コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] キル・ビル(2003/米=日)
- 更新順 (1/4) -

★5突き抜けたバイオレンス・ファンタジーによるリアリズム批評の中に、強靭な芯が一本。深作も香港もアニメもマカロニも、全ては「情念」のために。なんか過激なギミック雑多にかき集めれば誰か喜んでくれるんじゃね?という浅薄さから程遠い、真摯な映画。求心力としての「情念」そのもの、ユマの澄んだ瞳に射抜かれる。こんなカッコいい映画だったのかと。 [review] (DSCH)[投票(4)]
★4タランティーノの希代のアマルガム作家としての一面が全開。面白ければ何でもええんや!とでも言いたげな姿勢は深作より香港の連中に近いのだが、彼が脳内で作り上げた「ニッポン」をきちんと映像に具現化できてるのだから、これはこれでよい。 [review] (赤い戦車)[投票]
★3膨大なB級C級作品のサンプリングで構成されたキメの細かい低俗映画。過剰な殺人エンタテイメント。品性を求める作品では無い。ただ、監督は無邪気なんだなというのはわかる。憎めない幼稚さがある。あどけなさが無ければ見てられないが。 (Ryu-Zen)[投票]
★4ダリル・ハンナの口笛に涙を流す作品。 [review] (neo_logic)[投票]
★4クエンティン・タランティーノの日本映画(特に昭和の任侠・アクション映画)への愛が満ち溢れている本当に観ていて楽しい作品でした。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(2)]
★3娯楽映画とはこうも飽きっぽいものなのか (ガンジー)[投票]
★1欧米の「日本オタク」が日本をどう見ているかが分かる作品。日本をオタク視点で見ていない私には、駄菓子のフルコースを食った後の気分。 (これで最後)[投票(1)]
★4衝撃的な殺陣シーン、ハラハラし通しでした。でも、何で今の時代に日本刀?りかちゅの友達に組長の娘が居て、ピストル見せてもらった事が有ります。業界では「道具」って言うそうです。 [review] (りかちゅ)[投票(3)]
★1アンチがルサンチマンになった凡例。 (たかひこ)[投票]
★1冒頭30分が最低。全編を通して面白いとは思うけど、過度の暴力や陵辱は大嫌いだ。 (サイモン64)[投票]
★4タランティーノほど一作ごとに着実に成長している監督も珍しい。フレーミングの適切さなんか初期とは比べ物にならない。 [review] (3819695)[投票(7)]
★2変な日本の解釈のせいで、情緒も爽快感もリアリティも吹っ飛んでしまった。"アメコミ"としてアニメで観るなら面白いのかも。 (irodori)[投票]
★2素直にエンターテイメントとして観たかったけど、どうしてもザ・ブライドやオーレン・イシイの日本語で白けてしまう…。 なんかコントを観ているような錯覚に陥ってしまった。 (ベルガル)[投票]
★2オー、ジャパニーズ・リスペクト。ドアホぶりを米国人が真っ正直に描ききったことに意義がある。ほか→ [review] (氷野晴郎)[投票(1)]
★3頭の悪い中学生の描いたマンガのよう。これ見よがしの白痴的展開はイモなハリウッド大作への揶揄。B級ディレッタント趣味。耽美派ならぬ耽B派。幼稚だなあと思いつつ、結構楽しんだ。 ()[投票(3)]
★4ファンキーだかファッキンだが解からんテンション。やりたい放題にも程がある。 (X68turbo)[投票]
★2北野武座頭市』みたいでした。 (カレルレン)[投票(1)]
★5僕はこの映画を語る言葉を持っていない。でも、インチキくさいものを集めてできあがったものは紛れもないホンモノと感じた。 (TM)[投票(2)]
★1タランティーノ監督作品について。 [review] (Lostie)[投票(1)]
★5人生初のタランティーノ体験。 [review] (うさぎジャンプ)[投票]
★4オーレン・イシイは日本育ちなんだから、日本人女優にやってもらいたかったが、適役が思い浮かばない。 [review] (CROZY)[投票(2)]
★5パクリだ?アイデンティティない? [review] (うちわ)[投票(1)]
★4マカロニ、東映任侠路線、東映ピンキーバイオレンス、ショウブラ、ブルース・リー。しかし大事なのはそんなことではない。フルフェースのメットに、『処刑ライダー』を見出すか、それとも『狂い咲きサンダーロード』なのかってことだ。 (ハム)[投票(1)]
★3仇討ちという名のファンタジーに格好良さこそ感じるも、ザ・ブライドやオーレン・イシイの遺恨や怨念すらもファンタジーの一環でしかないのはどういうことだ。そこにタランティーノの甘さを感じる。 [review] (荒馬大介)[投票(1)]
★4全編勘違いを装い、わざわざ間違ったニッポンを現出させて見せた監督の心意気やよし!あなたのそのひねくれた脳内フィルター、素敵です。機内に刀も素敵です。 (ゼロゼロUFO)[投票(2)]
★4間違った見方だと思いますが、変な日本語に爆笑しぱなっしでした。 (Cadetsファン改めジンガリーLove)[投票]
★4進行上には無駄だらけに見えるが、そういう部分に全力を注いだ映画こそ贅沢で面白い。スタッフ皆に監督の想いが伝わっているのが分かる充実の完成度。しかしやや詰めすぎな感は否めず、出し惜しみする位が丁度良かったという気はする。 (ドド)[投票]
★2ここに大和魂はないことだけは確信できる。 [review] (jun5kano)[投票(2)]
★3ルーシー・リューの女優魂に感心。 (ころ阿弥)[投票]
★4オタクじゃないから何がオマージュなんだかわかんない。しかし!訳わかんなくても最高だよ!最高にスタイリッシュで映像、音、テンポにもハマれる。外人の捉える武士道に納得できるなんてそうそう無いよ。でも日本文化の捉え方は確実に間違ってる。詰めの甘さが笑いに転化して更によし。 (みうみう)[投票]
★5一番クールだった場面は [review] (Sungoo)[投票]
★1オマージュだって?こんな映画は糞食らえ。痛みのわからないサイコ野郎が作った唾棄すべき映画。これを見たのが沖縄だったからか、英霊たちが俺に言わせる。ガイジンさんよお、日本は殺人ゲームの遊び場じゃねえ。 [review] (ロープブレーク)[投票(5)]
★5これは日本映画でも、日本向け映画でもない。現実との誤差をあれこれ言うのは野暮ってもの。“ハリウッドチャンバラ、バンザイ!!!”と、いきましょうぜ。 (shu-z)[投票(2)]
★1やり放題でも質のいいB級映画と質の悪いB級映画がある。これは後者にしか思えなかった。 (みか)[投票]
★3何年も日本に住んでるけど、SMマスクしたヤクザなんて見たこと無いぞ。 (白羽の矢)[投票]
★4昏睡状態の4年間、彼女が病院で受けた陵辱が頭から離れず、頑張れブライド!モードで観賞。ピーの部分は何て言ってんの?気になる。キーンって日本刀が震えてる音がかっこ良い。拳で震える刀身を止めるガシってのもかっこよい。 (IN4MATION)[投票]
★4映像自体が語る力を信じている点で、むしろ黒沢の正統。深作エンターテイメントへのオマージュが、本家以上の「映画力」を持つ。でもいつの日か、タランティーノがパルプフィクション以上の「まとも」な映画を撮ってくれる事も願ってしまった。 (Carol Anne)[投票]
★1血が飛び散り腕が吹っ飛び、首が落ちる。うう、ぎもぢわるくなってしまった。海外の人これ見て日本ってこんな場所なんだとか思ってないか心配。刀もってバイクのっているヤクザとかいないからね。 (チャオチャオ)[投票]
★4「Bang,bang」で始まって「恨み節」で終わるなんて・・・やられました。 (minus-zero)[投票(1)]
★4レヴィロスの「Yeah Yeah」をBGMにした殺し合いのシーンが圧巻。リズム感が究極的に素晴らしい映画。 (バーボンボンバー)[投票]
★4ギャバン隊長まだ坊主?(04.12.10) (ババロアミルク)[投票(1)]
★4夜中に友達ん家のちっちゃいテレビで観たら、すんごい雰囲気が出たよ! [review] (きわ)[投票(4)]
★3最近邦画も面白いなぁ・・・と思ったらタランティーノだったの??みたいな。 (poNchi)[投票]
★4映画オタクなタランティーノの「これでどうよ?」って下卑たニヤケ面で得意満面な顔がスクリーンの向こうに見えるようです。「おらぁ芸術性なんかこれっぽっちも考えてねぇぜ!」と言いきれるような超弩級なB級っぷりも見事です。流血バンバンで女子供に媚びてないところも潔し!でも、アホさ加減で続編の方が好きなので4点です。 (tora-cat)[投票]
★1あまりよく覚えていないが、殺陣で魅せたかったんだなぁと。刀の使い方じゃないとか、細かいこと抜きでも特に感慨は無し。 (tora)[投票(1)]
★2冒頭部分は良い。だけど中途半端な日本語&飛びすぎる血のせいで後は台無し。 (紅麗)[投票]
★2タランティーノの映画は好きだけど、これは嫌い。スプラッターだよ。血が噴出して、ぴくぴく痙攣して。ストーリーも大して無いし。あまりの残虐さに途中15分ほど劇場出ていたので、 [review] (リア)[投票(3)]
★4お話は面白いし、敢えてB級として作られているが、日本人の配役がこれほどマッチしている外国映画は恐らくはじめて。素晴らしい作品でした。 [review] (chokobo)[投票(2)]
★3血の使い方が下品すぎます。 ()[投票]
★2女版・ベルセルク。 (アリ探し)[投票]