コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ピアニスト(2001/仏=オーストリア)
- 更新順 (1/2) -

★4抑圧されたというか、自らを抑圧してきた40女の欲望はへそ曲がりなのである。能面のようなユペールがそのおぞましさを増幅して、コミュ障の思い込みを絞りだすのだ。強くて弱い一人の人間として、最後は生き返る。 (jollyjoker)[投票(1)]
★4おばさんが変態だっていいじゃないか!(でも覗きはイクナイ) (あんきも)[投票]
★5同じ女性として、こういう性的屈折は、全くリアリティなし。 [review] (worianne)[投票]
★4ワルターの笑顔にわたしも凍りついた。 [review] (セネダ)[投票]
★5じっとりと湿った冷ややかさが画面に漲る。シューベルトのように極端から極端に走ることしかできない女が、密室の中で男と無器用にもゼロから性愛の規則を作り出して行く生々しい過程の描写がすばらしい。世俗的希望を捨てた無償の感情を捨て身で表現したイザベル・ユペールに脱帽した。 [review] (ジェリー)[投票(1)]
★5企画モノAVでも芸術でもないギリギリのラインを駆け抜けた超娯楽作。「クソババア!」から始まる面白さ。エレベーターでのファースト・コンタクトを始めとしたアクション演出の面白さ。身長差を無視してなんとか「見下そう」とするユペールの面白さ。 [review] (Lostie)[投票(2)]
★4ものの見事にラストシーン迄お預け状態が続く究極の寸止め映画だね。モヤモヤとしたわだかまりが一向に消えない状況ながら、話の展開は至ってサスペンスフル。男でアレは五万といるが、程度の差こそあれ女も少なくないだろう。男はフーゾクで試せるから、そういう意味で女は可哀想だ。でもベールを脱いだ主人公の戸惑いには不思議と共感した。 [review] (クワドラAS)[投票]
★4この作品を見て、主人公の女性の姿を他人事だと思える30代以上の方は幸せな人だと思います。逆に、まるで自分を見ているように感じた人は・・・・・ (TM(H19.1加入))[投票]
★5人は誰でもピアニスト。 [review] (たわば)[投票(3)]
★5妄想の肥大。何度も観たい映画ではないけれど、一度は観ておきたい。 (夢ギドラ)[投票]
★4中村うさぎ症候群 [review] (ボイス母)[投票(3)]
★4ノーマルにもアブノーマルにもなりきれなかった女の不幸な物語 [review] (TOMIMORI)[投票(3)]
★4観客に痛みを強いる作品だ。アブノーマルさに気分が悪くなると同時に、sympathyを抱かずにはいられない。 [review] (ころ阿弥)[投票]
★4ワルターは、もっとエリカに対して上位にあるかのように登場して、しかし、ただ振り回されるのだが、エリカで示されるそのキャラクターの説得力に比べて、ただただエリカに引き込まれているということ以上に伝わってこないワルターのその存在が、結局エリカを軽くしてしまっているような (SUM)[投票]
★3エリカはどこへ歩いていったのかなあ。 [review] (きわ)[投票]
★1最後はどういうことなの? 誰か説明して〜!! (ぱちーの)[投票]
★4「なぜ、あやまるの?」彼女には本当にわからない。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★3たすけて…ラストがわたしのあたまからはなれない。 (never been better)[投票]
★5御年60歳。『ミヒャエル・ハネケ』のすごさ。参りました。スゴイ! [review] (chokobo)[投票(1)]
★4見ている間、トニー・リチャードソンの「マドモアゼル」の現代版かなと思っていた。ユペールとJ・モローって似ている。ユペール、意識していたと思う。女の性っていうか、どぎついところまでえぐり出すシーンはベルイマンの影響も。 [review] (セント)[投票]
★3俳優の魅力はすごくある。独特の雰囲気があっていい。トイレのシーンでワルターが奇怪な行動を繰り返す意味不明なシーンがなければなぁ・・・。惜しい。 (Muff)[投票(1)]
★4最後の最後まで監督はエリカに冷たい。 [review] (ゆーこ and One thing)[投票(3)]
★3どっきり○報告。 [review] (HAL9000)[投票]
★5真実の映画である。確かめたい人は上野の和製コンセルバトワーに観察しに行けばいい。 [review] (ゴルゴ十三)[投票(1)]
★2思っていたよりも、主人公は深いところにいた。これは引き上げるのが難しい。 (ぴよっちょ)[投票(2)]
★3ソドムの市』は全てを見せつけたため嫌悪感が生まれたが、「ピアニスト」は観客の想像を促す嫌いがあるので(彼女の頭の中は映像に表れた以上にもっと過激なことが渦巻いているのだと思う)、ひどく不快感が残った。良く出来てるとは思うけど。 (24)[投票]
★3邪な期待をしたのが間違いでした・・・。 [review] (RED DANCER)[投票(3)]
★4音楽と映像だけの映画ではなかった。鍵盤の上でもつれ合う愛憎のドラマがシューベルトの音楽と響き合っているのかな?けっしてブラームスではなく。 (かふ)[投票]
★5掴めない実感についての魅力的な物語がまた一つ。 (luckyme)[投票]
★5音楽のないエンドロール。音楽が存在しない分、頭の中を色々な想いがかけめぐり混乱させられる。言葉が出ない。打ちひしがれた。そして、恋愛経験の乏しい俺は「人を愛する」ことに恐怖すら感じてしまった。 [review] (JKF)[投票(2)]
★42時間と少し。ユベールの表情の中に一瞬でも晴れ間を観たくて。母の呪縛による禁欲の軋轢。たぶん彼女は頭の中でどんどん性のストーリーを作っていったのだろう。理性と感情と表情が直結できない人間の悲劇。観る人を選ぶストーリーはともかく、こんな繊細な演技ができる女優は稀。 (tkcrows)[投票(2)]
★4変態を毛嫌いする常識人を鼻で笑ってた自分でもついていけなかった悔しさ。 [review] (ざいあす)[投票(3)]
★5全編をとおして体温が感じられない映像に最後には寒気がした。 (terracotta)[投票(1)]
★4自己崩壊(2003/02) [review] (秦野さくら)[投票(1)]
★3映画観ていて、吐きそうになっったのはこれだけ。 (モン)[投票]
★5物語の構造はきわめて典型的。自らの人生を見つめたくない母親のせいで、自分も他者も愛せないままの主人公が、他者に触れる可能性に出会って起こる事々。こういう人はフランスにも日本にも沢山いるでしょう。でも、こんなにクリアに正面から心理的な解釈を省いて映像で描かれたのは初めてかも。文学の素材に、映像がはじめて焦点を合わせた瞬間? (エピキュリアン)[投票(1)]
★4徹底した冷たい描写がすごい。きっつい。演技がものすごい…。ラストのあの顔・・・ [review] (埴猪口)[投票(1)]
★5ある結び方から別の結び方に変えてもあるのは「結び方の違い」だけ、そしてそんなことはわかりきっているから気づいても涙は流れないが、涙は流れない、ということに涙する映画。 [review] (蒼井ゆう21)[投票(1)]
★2ありがちな作品だと思うのだけれど? (tomomi)[投票]
★2観た後とても不快な気分が残りました‥‥‥‥。いろいろ考えさせられるが、素直に観たくなかった映画でした。 (stimpy)[投票(2)]
★3sexは自己愛にあらず [review] (Linus)[投票(11)]
★5自分に厳しい人間は、他人に優しさを与えることで拠り所を得たりするが、自分にも他人にも厳しい人間はどこにそれを求めればいいのだろう。登場人物の誰にも感情移入を許さないハネケの冷徹な視点が冴えてる。 (リーダー)[投票(2)]
★5「年上のひと」を食い尽くすブノワ・マジメル。 (MM)[投票]
★4「理解できない嫌な人間」が、「よく見知った可愛い人」になっていく・・ (ヤッチ)[投票(1)]
★3グロテスクで歪んだ愛が、シンメトリックで美しい風景の上に屹立する。嫌悪感をそそられるほどに強烈なエロス。 [review] (カフカのすあま)[投票(1)]
★3人なんて(洋服という名の)皮を剥げばみな同じというか。醜くてあたりまえ。なんのかんのと隠された性癖なんてものを持ってる人は無尽蔵にいるわけで。つまり、個人的な感覚としては、彼女は別に異常でもなんでもなく。そして、それゆえに、そこまでの衝撃もなく。 [review] (tredair)[投票(1)]
★5無駄のない映画。二度見て評価を上げた。ピアニストにも人間にもなれなかった『A.I.』の如き存在が愛(あるいは心)の獲得に至る葛藤。 (天河屋)[投票]
★4美しいクラシック音楽の中、物語は進んでいく。それなのに見終わった後、私の頭に流れてくるのは、奥村チヨの「恋の奴隷」だったりする。 [review] (半熟たまこ)[投票(2)]
★3どうしても、どうしても、「彼女」の気持ちがわかりませ〜ん。 (nomade)[投票(1)]
★5母親の存在と束縛は今となっては、他人とのかかわりを避けるための口実とさえなっているかのようだった。 [review] (kazby)[投票(8)]