コメンテータ
ランキング
HELP

死ぬまでシネマさんの人気コメント: 更新順(1/51)

人気コメント投票者
★4大統領の陰謀(1976/米)一時の激情でなく,地道に正義感を抱き続けること。しかしそれでも時に誘惑があり,時に脅迫があり,そして疲労が蝕む。やはり全てのジャーナリストを目指す人たちへ。4.5点。 [review]jollyjoker, 甘崎庵, terracotta[投票(3)]
★3僕はイエス様が嫌い(2019/日)中学生のプロ将棋棋士や10歳の女流プロ囲碁棋士がいる現代で、こんな事を言う必要もないのかも知れないが、これが大学生監督の作品である事に驚かざるを得ない。雪景色が人間の心を浄化してゆく。☆3.8点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3カリスマ(1999/日)雰囲気は良く出来てるし,こういう映画がどんどん出るレベルになって欲しいと思うけど,結局残るものがないのは,監督が「作品」を生み出すことしか考えてないからじゃないかな。けにろん[投票(1)]
★5孤高のメス(2010/日)それぞれが自分の出来る事を、出来る限り果たす、という事を示した。☆4.8点。 [review]たろ, Osuone.B.Gloss, tkcrows, けにろん[投票(4)]
★3新聞記者(2019/日)内閣情報操作室。☆3.7点。[Reviewでは情報と日本という点で妄想をアレコレ] [review]jollyjoker[投票(1)]
★3スノー・ロワイヤル(2019/米)珍しく配給会社のコピーがふるっている。☆3.5点。 [review]プロキオン14[投票(1)]
★3ウォーターボーイズ(2001/日)もっと行っていいところまで行くべきだった。最後はみんな頑張っただけに2.9点。けにろん, ぽんしゅう[投票(2)]
★3ザ・ファブル(2019/日)岡田准一を一人前の役者として扱うのはやめた方がいいと思う。ましてやギャグも出来るとか絶対に思わないで欲しい。アクションは凄いと思うが、本作では魅せ方が良くなかった。木村山本の両美女も、あんなものかと思う。☆3.2点。けにろん[投票(1)]
★4ふたり(1991/日)兎に角おっとりとした石田ひかりが素晴らしい。否々、中嶋朋子も最高傑作と言える素晴らしさだ。何気に友人役の柴山智加が後半驚くべき魅力を見せ、そんな訳はない尾美としのりも今回は嫌味が少ない。☆4.6点。 [review]水那岐[投票(1)]
★5プライベート・ライアン(1998/米)これはスピルバーグが狂って巨額を投じたおかしな映画か。 [review]週一本, ぽんしゅう, 3819695, けにろんほか10 名[投票(10)]
★3東京島(2010/日)ご存知かも知れませんが、この話は実話が基になっています。★2.9点。 [review]IN4MATION[投票(1)]
★3ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)結論を先に言えば、今回は「予告編が一番佳かった」映画の方になってしまった。☆3.6点。 [review]月魚, がちお, けにろん, 水那岐[投票(4)]
★3検察側の罪人(2018/日)脚本と演出のスピード感は楽しめたが、じっくり時間を掛けるべき数箇所を犠牲にした為、心に残る(響く)映画としての完成度を失った。☆3.7点。 [review]IN4MATION, ぽんしゅう, けにろん[投票(3)]
★3顔(1999/日)母の死と逃亡を契機に生き方はガラリと変わったけれど,意志の強さは生来のものか。情況が変わればひとも生き方を探す。理由はなくとも・・・。藤山直美好演。けにろん[投票(1)]
★4僕たちは希望という名の列車に乗った(2018/独)「沈黙する教室」から「飛ぶ教室」へ。Von "das Schweigende Klassenzimmer", zu "das fliegende Klassenzimmer"! ☆3.8点。 [review]KEI[投票(1)]
★5レヴェナント:蘇えりし者(2015/米)ジオ万博へようこそ。アメリカ合州国パビリオンでは、ワイドスクリーン一杯に広がるミズーリ河畔の大自然と、その中を生き抜く人間の姿を描いた、雄大な映像叙事詩をお送りします。上映作品『レヴェナント:厳寒の森を生き抜く』〔カラー作品/上映時間 157分〕 ☆4.8点。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★3愛がなんだ(2018/日)女優売り出しのためだけに存在する詰まらんお涙頂戴モノの恋愛映画よりかはいい。☆3.4点。 [review]水那岐[投票(1)]
★4震える舌(1980/日)ひとが何に恐怖するか。病気の恐怖。痛みの恐怖。死の恐怖。愛する我が子が苦しむのを見る恐怖。愛する我が子を苦しめる恐怖。我が子を愛せなくなる恐怖。我が子を失なう恐怖。穏やかだったものが、幸せだったものが、壊れてゆく恐怖…。☆3.9点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3ラウンド・ミッドナイト(1986/米=仏)現代の映画なら出てきそうな汚ない友情がない、佳い友情映画。☆3.7点。 [review]水那岐[投票(1)]
★3おとなのけんか(2011/仏=独=ポーランド)高みの見物で笑っていられない。面白かったけど面白くない。まぁ… 冷静な気分になれたよ。☆3.6点。 [review]けにろん[投票(1)]