コメンテータ
ランキング
HELP

死ぬまでシネマさんの人気コメント: 更新順(1/52)

人気コメント投票者
★3探偵ミタライの事件簿 星籠の海(2016/日)何ですかコレは。幾つもの謎が、交錯してもいないのに自分から大人しく収まって大団円。謎解きの体を成してない。主人公の探偵(玉木 宏)以外の人間が、皆ただのロールプレイヤーなのも最悪。いや、主人公すらそうか。★2.9点。ダリア[投票(1)]
★3ジョーカー(2019/米)笑いごっちゃないな。☆3.8点。がちお[投票(1)]
★4ハッピーフライト(2008/日)ホテルであったり病院であったり、「職場」を生き物の様に扱う群像劇は面白いが、その中でも傑作。何故かビリー=ワイルダーを彷彿とさせた。女優陣にも乾杯!☆3.9点。 [review]おーい粗茶[投票(1)]
★3桜田門外ノ変(2010/日)近代日本はどこから来たのか。出自を知るべし。知識として顛末を知り、そこに想いを馳せるべし。その上で真の民主日本、平和国家を作る事は出来るのか。… さてはて、見回して現状は目を覆うばかり。☆3.5点。セント[投票(1)]
★4桐島、部活やめるってよ(2012/日)桐島を巡る騒動の中で、そこから最も遠い所に居る神の子=神木君が躍動する。☆4.5点。 [review]ぽんしゅう, けにろん[投票(2)]
★4野性の証明(1978/日)総合的に考えて、エンターテイメント映画としては充分過ぎるパワーを持った作品。☆4.2点。 [review]けにろん, ぽんしゅう, Myrath[投票(3)]
★4The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)何とか緊張感を維持した88分間、見事。☆4.2点。 [review]アブサン, けにろん, プロキオン14[投票(3)]
★3ジョン・ウィック(2014/米=カナダ=中国)生きる目的を失った髭男が、難癖をつけたと難癖つけて生きるよすがとし、殺し回る映画。自暴自棄だが死なないから厄介。☆3.4点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3HK 変態仮面(2013/日)肉体を鍛え上げる所や下着に執着する部分を徹底的に描けばより変態度が完成したのだが。矢張り、変態映画は観客やヒロインを置き去りにせねばならん。☆3.5点。 [review]けにろん, 水那岐[投票(2)]
★3蜜蜂と遠雷(2019/日)早くも自らの才能が大きな壁となった松岡茉優。☆3.7点。 [review]さず, けにろん[投票(2)]
★44分間のピアニスト(2006/独)ほとばしる情念の交錯、駆け引き。人生を賭けたギリギリの戦い。芸術が人生と一体化し、真の芸術となる。☆4.3点。jollyjoker[投票(1)]
★4かぞくのくに(2012/日)「かぞくのくに」の存在によって、知ってる癖に知らないフリをしている事に気づかされる。☆4点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3記憶にございません!(2019/日)折角の俳優陣をまたもドブに捨てる。いいから三谷幸喜は全力を出せ。この一作に全身全霊を込めろ!☆3.0点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019/米)評者の皆さんが褒めているまさにそれらの点でこの映画には☆4点以上をあげる気にはならなかった。☆3.5点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3特捜部Q Pからのメッセージ(2016/デンマーク)相変わらずハードボイルド出来ないカールおじさんであった。☆3.5点。(アサドがそうさせないのかも…) [review]jollyjoker[投票(1)]
★3天と地(1993/米)「ヴェトナム三部作はヴェトナム人の視点で締めくくる」って・・・。ちぇっ,コレかよ。けにろん[投票(1)]
★3X-MEN:ダーク・フェニックス(2019/米)観に行ったのはアメコミ映画の中でもX-メンが好きだから。評価pointは完成度と、『ファイナルディシジョン』('06年)との整合性。☆3.4点。 [review]カルヤ[投票(1)]
★3MW -ムウ-(2009/日)玉木 宏の「意外な」好演で、感想は「勿体ない」。☆3.2点。 [review]ダリア, Aさの, 水那岐[投票(3)]
★3野火(1959/日)仲代達矢が演ってもこうは出来なかったのではないか。そっくりに見えても船越英二だからこそ。[3回目再見 改訂] ☆3.7点。 [review]おーい粗茶[投票(1)]
★3ピエロがお前を嘲笑う(2014/独)来ると分かっている観客を騙すのは難易度が高い。まぁその点は評価せねばなるまい。☆3.6点。 [review]verbal[投票(1)]