのがもう10年以上前。最近はビッグになりすぎてほとんど意識していなかったが、これを観てやはり現代最高の女優だと確信した。 (ドド)[投票]
★2これはないな。(2011/02/02) [review] (chokobo)[投票(1)]
★3ダイ・ハード』越えを予感させた序盤が,結局『ランボー』並みに収まってしまう。あとはセガール映画になるしかない故,続編は厳しいですな。 (もーちゃん)[投票(2)]
★3意外性ありきで話が進んでいる気がするのは、物語が強引過ぎるからだろう。いちいち派手な展開を用意しているので、観ていて楽しいことは確かなのだが、つまりは仕掛けが主役でアンジーを配役している意味がイマイチ弱い。とはいえ、この作品のラストシーンは無理矢理決着させるよりもいい感じ。 (tkcrows)[投票(1)]
★5アンジー、そこまでやるかって感じのアクションがてんこ盛り。ストーリーも二転三転して大満足。ハラハラが最後まで持続した。別バージョンのエンディングから本編に変更したということは、続編の可能性を持たせた? [review] (IN4MATION)[投票]
★4アンジェリーナ・ジョリー版「ダイハード」! ますます美しくなっていくアンジー。 [review] (代参の男)[投票]
★3まさに男装の麗人!アンジー宝塚でお待ちしております。 (ドデカプリオ)[投票]
★3迫力はあったし、話も捻りに捻られているのだが、そのわりに意外性がない。 [review] (G31)[投票]
★4アンジー見事! 日本の女優で誰かこれが出来るか考えるとよく解る。しかし… ☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★2脚本はご都合主義なところがありながらもアクションものとしては手堅い作りだが、ソルトの性格付けが弱かった。もっと性格付けが強かったら良作になったはず。アクションシーンも「なぜこの角度から撮った?間抜けに見えるよ…」ってシーンがちらほら。 (agulii)[投票]
★3彼女は何者なのか [review] (Sputnik0827)[投票]
★4「アンジーの、アンジーによる、アンジーのための」的な映画だが、深く考えず、楽しんだ者勝ち!かな。 [review] (プロキオン14)[投票]
★3アンジェリーナ・ジョリーに対して、誰がそこまで肩入れして見るだろうかという思いがちらつきながら、ひとまずの着地を見せたSO-SOスパイアクション。 [review] (junojuna)[投票(2)]
★3優秀なヒマつぶし映画。愛情をもって3点をつけたい。 (炭酸飲料)[投票]
★3ロシア側と戦う動機がわかりにくい [review] (samurai)[投票(2)]
★3この脚本は30年前にはもう出来てたんじゃないか? [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3多くの決定的な選択を強いられる主人公の葛藤が全く描かれないので、肩入れできずにスカされる。人生を賭した全てをうっちゃるような「愛」があるなら通り一遍の描写でスルーしてほしくない。アンジーの演技は深みを増したが体には脂肪も増したね。 (けにろん)[投票(4)]
★5冷戦終結後の世界でも、米ロの緊迫関係が描けるんだなと妙に感心した。彼女が何故その時点でその行動を取るのか(あるいは取ろうと発想しえたのか)がよくわからないところもあるし、「んな、アホな!」のアクション連発ではあるが、豪華に楽しめる作品だと思う。ちょっと人死にすぎ? (サイモン64)[投票(1)]
★4アンジェリーナ・ジョリーは憑かれたような表情で、連打される運動のためのアイディアと一体化し、一瞬たりとも留まることなく映画内時間を駆け抜ける。物語ではなく肉体が生む高揚は、あのバスター・キートンが撒き散らしていた原初的映画の快楽と同質のもの。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4もう、一人の女優の魅力だけで映画は成り立つんだっていう証明。それくらいアンジェリーナ・ジョリーが素敵すぎる。とはいえ、脚本もそこまで悪いとは思わないです。 [review] (ツベルクリン)[投票]
★4脚本はウンコレベルだがアクション演出は確かに良い。アンジーのコスプレが割と楽しめたので☆4。 (赤い戦車)[投票]
★4ご都合主義満載なんだけど、本当はそういうのむかつくはずなんだけど、でもこの映画は楽しめました。なぜだろう? (K-Flex)[投票(1)]
★3話が馬鹿過ぎて白けるが、暑さ凌ぎの時間つぶしとしての価値はある。頭をカラッポにして観れば我慢できるでしょう。 [review] (Lacan,J)[投票(1)]
★4これ楽しい。楽しいよ、これ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3アンジェリーナ・ジョリーに萌え要素がない。脚本演出の凡庸さが早々と露呈するので、無駄な期待を持たずに最後まで付き合うことができたものの、後半のつまらなさにはやはり文句のひとつも言いたくなる。 [review] (shiono)[投票(5)]
★3知的キャラクター感不足。72/100 (たろ)[投票]
★4もう屁理屈は要りません。ノンストップのアクションが楽しめただけで満足です。続編が楽しみ。 (青山実花)[投票]
★4ソルトはなぜ戦うのか。その辺が微妙だけど、アクションが気持ちいいから★★★★で。 (stimpy)[投票]
★4こういうアクションはスピードと派手さとあっと驚く展開がキー。その意味ではこの映画はそれだけで娯楽作品としては1級品だろうと思う。 [review] (セント)[投票(1)]
★4荒唐無稽ではあるが、話だけはでっかく膨らませている。この頃は陰謀の世界も局地的になってきただけに、全面核戦争とか悪の組織による世界支配とか聞いているだけで、懐かしくてなんだか新鮮。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★5お話の破綻さえ容認できれば、A・ジョリーの七変化ノンストップアクションとしては十分に機能しています。ミーハー映画ファンの心を鷲掴みにするには、正しいサマーシーズン映画の作り方と言えるでしょう。 (takamari)[投票]
★5アンジェリーナ・ジョリーの超人オリンピック。アクションシーンの手ブレ撮影に「ロバート・エルスウィットにこんなことやらせるなよ」と拒否反応が出かかるが、よく見ればどのカットもとても丹念に撮られている。相変わらず性的すぎるジョリーさんの無心理アクション釣瓶打ちを存分に堪能する。 [review] (3819695)[投票(6)]