コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 幻の光(1995/日)
- 更新順 (1/2) -

★3このデビュー作を観ると是枝裕和は日本映画よりむしろキェシロフスキをルーツとしているように思われる。多少の差はあれど、似たような題材が次作以降も変奏されて扱われている。 (赤い戦車)[投票]
★5優れたロケハン、優れた撮影、優れた音響。アジア映画の典型を示す丁寧な作品。とても好感を持った。 (寒山)[投票(1)]
★3突然いなくなる家族、過去の決定的瞬間への追想などこれ以降の是枝作品の最重要モチーフが揃う。大きな物語を蔵した風景との距離のとり方は、うまさを通り越して整除されすぎた感がある。明晰さを犠牲にしてでも雑味とふくらみを画面に導入したほうが良い。 (ジェリー)[投票]
★4誰も知らない』から遡ると、一段と輝きを増すデビュー作です。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★4ディープフォーカスは制作者による視線の誘導から観客を解放する半面、下手をすると「解放性」が平板さや無関心に転じ、死んだ画面にも。ロングショットと、類似した構図を繰り返す本作もその危険を犯しているが、その距離感と静謐さは主題と馴染んでもいる。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★2風景をメインに据えた作品の割には肝心の風景がさほど美しくない。おかしな関西弁と江角マキコの大根演技はマイナスポイント。黒い衣装は不自然な印象しか残さず、演出としてイマイチ。 (blandest)[投票]
★3こういう話で、こういう演出だからこそ、サクッと進めたらもっと良いんじゃあなかろうか。つまり、ダラダラと長い。 (あちこ)[投票]
★4柔らかな照明と、端正かつ静謐なロングショットで、人物の「全身」を捉えようという、ごく平凡な試み。それを支えるのは是枝の圧倒的な技術である。それと彼は「回顧主義者」では無い。明らかな「廃墟愛好者」である。 [review] (町田)[投票(3)]
★3一人称のアンゲロプロス。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(1)]
★4大切な人を亡くした欠落感は、滑らかに丸く磨き上げられた石の一部が欠け落ちてしまった状態に似ている。鋭角的な欠け跡は、いつしか風化しその痛々しさは薄れるが、決して元の丸い石に戻ることはない。人の背中に死の影を見る女の心とはそのようなものだ。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4全編を通じてみると、日本海の茫洋とした波の「暗さ」や「厳しさ」に飲み込まれてしまいそうだが、それだけではない、ほんの小さな「幸せ」や「喜び」が、灯りとなって点在する。江角マキコの内に秘めた情念が、荒波に翻弄されるかのように、揺れ動くが、解き放たれることは、ない。前半しか出てない浅野忠信の静かな演技が、観賞後、強烈な印象を脳裏に刻む。えも言われぬ「郷愁」を感じさせる作品。 (ことは)[投票(3)]
★3海の荘厳さを感じさせる映像をもっとしっかり観せてほしかった。死を匂わせる弛緩した息苦しさや静謐な時間感覚は表現できていたが、配役、衣装、音楽、構図、編集に素人でも目に付くマイナス点が見受けられたのが残念。 (hk)[投票]
★4傑出した映像の美しさこそが、この映画最大の欠点でもあるのでは。少なくとも映画監督はもっと大胆であってほしいと願うのは欲か。 (ナム太郎)[投票(1)]
★0異様な関西弁。 [review] (ころ阿弥)[投票(1)]
★4沈む夕日を受けて黄金に輝く田園風景。畦道を駆けてゆく子供達のシルエット。人が独りである前に、自然は人を優しく包む。人の温度に勝るとも劣らない自然のぬくもり。石川県の素晴らしい景色を誇りにすら思った。 (づん)[投票(1)]
★3浅野忠信が出てこなくなってからは、全体的に間延びした感じで、たいくつになってしまった。改めて、彼の才能を認識。ただ立っているだけで、あれほどの存在感を作り出せるなんて。 (スープ)[投票]
★3こういう「喪失感」を描いた話は好きなほうだ。がしかし、肝心要の「幻の光」についての説明が足らなさ過ぎやしないか? [Video] (Yasu)[投票]
★2原作を先に見ました。江角マキコはすごく似合ってたんだけど、雰囲気がどうも間延びしちゃって・・・ ビデオじゃつらい。 (ぱちーの)[投票]
★3「天才」というよりも「秀才」を思わせる是枝裕和の映像詩 [review] ()[投票(2)]
★4奥能登の岸辺に打ち寄せる日本海の荒波が、ゆみ子(江角マキコ)の傷つき角張った心さえも、玉石のように磨き上げてゆくのだろう。そう信じられる映画。デビュー作ながら、小津へのトリビュートを感じさせる是枝監督の画創りは瞠目に値する。 (立秋)[投票(3)]
★5夫の自殺がこの映画の全体の基調を成す。原因が分からないから女はずっと引きずられている。荒い海に聞いても帰ってくるのは無音。そんなもんよ、言わずもがな人は独り。 (セント)[投票(5)]
★3大根と完全にばれる前の江角マキコが、素の味で勝負してます。知ってしまった後で見たのであの台詞回しが多少気になったけど。浅野忠信もうちょい出して欲しかった。他出演者を食っちゃうからだろうか? (LOPEZ que pasa?)[投票(1)]
★4これは日本映画なのでしょうか? [review] (sawa:38)[投票(6)]
★3描き出される日本の風景が、みすぼらしくも美しい。正座した江角のたたずまいは凛としていて、観ているこちらが姿勢を正したくなる。映像における描写がとにかく繊細。 (鵜 白 舞)[投票(2)]
★2綺麗で、静かな映像なんだけど、ストーリーも静かで、私にはぬるかった。 (mi_383)[投票]
★2私はこんな思わせぶりの強い作り方の映画は嫌いだ。 (takud-osaka)[投票(1)]
★4静かで美しい闇。理解できない死。当時、春樹関係のサイトで話題になった映画です。関係ないけど、日本海をこれほど上手く使えた映画は初めてでした。北陸育ち (世界の終わりの果に)[投票(1)]
★1なにやら細切れの展開についていけなかった。今の映像の意味は?という疑問の繰り返し。意図不明作。しかし江角マキコ、大根だな・・・。 (FOX)[投票]
★3映像も演技も全てが控え目すぎて、いまひとつ物語の中に入っていけなかった。 [review] (ぷり)[投票]
★4感じる映画。新人の江角マキ子に惚れ、浅野忠信に興味を持った映画。過去を消化していく江角の重要な役どころを映像で補っていた。結構好きな映画。 (ばんばん)[投票(1)]
★4静かで淡々とした生活の奥に流れる情熱を感じた。 (マッツァ)[投票]
★3黒い服が良い。今観ると、外国からうける日本映画かな、と。 ()[投票]
★4原作を後から読んだからかもしれないが、原作よりこっちの方が好きです。 (Curryrice)[投票]
★2上手く言えないんだが,良くも悪くも「日本映画」だ。 (もーちゃん)[投票]
★3ディスタンス』より言わんとしていることは分かった(つもりになれた)。2001.8.21 [review] (ハイズ)[投票]
★2風景だけで2時間は辛い。。 (coma)[投票]
★2映画への憧れだけで作られた映画。反省の多い出発点。 (tomcot)[投票]
★4映像のきれいさと、役者の演技等のバランスがとれてないような・・セリフが陳腐に聞こえた。 (蒼井ゆう21)[投票]
★3綺麗な映画。海外で評価が高かったというのがなんとなくうなずける。 (dahlia)[投票]
★2眠いよ。綺麗な画像でおすにしては、あんまりきれいじゃないし。いい画もあるけど・・・。あんまり伝わってくるものがなかった。すみません。 (まなと)[投票]
★4振り向きざまの浅野忠信の美しいこと・・・。 (モン)[投票]
★2ダメだ、あまりにも静かすぎる画面に我慢できなかった。 (ゆーこ and One thing)[投票]
★5観た後、しばらくして原作をよんだら、そのままの空気感だった。 読んだ後見直したが、やはりそのままの空気感だった。 (サー)[投票(2)]
★3”幻の光”はどこにでも潜んでる気がする。 (デンドロカカリヤ)[投票]
★2人物が風景に取り込まれる(よくもわるくも)。 (ハイタカ)[投票(2)]
★3映像がすごくきれい。 [review] (セネダ)[投票]
★4ていねいに描かれた秀作ドラマ。そんな暗い内容というわけでもないのでスッと馴染めた。 (takasi)[投票]
★3繊細にちょっとだけ前向きに女性を描きたい制作者と、 淡々と後ろ向きな人生を描きたい監督のコラボレーションが本当に成功作なのか? [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4静かすぎる画面に我慢できる人にはお勧め (FRAGILE)[投票]
★4”幻の光”を見た事が無い人は一度見る事をお勧めします。無事を祈っています。 (glimglim)[投票]