コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 秋日和(1960/日)
- 更新順 (1/1) -

★5小津は四番バッターは杉村春子岡田茉莉子は一番バッター、と言ったそうだが、まさにアプレゲールな一番バッターらしい彼女。寿司屋、アパート、丸の内、うなぎや、高橋とよの店、バー、ゴルフショップなど、美術品。 (動物園のクマ)[投票]
★2たぶん最低の小津。社用族の喜劇に大した面白味はなく説教に近く、悲哀は焼き直しで取ってつけたよう。撮影も自己模倣で意欲が感じられないのも辛い。 [review] (寒山拾得)[投票]
★5デジタル修復版にて再鑑賞。『晩春』の換骨奪胎と言い切ってしまってよいと思うが、『晩春』のゴツゴツ感と比べると数段洗練されている。どっちも魅力的なのだが。 [review] (緑雨)[投票(4)]
★5大正期の小説の名人・里見とん原作映画化の第2作目。原作を読んだが、人間関係を整理し変更し、物語にメリハリを付け分かり易くした脚本で、原作より良いのではないか。特筆は、映像を生かして、岡田のキャラの可愛さ、強さを特に引き立たせた点だと思う。 [review] (KEI)[投票]
★4原節子の爪が白く光っていた。この映画の岡田茉莉子は素晴らしいですね。 (tomcot)[投票]
★5小津安二郎監督作品の最高傑作と呼びたいです。「痒いところにはメンソレータム」で大笑いしてしまいました。 [review] (chokobo)[投票(2)]
★4これは母娘の物語というより3バカトリオの間宮(佐分利信)、平山(北竜二)、田口(中村伸郎)を笑うコメディ。母娘パートはむしろオマケかも知れない。 [review] (立秋)[投票(2)]
★4原節子は、『晩春』の娘役で見せた存在感を、今度は母親役としての威厳と包容力として見せている。本作の孕む幾つもの「反復」の中で、これこそ最も感動的なものかもしれない。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★5映画中盤ぐらいで佐分利信が立ち寄ったゴルフ用品店で、「この分じゃ、明日の日曜、いいお天気でございましょう」と言う女性店員役の女優さんは誰でしょうか? (これで最後)[投票]
★4岡田茉莉子が最高に面白い。 (赤い戦車)[投票]
★4私は女性だからだろうか、『晩春』より胸に迫ってくるものがあった。娘を嫁に出す母。自分の淋しさを押し殺して、娘の幸せを願う。「父と娘」の関係とはまた違う、言葉では表わせない気持ちがここにある。 [review] (青山実花)[投票(3)]
★4晩春』から10年の歳月を経て一巡した原節子の役回りが物語構造と同期した侘びしさが胸を打つ。3人組サラリーマン親爺のコンビネーションと岡田茉莉子の艶も完璧な配合度合いだが、結局の枯淡世界へと回帰する小津の終着点で集大成。 (けにろん)[投票(3)]
★5監督ご本人も「『晩春』のよう」と指摘している映画であるが、ここでは娘の怒りの矛先を親だけに向けさせてはいない。二人の娘をここでは用意し、一人は親に、もう一人は親子を取り巻く社会(小さいがそれは社会だ)と対決させているところがこの映画のオリジナリティ。 [review] (ジェリー)[投票(7)]
★4小津のカラー作品全てに云えることだが、この映画も批判するべき点が見つからない。恐るべき完成度だ。ほとんどSFの域に達したオフィス空間、目に鮮やかなハイキングシーンの緑。端正かつ異様な画面が続く中、岡田茉莉子の魅力が炸裂する。 [review] (3819695)[投票(2)]
★4冠婚葬祭と遊びと飲食こそ小津映画のすべて。嬉々として縁談ごっこに興じる中年男女の助平とニヒリズム。対照的に、慎ましく生気に満ちた娘たち。寒色・暖色入り混じる秋の景色。 ()[投票(4)]
★5初の小津組ながら、名だたる常連俳優達を、まさに寿司を頬張るかのごとく一気食いしてしまった岡田茉莉子の弾けんばかりの魅力。これを観ると「4番バッターは杉村さんだが、1番バッターはお嬢さんだな」と語った小津の思いがよく分かる。 [review] (ナム太郎)[投票(7)]
★4原節子って「清純」って言われてるが、そう見えないんだよね。むしろ気が強くてふてぶてしそうに見える。でも、かつて嫁ぐ役を演じてた原節子が、娘を嫁がせて寂しさに涙するなんて役を演じてる姿は、感慨深くて何とも言えない。上手いなぁ。 [review] (直人)[投票(6)]
★4晩春』のカラーコピー版という感じ。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★4日常の中に迫り来る変化。 (それにしてもなんだか、妙に楽しいピクニックシーンでした。) [review] (ちわわ)[投票(2)]
★4中盤、バカオヤジトリオにイライラッッ。片付けるとかおもしろがってんじゃないよー!!  平和な生活をかき乱しやがって。。でも [review] (あちこ)[投票(1)]
★4時代の風景。家族の風景。日本の風景。寒さの厳しい冬でも、クソ暑い夏でもなく、小津作品は秋に観るのがぴったりだなあ。 [review] (G31)[投票(3)]
★5仕事しないでメシばっか食ってて20代女性を「〜ちゃん」呼ばわりしても嫌われないナイスミドル3人衆のような人は今や野村前阪神監督だけになっちまった。あ、いや野村は仕事してるな。そこだけ訂正。 [review] (torinoshield)[投票(2)]
★4デートをしている友達を羨ましいと思ったり、会社の皆と出かけたり、40年以上も前の日本の会話は今と全然変わっていない。 (guriguri)[投票]
★4晩春』の父娘の関係は依存と庇護だが、この母娘は信頼と連帯。だから結末に「晩春」ほどの切羽詰った愛惜を感じない。それより喜劇として評価したい。元気ねえちゃん(岡田茉莉子)に殴り込みをかけられたオジサントリオの狼狽ぶりは最高に可笑しい。 (ぽんしゅう)[投票(8)]
★4褪色してもプアにならないのは元がしっかりしてるから?『浮草』のゴージャスさは無いがこちらも目に心地よい画面だった。 (coma)[投票]
★3晩春』の母と娘バージョンなんだけど・・・コミカルで面白かったが、やや親爺達が目立ち過ぎかな・・・司葉子とは認識できなかった・・・ (RED DANCER)[投票]
★2母娘二人の美しく、世話焼きオッサン三人組の見苦しいこと。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(3)]
★4…をそれぞれに戦い抜いた母と娘の物語。 [review] (kiona)[投票(3)]
★3原節子が少しさみしく見える。 (buzz)[投票]
★5セクハラ親父の丸め込みが凄く鮮やかで面白かった!何時の時代も色恋花は似たようなものなんですね〜。あれ?岡田さん主役じゃないんですか?と、言う事は、原さん喰われてますよ。全体のイメージは白と青、時折差し込む赤が印象に残りました。 (かっきー)[投票(1)]
★3小津のおふざけ映画。幼稚っぽい大人たちの騒動がストーリーになっているが、感心しない。 (セント)[投票(1)]
★5彼の映画は見てる最中いつも「アレ?今見てるのはなんて映画だったっけ?」と分からなくなる。そこが素晴らしい。 (dahlia)[投票(1)]
★4女優さんが綺麗ですね。笠智衆が最初と最後に出てくるのがいい感じです。 (太陽と戦慄)[投票(1)]
★4それにしても佐分利信は貫禄があるなあ。日本一貧乏人の役が似合わない俳優は彼で決まりじゃないでしょうか。 (イリューダ)[投票(3)]
★5思わず親孝行したくなりました。それにしても小津映画の娘たちはみんな親想いの、できた娘たちばかりですね。 (コマネチ)[投票(1)]
★4サラリーマン三人の会話に結構笑った。北竜二さんちょっとかわいそうだったかな。 (ぱんな)[投票]
★4実は、音楽が洒落ているのです、この映画 (ボイス母)[投票]
★4ぼくも西日が好きです。 [review] (バーボンボンバー)[投票]
★5オヤジ3人組のアンサンブル、司葉子の美しさ、佐田啓二の正統派二枚目ぶりに注目。そして、ラストシーンの象徴的なショットも秀逸。[鎌倉生涯学習センターホール] (Yasu)[投票(1)]