コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 恐怖の報酬(1952/仏)
- 更新順 (1/2) -

★3車が動いてからの芸術的ともいえる計算し尽くされた演出設計が、かえってサスペンスの度合いを弱めているように感じた。 [review] (ナム太郎)[投票(3)]
★3蛇行運転はやめましょう。73/100 (たろ)[投票]
★4試合内容はともかく任天堂のマリオブラザーズのマリオとルイージってここから取ってるのかと感動。マリオは任天堂のキャラクターと全く似てないけど、ルイージはそっくり。ルイージがイタリア人って初めて知った。 (USIU)[投票]
★5何度観ても傑作。最初は顔役の貫禄を見せていた相棒ジョー、ヘタレっぽかった働き者のルイジ。彼らのその後の描写には全幅の信頼を置ける。それにしてもベネズエラの貧乏描写はものすごい。カーロス・リベラはこんな土地で育ったのか。 (ペンクロフ)[投票]
★5シンプルなプロットを牽引するのは“狂気”の演出。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3なにが大変なのかよく分からないなまこ坂をはじめ、運搬の危険性がいまいち伝わってこない。人物にも魅力がない。 [review] (ドド)[投票(1)]
★4キューっと胃が引き締まる緊張感が続く映画。 [review] (CRIMSON)[投票(1)]
★5お気に入りのシーン。 [review] (KEI)[投票(1)]
★3前半が冗長すぎる。 (赤い戦車)[投票]
★4皆さんそろって橋のシーンが怖いと書いてますが、ギアの入りが悪くてすぐエンストしそうなマニュアル式トラックが、どれだけ怖いかご存知ですか? [review] (荒馬大介)[投票(1)]
★3何度か繰り返されるサスペンスの山場はクローズアップの力感が漲り弩級とは言えるが、ドラマトゥルギーの欠如が決定的。食い詰め者達の脱出願望に更なる切実さが欲しかった。要はハートに沁みてこないのだ。 (けにろん)[投票(3)]
★4子供の頃に見た記憶では総天然色でした。衝撃が強すぎてモノクロの印象がぶっ飛んじゃったんでしょう。今見てもやっぱりハラハラドキドキ。特に「美しき青きドナウ」が効いていました。 [review] (りかちゅ)[投票(1)]
★4物語前半からどうしてあんなに蛇行するハンドル回しをするのか、と不自然さが気になっていたが、まさか伏線になっていようとは。ていうか真っ直ぐな道を走る場合、普通固定したまま走らないか? [review] (氷野晴郎)[投票]
★4愛すべき男。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★4トラック乗るまでに1時間は引っ張りすぎ。ラストは参った (TOMIMORI)[投票(3)]
★4意外と演出がもっさりしているので人間描写はもたつくものの何かしらモーホーのモワーとした感覚が見え隠れし、変な映画感覚。そのけだるさと超男性的なニトロとの対比。この時代でねえ、、。驚き。 (セント)[投票(1)]
★3ニトロを積んでからより、それ以前の酒場を中心とした人間模様のほうが面白い。運搬中の緊迫感、そしてラスト共にフリードキン版を俺的には推す。 [review] (クワドラAS)[投票(3)]
★5状況設定が「衝撃に弱いニトロ・グリセリンを積載したトラックを長距離運転する」という簡潔なものだけに、緻密に練り込まれた演出が却って引き立つ感じです。単に、コロコロと転がってくる小石が恐く見えてきます。 (kawa)[投票(1)]
★3前半にこってり時間をかけた割には思った程には人物が描けず、後半になって人物を描きだしたと思うとそれらは唐突感が否めない。つまりは前半部が冗長で空疎だからだ。とは言っても荒廃とした雰囲気は好きですが。 [review] (sawa:38)[投票(4)]
★5吹き溜まりの行き止まり。半端な男たちの大ざっぱな夢。分の悪い賭けに出来の悪い道具。条件の悪さが真剣さを生み、観る者を緊迫感の中に引きずり込む。静から動へと変化する人の心と行動の流れがみごと。 (ぽんしゅう)[投票]
★5魅せる「演出」とはなにか、その凄さをひしひしと感じた。冒頭は床掃除をするリンダに、かぶりつき。後半は男たちに、かぶりつき。 (シーチキン)[投票]
★5恐怖からの解放もまた恐怖。常に死と隣り合わせ。 (ヨロヨロ元帥)[投票(3)]
★4トラック+ニトロという組み合わせでいかにもスリルを演出してそうであって、その実、トラックを機能的に使った画面は殆どない、と言えるかもしれない。 [review] (ゑぎ)[投票(6)]
★3怠惰な日常から緊迫した非日常へ。その対比で、トラックに乗り込んでからの方が長いのに、短く感じた。現実的にはちょっとおかしい《たばこを巻くシーン》も、演出的にはおみごと。 (わさび)[投票]
★4前半のまぁーったり感と裏腹な中盤以降。 やってくれる・・・・。 すげぇ重さだった。良かった。 (黒犬)[投票]
★5今まで見た映画で一番怖かった。ホラー映画よりずっと怖い。寿命が縮まるよ。 (━━━━)[投票(1)]
★4私の記憶にあるニトロの存在感と恐怖感は、この作品に原点がある。小道具のニトロ君に名演技をさせた演出が冴えている。 [review] (のぶれば)[投票]
★4実はラストが一番好きだったりする。星新一的とでも言うか・・・。 (24)[投票]
★3現代は「スピード重視」だけに「速さ」にドキドキするのはもう当たり前なんだけど、「遅さ」にドキドキするこの映画は逆に新鮮だった。アレックス・コックスのベスト3の映画らしい。 (しど)[投票(4)]
★3ここらで一息、立ち小便。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(2)]
★4トラック君自身も、怯えながら、青い顔して、冷や汗たらしながら走っているように見える。 (ボヤッキイ)[投票]
★4フランス映画だ (ペペロンチーノ)[投票]
★4ほとんど徐行なのにハラハラする乗り物映画。 向こう見ずで貪欲な若者と、年を取り経験を積み度胸を失った初老の男。目上の者に対する尊敬が軽蔑に変わる瞬間。年齢ギャップがある二人をコンビにしたことで生まれる良質のドラマ。 (AONI)[投票(4)]
★4イブ・モンタンよ!「徒然草」を読め! (熱田海之)[投票]
★4自分は大金でも辞退します…と思いつつ、仕方なくトラックに同乗して黙って息をつめて見守る。爆発の恐怖はもちろん、主人公の無邪気なあこがれの行方が残酷だ。残酷すぎるよ! (mize)[投票]
★4ジワジワ恐怖がきましたよー!! (レネエ)[投票]
★4フランス映画としてのホモセクシュアルな面を伺わせる。なるほどマリオとルイージねえ。キャラ的には逆だろう。 (chokobo)[投票]
★5爆発音より先に風で吹っ飛ぶタバコ… [review] (モモ★ラッチ)[投票(10)]
★3じわじわと手に汗を握らせる上手さは、もちろん一流だと認めるし、完成度の高い映画だと思う。でも、主人公が心情的に許せない、ただそれだけ。 (くたー)[投票(1)]
★4頼むからそれ以上揺らさないでっ。 [review] (ざいあす)[投票]
★4イブ・モンタンが美しい!! どきどきのサスペンスものです。ストーリがとても物悲しくて・・・。物悲しい中のイブ・モンタンの美しさがもっと切ない・・・。 (ミルテ)[投票]
★5すごいスリル。めちゃ面白かった。構成、演出など、すばらしい出来の映画。 (shak)[投票]
★4任天堂世代としては、「マリオ&ルイージ」が出てくる、という時点で降伏せざるを得ない。 [review] (さなぎ)[投票(8)]
★4希望のない世界の果てのような街に流れてくるのは理由アリの人達ばかり。人生の再起をかけて男達ががんばる。All or nothingの世界は私の大好きなもののひとつ。 (KADAGIO)[投票(1)]
★4ニトロの扱いが『バーティカル・リミット』の登場人物よりはるかに賢い。 (アルシュ)[投票]
★4轢くな、足を、いてーじゃねーか、、、、『真夜中のカウボーイ』の二人は、このラストの記憶から生まれたのかな。 (動物園のクマ)[投票]
★5ヨーロッパに対して非文明の象徴としての南米でのどん底生活を描いた前半が、後半のじわじわの恐怖と対応して、文明人の文明の表皮がはがされてゆく様子が、丹念に出ていて、面白かった。非文明は重油のように、まとわりついて気味悪い。『エル・ドラド』と相互リンクしちゃう。 (エピキュリアン)[投票(1)]
★4前半話がよくわからなかった。後半はギシギシ怖かった。 (ぱーこ)[投票]
★4ハラハラドキドキ。とてもよくできている。 (りゅうじん)[投票]
★4噂の彩色版をやっと見た。意外とよかったです。色が付いたからって面白さがアップする訳じゃないって事が確認出来ただけでも。 (cinecine団)[投票]