コメンテータ
ランキング
HELP

死ぬまでシネマさんの人気コメント: 更新順(1/51)

人気コメント投票者
★3MW -ムウ-(2009/日)玉木 宏の「意外な」好演で、感想は「勿体ない」。☆3.2点。 [review]ダリア, Aさの, 水那岐[投票(3)]
★3野火(1959/日)仲代達矢が演ってもこうは出来なかったのではないか。そっくりに見えても船越英二だからこそ。[3回目再見 改訂] ☆3.7点。 [review]おーい粗茶[投票(1)]
★3ピエロがお前を嘲笑う(2014/独)来ると分かっている観客を騙すのは難易度が高い。まぁその点は評価せねばなるまい。☆3.6点。 [review]verbal[投票(1)]
★5夜と霧(1955/仏)生きていくしかないのだからどこかで肯定しなければならない。受容しなければならない。あなたは自分の何を肯定し、世界の何を受容するのか? ☆5点。 [review]KEI[投票(1)]
★3アルキメデスの大戦(2019/日)最後の説得の論理は、戦後尚巨大戦艦に魅了され翻弄された一国民として、予想外にも腹にこたえた。☆3.6点。 [review]水那岐, もがみがわ, けにろん[投票(3)]
★3野火(2015/日)深い緑と濃紺の闇は、死の涼しさを表現しても熱帯の蒸し暑さと渇きを表現出来てない様に思われた。☆3.6点。 [review]おーい粗茶, けにろん[投票(2)]
★4雲ながるる果てに(1953/日)特攻隊員を演じる役者達が佳く、等身大の隊員達を感じる事が出来た。予想を遙かに上回る佳作。 [review]寒山[投票(1)]
★3SF サムライ・フィクション(1998/日)緒川たまきを使ったことはこの白黒映画にとってはプラス。元々演技力の映画じゃないからね。ぼくはオジサンだよぉ。・・・ [review]けにろん[投票(1)]
★4僕たちは希望という名の列車に乗った(2018/独)「沈黙する教室」から「飛ぶ教室」へ。Von "das Schweigende Klassenzimmer", zu "das fliegende Klassenzimmer"! ☆3.8点。 [review]寒山, KEI[投票(2)]
★4大統領の陰謀(1976/米)一時の激情でなく,地道に正義感を抱き続けること。しかしそれでも時に誘惑があり,時に脅迫があり,そして疲労が蝕む。やはり全てのジャーナリストを目指す人たちへ。4.5点。 [review]jollyjoker, 甘崎庵, terracotta[投票(3)]
★3僕はイエス様が嫌い(2019/日)中学生のプロ将棋棋士や10歳の女流プロ囲碁棋士がいる現代で、こんな事を言う必要もないのかも知れないが、これが大学生監督の作品である事に驚かざるを得ない。雪景色が人間の心を浄化してゆく。☆3.8点。 [review]けにろん[投票(1)]
★3カリスマ(1999/日)雰囲気は良く出来てるし,こういう映画がどんどん出るレベルになって欲しいと思うけど,結局残るものがないのは,監督が「作品」を生み出すことしか考えてないからじゃないかな。けにろん[投票(1)]
★5孤高のメス(2010/日)それぞれが自分の出来る事を、出来る限り果たす、という事を示した。☆4.8点。 [review]たろ, Osuone.B.Gloss, tkcrows, けにろん[投票(4)]
★3新聞記者(2019/日)内閣情報操作室。☆3.7点。[Reviewでは情報と日本という点で妄想をアレコレ] [review]jollyjoker[投票(1)]
★3スノー・ロワイヤル(2019/米)珍しく配給会社のコピーがふるっている。☆3.5点。 [review]プロキオン14[投票(1)]
★3ウォーターボーイズ(2001/日)もっと行っていいところまで行くべきだった。最後はみんな頑張っただけに2.9点。けにろん, ぽんしゅう[投票(2)]
★3ザ・ファブル(2019/日)岡田准一を一人前の役者として扱うのはやめた方がいいと思う。ましてやギャグも出来るとか絶対に思わないで欲しい。アクションは凄いと思うが、本作では魅せ方が良くなかった。木村山本の両美女も、あんなものかと思う。☆3.2点。けにろん[投票(1)]
★4ふたり(1991/日)兎に角おっとりとした石田ひかりが素晴らしい。否々、中嶋朋子も最高傑作と言える素晴らしさだ。何気に友人役の柴山智加が後半驚くべき魅力を見せ、そんな訳はない尾美としのりも今回は嫌味が少ない。☆4.6点。 [review]水那岐[投票(1)]
★5プライベート・ライアン(1998/米)これはスピルバーグが狂って巨額を投じたおかしな映画か。 [review]週一本, ぽんしゅう, 3819695, けにろんほか10 名[投票(10)]
★3東京島(2010/日)ご存知かも知れませんが、この話は実話が基になっています。★2.9点。 [review]IN4MATION[投票(1)]