コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] フォーリング・ダウン(1993/米=仏)
- 更新順 (1/2) -

★4人間なら当然抱いてしかるべき衝動を解放してくれる夢のような映画。特にバットを振り回す前半は、精神と運動が同期しており爽快。 (ペンクロフ)[投票]
★4ヤケクソになったオヤジに『いいぞ、もっとやれ!』となる。エンターテイメントとして素直に面白い。84/100 (たろ)[投票]
★3身動きの取れない現実と社会への不満が爆発したマイケル・ダグラスが大暴れ。 確かに異常者だが彼の怒りは当時の人々の不満を代弁しており、個人的に共感する面も多かった。 [review] (パピヨン)[投票]
★3われわれ自身の中のD-フェンス。平均的市民としてのD-フェンス。彼を追う刑事とは、同じコインの表と裏のよう。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★5おもしろい映画を作ることにかけては人後に落ちないジョエル・シュマッカー監督の異色作。アメリカ白人男性の本音が垣間見える傑作である。 [review] (双葉三十郎)[投票]
★4TMさんのあらすじを読んで、確か始まりでの帰らなきゃという台詞のよるべない心象をふと垣間見たような気はするが、その情感と後のギャップの激しさはなんなのだろう。 (モノリス砥石)[投票]
★3これを観て“最初は面白かったのに、途中からイマイチになったじゃないかっ!!”と切れる人はいたかな? [review] (CRIMSON)[投票]
★4これだけハデに街を徘徊するただのおっさんに、なかなか辿り着けん警察ってのはどうだろう。 (d999)[投票]
★4マイケル・ダグラスって高血圧演技で、嫌いだったんだけど、この役柄には、それがぴったりはまっていて素晴らしかった。暴動を内側から描いたドラマとしても、ひとりのビジネスマンの転落を描いたドラマとしても、出色。エリック・ロメールの『獅子座』と異母兄弟のような映画だと思いました。 (エピキュリアン)[投票]
★4人間「落ちていく」原因は様々だ。人生、巧くいかない時が続く事もある。 ほんのちょっとのきっかけで坂道を転げ落ちる男のドラマをキチンと描いて絶妙。 ロバート・デュバル出色。マイケル・ダグラス好演。 [review] (トシ)[投票(2)]
★3はぐれ刑事純情派のアメリカ版か、とほのぼのしてしまいました最後(ちがうちがう)。刑事ものはどうして最後に総括っていうか総評タイムがあるんだろう。 (カフカのすあま)[投票]
★4いつのまにかダグラスを応援していた私。 (Curryrice)[投票]
★3きっと誰でも、あんな風になりたい欲望があるに違いない。 (ロボトミー)[投票]
★3ブチキレてたなぁ・・・以外に何も残らなかった。 (poNchi)[投票]
★4ブチキレ具合絶妙!傑作!! [review] (peaceful*evening)[投票(1)]
★3世の中の不条理にキレる、という着想自体はいいと思うし、共感もできる。でも詰めが甘い。もう少し繊細な人物描写がされていたら、傑作になっていた可能性もあったかも。 ()[投票]
★3マイケル・ダグラスも歩けば、マシンガンを拾う、ってか。Reviewは、この映画に見る国際経済学について。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★3炎天下の中働く父へ…大好きなアイスクリーム買って来てあげるから、キレないでね。 (mimiうさぎ)[投票]
★4これは悪くない。マイケル・ダグラスのキャラクター造型はよく判らんけど最後まで一貫性があるし、画面のルックも一貫性がある。スペクタクルでもある。 (ゑぎ)[投票(2)]
★3アメリカ社会の病理?否!ローカルな話ではない。都会のストレスに生きる者の全てが、同じように疲弊しながら忍んだデュバルと忍べなかったダグラスの境界線上にある。少なくとも、俺はあんな風になってしまう自分を想像したことがある。 (kiona)[投票(3)]
★4積もり積もった不満・苛立ちが煮えたぎり、後はきっかけを待つだけの男。邦題をつけるなら、ズバリ『ブチ切れ』で。 (AONI)[投票(1)]
★4マイペースな人がキレルとこんな感じなのでしょうか?ダグラスの見事なプッツン劇に唖然。しかし、この人は本当に演技が上手い!思考だけでなく心情までも切実に伝わってきます。でも映画の展開は、あのロケット砲から急変した気がする。 (かっきー)[投票(1)]
★3この程度でキレるんだったら、東京では車に乗れませんな。このオッサン。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3高校受験のとき「たまにはストレス発散したら?」と親に勧められ観た…。ストレス発散したのはあのおっさんだけだ。しかも受験生に「フォーリング・ダウン」て。 (LOPEZ que pasa?)[投票(2)]
★3いやあ〜爽快な映画でした。惜しむらくはあの行動に意味付けがなければもっと笑えたのに。 (kaki)[投票]
★4とにかくアツイ。 (けけけ亭)[投票]
★4「平凡な中年男が突然キレまくる」といった紹介がされてたので、コメディだと思ってみたら、シリアスな上にアメリカっぽい病理が満載! こういうストーリーが洒落にならない国、っていうのは、少なくとも平和じゃないよね、ごくごく控えめに言ってだけれど。 (かける)[投票(1)]
★4渋滞とか、自分にはどうしようもないことでブチ切れそうになることってありますよね。そんなとき、銃を持っていたら私もこうなりそうな気がします。 (clamabant)[投票]
★3¥65で買ったハンバーガー。写真と違うじゃねーかよ!本当に写真より分厚いの出てきたことないよなぁ。 (大魔人)[投票(2)]
★3誰でも考え付きそうな話だけど、だからこそ説得力がある。ほんと、気持ちわかるよ・・・。 (イリューダ)[投票]
★5唐突さが最高。本当は後で理由付けしないでほしかったけど、それだと映画にならないので仕方ないかと許容。 (mal)[投票(1)]
★3八つ当たりを正当化するのは子供みたい。「シリアルママ」のほうが面白いし、道徳的だと思います。ま、気持ちは分かりますが。 (KADAGIO)[投票]
★5やはり映画だからなのか、動機はどうあれマイケル・ダグラスにもっともっと暴れて欲しい、どんどんキレまくって欲しいと思った。あまり共感はしたくないけど...。第三者の立場で見物させてもらいます。病めるアメリカの姿を浮き彫りにせよ! (Ryu-Zen)[投票]
★4ビデオで見るのにちょうど良かったです。キレろ、もっとキレちゃえ! (ぱちーの)[投票(1)]
★2そう熱くなんなよオッさん。 (クワドラAS)[投票]
★3いいねえ〜!! きっと、こういう行動を取る人は、きっと毒電波を受信しているに違いない!! (ばるかん)[投票(2)]
★1オッサンが逆ギレしてるのか、真っ当な怒りなのか描写が中途半端に感じた。最近の「癒し」ブームは好かない。病んでることが当然という空気が嫌だ。オッサン、暑いのは皆同じだよ! (mize)[投票(1)]
★3みーんないかれてる。アメリカって病んでるなあ。 几帳面で短気な狂ったおじさんをマイケル・ダグラスが好演。 あのメガネと眉間のしわで主人公の性格を表現。さすが。 実際いるよ。ああいう人。 (unauna)[投票(1)]
★3イヤ、そりゃムカつくでしょう、暑かったり渋滞だったりしたら、全てをブチこわさなきゃ気がすまないってのも結構わかる。些細な事って実は最も本質に近いってコト。 (あき♪)[投票]
★3日本で銃がお店で買えたら、こんなお父さん続出すると見た。 [review] (BRAVO30000W!)[投票(2)]
★3「必殺・怠惰な日常連れ戻し人」・・・ロバート・生活感・デュバル。 [review] (ざいあす)[投票]
★3どうせ映画なんだから、もっととことんイッて欲しかった。 (shu-z)[投票(1)]
★4マイケル・ダグラスの狂いっぷりに共感。やばい? (宇宙人)[投票]
★3(『テルマ&ルイーズ』のコメントより続く…) で、男が「テルマ&ルイーズ」やっちゃうと、こんなに惨憺悲愴、ヒサンでトホホなことになるのであった。しかもベクトルは思いっきり逆方向、「帰」…物凄いアイロニー。 (muffler&silencer[消音装置])[投票(5)]
★4キレてないっすよ (TOMIMORI)[投票]
★3マ○クに行く度に思い出す。 ()[投票]
★4マイケル・ダグラスの怒れっぷりがいい!彼等(みんなの!?)の声が聞こえた。 (ByeByepoo)[投票]
★3脚本はいいと思った。腹立つこと多いもん。 (ヒロ天山)[投票]
★2うーん、面白くないだろう、これは。 (jun5kano)[投票]
★55点は高すぎる気もするけど主人公にけっこう共感してしまったので。終り方はやっぱあれ以外には難しいでしょう。 (noodles)[投票]