コメンテータ
ランキング
HELP

死ぬまでシネマさんの人気コメント: 更新順(1/54)

人気コメント投票者
★3パブリック 図書館の奇跡(2018/米)社会はどのように改善されてきたのか。☆3.6点。 [review]ペンクロフ[投票(1)]
★3蜜蜂と遠雷(2019/日)早くも自らの才能が大きな壁となった松岡茉優。☆3.7点。 [review]動物園のクマ, さず, けにろん[投票(3)]
★3プレッジ(2001/米)ジャック=ニコルソンだと狂ってて当たり前になってしまうのが悲しい。もう少し主人公の誠実さや徹底振りを出しても良かったのではないか。☆3.7点。 [review]disjunctive[投票(1)]
★3スリーデイズ(2010/米)緊張感と重圧感、完成度は素晴らしい。であるのに拭えない拒絶感。☆3.8点。 [review]IN4MATION, maoP, おーい粗茶, けにろん[投票(4)]
★4フィラデルフィア(1993/米) 裁判の焦点は飽くまで不当労働行為。しかしどうしてもそれ以外の事を考えてしまう人間の心をこの映画は告訴する。4.5点。 [review]IN4MATION, モモ★ラッチ, kazby, けにろんほか5 名[投票(5)]
★3見えない目撃者(2019/日)中国版リメイク(『見えない目撃者('15)』)をオリジナル('11/韓)と勘違いして先に鑑賞。オリジナルの事は知らないが、中国版と較べると良い所・悪い所あり、僅差で勝利!☆3.7点。 [review]おーい粗茶[投票(1)]
★4戦争と人間 第3部・完結編(1973/日)兎に角完結篇だからと遮二無二物語を進めるが、日中戦争と同様、なかなかケリはつけられないのであった。 [review]寒山拾得, ぽんしゅう[投票(2)]
★3西の魔女が死んだ(2008/日)状況設定や役者の雰囲気は申し分無いが、ちょっと台詞をキッチリ発語し過ぎなのと(脚本を読んでいるよう)、ロケシーンでもう少し空が観られたら佳かった。 [review]水那岐, 立秋[投票(2)]
★3愛を読むひと(2008/米=独)2つの謎。☆3.6点。 [review]24, ふっちゃん, IN4MATION, ぽんしゅうほか5 名[投票(5)]
★3新聞記者(2019/日)内閣情報操作室。☆3.7点。[Reviewでは情報と日本という点で妄想をアレコレ] [review]IN4MATION, おーい粗茶, クワドラAS, jollyjoker[投票(4)]
★3イップ・マン 継承(2015/中国=香港)第1作の敵は日本軍、続編では香港を統治する英国、となれば第3作の敵は… ☆3.4点。 [review]ロープブレーク[投票(1)]
★4シンクロナイズドモンスター(2016/カナダ=米=スペイン=韓国)ダメ女がシンクロ怪獣絡みに元気を取り戻す映画、とは解って観に行ったが、思った以上にヘビーで蒲団に寝ゲロしそうになった。☆3.9点。 [review]ロープブレーク, ペンクロフ, 月魚[投票(3)]
★3しびれくらげ(1970/日)ただの美人局のタタキ(脅迫)を映画にするとは…。「トコトン最低な親父+目が尋常でない渥美マリ」ですっかりおかしな映画になっている。good。寒山拾得[投票(1)]
★3スキャナーズ(1981/カナダ)「北斗の拳」の頃にはぼくらはもう慣れていた。寒山拾得[投票(1)]
★3翔んだカップル(1980/日)長回しが好みかどうか云々よりも、やっぱりもっと上手く撮れた気がするが…。3.1点。 [review]クワドラAS[投票(1)]
★3ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)政府の最高機密文書を<不幸にも>入手してしまった社主(ストリープ)の懊悩を描く様は、ハッキリ言って鷹揚で退屈だ。しかし実話である事の峻厳さが、我々の周りで起きている峻厳な実態を浮かび上がらせる。☆3.7点。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★2少林少女(2008/日)観れば分かる。ヒドい。★1.9点。 [review]さず[投票(1)]
★3ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003/米)あり得なさそうにみえる人道主義から始まっているが、人間である限り人間であることに気付く事は起こりえる。3.7点。 [review]KEI, プロキオン14[投票(2)]
★3たかが世界の終わり(2016/カナダ=仏)「たかが世界の終わり」そして下の句は…、☆3.7点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3ゼロ・ダーク・サーティ(2012/米)米軍の拷問風景が中途半端なのが気になる。現実を淡々と描くなら、米国の観客が映画館で吐くくらいやらなければ嘘だ。何かが気になる。☆3.8点。 [review]ゑぎ, KEI, ぽんしゅう, シーチキンほか5 名[投票(5)]