コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 容疑者Xの献身(2008/日)
- 更新順 (1/1) -

★4誰一人として幸せではないということ [review] (大魔人)[投票]
★3ミステリーではなくサスペンスを志向する西谷弘の選択は映画的に正しく、したたかだ。犯行がばれるかばれないかという緊張の維持。序盤での簡潔な人物描写も全く見事。しかし後半は物語の展開説明に舵を絡め取られたか。 (赤い戦車)[投票]
★4なるほど。原作は読んでいませんが、堤真一が不細工だったら、それは感動作になっていたことでしょう。 (りゅうじん)[投票]
★5原作を一気に読み、その後すぐに映画を鑑賞した。怒涛の一日だったが、至福の一日でもあった。あれだけ状況が開示されたなか、さらに捻りを加えた原作のうまさに唸ったが、映画はその良さを実にうまく再現した。福山雅治はかっこ良すぎるし、堤真一もまた迫真の演技だ。原作を読んだ分、彼の心情を初めから追って涙が溢れそうになった。両者の友情、対決、そして愛するということ。ずしんと心に突きつけられる作品だ。 (ことは)[投票]
★5「愛する人のためならば自分が犠牲になってもいい」という明確なテーマを据え、一人の人間の感情を見事に描ききった。この点は見事というしかない。 [review] (kazooJTR)[投票(1)]
★3面白かった、けどね。 [review] (solid63)[投票]
★5終盤よりも手紙で泣いた (にゃんこ)[投票(1)]
★4薄い壁から伝わってくる「愛」に恋した男のストーリー。 孤独の中で隣から聞こえてくる幸せな声に、嫉妬しますか? それとも、それに焦がれますか? そんな幸せな家庭に焦がれた男の哀しきストーリー。 [review] (うさこ)[投票(2)]
★3中盤過ぎまでは堂々の4点だったが、後半の佳境に入ってからはトーンダウン。落ちぶれた天才が狂気に駆られるという典型。トリックとしての面白さは十分だったが、社会的弱者を蔑ろにしといて「私は生きる希望をもらった」などと自己本位な方程式作りに勤しむ人種に共感は覚えない。堤真一のなりきり演技が見事だったとしても。 (クワドラAS)[投票(2)]
★3モテvs非モテドラマ。部屋の赤い14型TVでも劇場の大スクリーンでもたぶん同じ感想。 (ホッチkiss)[投票]
★5オチを綺麗に収拾していたのと堤真一の最後の壮絶演技に5点。 [review] (takasi)[投票(1)]
★3せつねぇー、石神は友達なんかいないといったが、彼に引導を渡す役目を遣り切った湯川も見事。一見才能の浪費に見えるかもしれないが石神はあれでよかったんだよなっ!? (Kafka)[投票]
★5出色の出来。よく練られた大トリック本格推理映画で、合格。そのトリックの「必然性」(=何故そうする必要があったか)に弱さはあるものの「美しく」っていいじゃあないか! [review] (KEI)[投票(1)]
★2画面運びの経済性がない。これだけの人物登場させなければならないのもTVシリーズ由来のせいだからだが、柴咲コウ含めて5人程削れば引き締まった映画になったかもしれない。カットでアクションを割ったとき人物の前後の体の形が違うというのもどうか。 (ジェリー)[投票]
★3最初は天才vs天才の推理合戦(学者合戦!?)かと思いきや中盤から路線が変わった。原作を調べると天才数学者の初恋物語だったのね。 [review] (HILO)[投票]
★4全くのエンタテーメント映画かも、と覚悟して見ましたが(中盤の中華料理屋で数式書きたくってグルグルとか)。いい意味で期待を裏切られた・・・ [review] (YO--CHAN)[投票(1)]
★4テレビドラマの映画版は大抵うんこちゃんなのだが、予想を裏切られた秀作。トリックも最後まで分からず。テレビ版では恒例だった、福山の数式を書いてなぞを解くシーンはさすがに盛り込めなかったんだねw (二液混合)[投票]
★3リアル美女と野獣。そういう意味ではいくら上手くても「堤」反対。こういうのこそ塚地(ドランクドラゴン)あたりにやってもらいたい。 (らーふる当番)[投票(2)]
★3「献身」てそういう意味だったのかぁ・・・ [review] (chokobo)[投票]
★4原作未読、ドラマ未見だが全く文句なし。堤の役柄は『やまとなでしこ』の欧介をもっと暗くした感じで、さほど役作りには苦労しなかったと思うが、それでもよくあそこまで徹底して作りこんだものだ。 [review] (TOMIMORI)[投票(1)]
★4賑やかな予告篇と違い、腰を据えて「映画」している映画。原作の石神は醜男という設定らしいが、映画では天才数学者である事の孤独に、より焦点が絞られている。全篇に漂う「寂しさ」と「哀しさ」はまさに堤真一パワー。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★4ドラマ未見、原作未読。・・・ナメてました。素直に面白かったです。 [review] (あちこ)[投票]
★3ハンサムな湯川とハンサムな石神じゃ、ドラマにならない。 [review] (Shrewd Fellow)[投票(3)]
★4この問題を解いても誰も幸せにならない・・・一瞬そう思った。しかし・・・ [review] (かずま)[投票]
★4TV版未視聴、原作未読。推理モノには滅多に満足できない自分。今回も湯川の推理にはいくらなんでも無理があると思ったが、久々にトリックに満足できた。堤は不器用ながら良い味を出せていたし、松雪も控えめながら味がある。残念なのは準主役であるだろう柴崎がまるで必要ないのだ。ただの賑やかしでしかない。それとね、 [review] (tkcrows)[投票(1)]
★3ダサい数学教師堤真一の演技には脱帽。途中あの不気味な演技にはだまされます。ただ展開として石神の献身が、原作ほどうったえてくるものが感じられなかったのが残念。 (わわ)[投票(1)]
★4この勝負、湯川の勝ちなのか? [review] (Sungoo)[投票(3)]
★3思うだけで、笑顔をもらうだけで、会えるだけで幸せに思える。そんな恋心、よ〜く分かります。 (NAO)[投票(1)]
★3そつなく最後まで見れますが、主人公のキャラ&周囲との掛け合いの面白さが好きだっただけに、少し肩透かし感はあり。物語の構成的に難しいかもしれないけど、もう少しTV版のような「軽さ」も欲しかったかな。 (takamari)[投票]
★3名探偵ガリレオ』いぇい♪ …とかいう作品ではゼンゼンなかった。 [review] ()[投票(1)]
★4TVシリーズ観てないけど楽しめた。けど、内海柴咲コウの立ち位置がよく分からなかった・・・ 75/100 (たろ)[投票]
★3石神がかっこよすぎる・・。不細工じゃなきゃだめなんだ。 [review] (チャオチャオ)[投票(1)]
★3一見みごとな事件の解答も、方程式が「美しく」みえない。シーンシーンはゆらりゆらりと進行するものの、反してせわしなく進行する物語に翻弄される。柴咲コウが要らないんだよなあ。もったいないなあ。 (chilidog)[投票]
★4石神堤真一と湯川福山雅治がとても良かった。 胸が締め付けられるラストに久々に泣きました。 (ペパーミント)[投票(1)]
★4原作を思い出しながら、たどるように見てました。松雪泰子は、最近、暴力に耐える女の役ばかりな気がします。ハマってるけど。 (ぱちーの)[投票]
★3どんなに論理的な思考を持つ男でも、惚れた女のためには何でもやっちゃうってこと?? [review] (K-Flex)[投票(1)]
★4石神役の堤真一が気合入ってて、そのおかげで2時間ドラマのレベルからちょっと抜け出せた気がする。トリックがどうのよりも石神の動向に引き込まれて終始ダラけることなく見れました。 [review] (炭酸飲料)[投票(1)]
★4トリックよりも人間の哀しさを上手く描けているように思い、俺は感動した。(が… →) ☆4.2点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★4数よく読んだ小説の中でも読後号泣したものは最近ではここ云10年ではこの作品のみ、という僕ですが映画ではさてどうだったでしょうか、、。 [review] (セント)[投票(4)]
★4テレビとは一味違う内容で非常に良かった。ところで… [review] (jaku)[投票]
★5あまりに切ない事件でした。泣けました。堤真一さんはさすがでした。最後まで分からなかったトリックにも脱帽。 (ジャッキー・ノン)[投票(1)]
★5見返りを求めない愛に感動しました。原作をくまなく読んでいたので、映画の中の石神の行動を観ていると涙が出そうになりました。こんな愛され方は女冥利につきるけど・・・ [review] (まきぽん)[投票(3)]
★3この映画で号泣していた妻をみて驚いた。何でこの映画で?堤真一が可哀想だという。僕は悩む。果たして妻は「献身」される女になりたいのか、それとも「献身」するような男に出会いたいのか?僕は再び悩む。何でこの映画で・・・ (sawa:38)[投票(3)]
★3献身とは、醜男にのみ許された妄念であり、特権である。 [review] (hiroshi1)[投票(4)]
★4天才かどうか以前の問題として、本当に論理的思考を持つ人間なら、犯罪の隠蔽を企図するのではなく、自首を勧める筈。その時点で人としての常軌を逸した石神()に愛想を尽かす。人間ドラマとしての本作品は破綻しているが、ミステリーとして観たときにそのトリックは素晴らしいデキ。(08.10.02試写会レヴュー) [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★3無難。ストーリーに関しては原作を損なわない程度に脚色しているので、大きな失点が起こりようはない。(本文中で原作のラストに言及しています) [review] (Master)[投票(6)]