コメンテータ
ランキング
HELP

ホッチkissさんの人気コメント: 更新順(1/19)

人気コメント投票者
★4秋刀魚の味(1962/日)いっしょに飯を食う、酒席をともにすることの意味。若い諸君はこの映画を見てオトナの礼儀と作法を勉強するべし。 [review]けにろん, 死ぬまでシネマ, ジョー・チップ, ぽんしゅうほか5 名[投票(5)]
★4イノセンス(2004/日)四谷シモン、恋月姫、千之ナイフ、香愁、押井守。脳内カテゴリー<人形好き>にさっくりハマる。 [review]ロープブレーク, IN4MATION, 水那岐, 甘崎庵[投票(4)]
★4スター・トレック4 故郷への長い道(1986/米)映画シリーズでもっとも好きです。未来テクノロジーを前に口をあんぐりの現代人に、得意満面のクルーたち。なんだか優越感くすぐりで不健全なような気もしますが、そういうのってワタシにはツボなんです。YO--CHAN[投票(1)]
★5WALL・E ウォーリー(2008/米)ついに、ついに現れた米国発”萌え(ツンデレ属性)”映画。もはやピクサーに死角なし(笑)。うるさがたのファンも唸らす、SF映画としても特A級。 [review]DSCH, 3819695, sawa:38[投票(3)]
★4トレインスポッティング(1996/英)この映画のユアン・マクレガー、かなりカワイイっすね。ワタシも五厘刈りにしようかな。内容とはウラハラにクールでキュートな映画に感じました。 [review]けにろん, ぱーこ[投票(2)]
★4ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012/日)ふははは。笑いがこみ上げてきたよ。監督と同時代を生きて同じ感動を共有してきたかどうかがこの作品を評価する際の分かれ目(←乱暴)。 [review]ロープブレーク, ぱーこ[投票(2)]
★4タクシードライバー(1976/米)都市に暮らす人々の喧噪と孤独、膨らみ続ける正義感と狂気。生きていくための現実と道徳。どこに線をひけばいいと言うのだろうか。その境界が溶けだした男の、形容しがたい「居心地の悪さ」感を観客に突き付けて見せた。けにろん, ユキポン, 水那岐, ナッシュ13ほか14 名[投票(14)]
★4GODZILLA ゴジラ(2014/米)以後もう日本でゴジラ映画は作られないだろう。さようならゴジラ。思う存分世界の観光地ぶっ潰しといで。 [review]けにろん, がちお, 荒馬大介[投票(3)]
★5インセプション(2010/米)潜在意識のマトリョーシカ。 [review]はしぼそがらす, さいた, アブサン, kakiほか12 名[投票(12)]
★5レイダース 失われた聖櫃〈アーク〉(1981/米)ワタシもラストワンカットにやられたクチです。コレがあるのでシリーズ中でもっとも好きです。DSCH, 甘崎庵[投票(2)]
★4アイアン・スカイ(2012/フィンランド=独=豪)ポスト『博士の異常な愛情』、はちょっと言い過ぎゴメン(テヘペロ)。ぽんしゅう[投票(1)]
★4ハート・ロッカー(2008/米)任務(業務)と、生きる目的が一緒になっちゃったおっさんの、いつもの日常風景。たまたま場所がイラクで、たまたまお仕事が爆弾処理で、たまたまヘタ打ちゃ死ぬ、ってだけのお話。 [review]ハム, ジェリー, カルヤ[投票(3)]
★5トゥモロー・ワールド(2006/米)原題はネタバレすぎるからこの邦題? [review]はしぼそがらす, tkcrows[投票(2)]
★4バットマン(1989/米)ティム・バートンが提出した新しいヒーロー像。病める現代人には善玉、悪玉どちらも等価。救われるべきドロップアウター。死に逝くジョーカーに涙せよ。DSCH, , kiona, は津美ほか6 名[投票(6)]
★3ザ・メキシカン(2001/米)スーパーのお総菜コーナーで、極上の大トロとボタンエビを使った寿司を買って食べた気分。サイモン64, けにろん[投票(2)]
★4海の上のピアニスト(1998/伊)人間が人生を賭けて追い求めるもののひとつに、「自分の居場所」があると思う。 [review]甘崎庵, らーふる当番, Myurakz, ことはほか12 名[投票(12)]
★3劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険(2001/日)お子様向けのアニメとしては、可もなく不可もなしと言ったところ。ハムちゃんファンは見に行くよね。おぉ、スタッフロールに樋口真嗣の名前が....。 [review]SUM[投票(1)]
★4かもめ食堂(2005/日)あ、いいこと思いついた。 [review]mal, あちこ, Lunch, 水那岐ほか5 名[投票(5)]
★3トランスフォーマー リベンジ(2009/米)ニンゲンもオートボットたちもみーんなばかばっかし。これでいいのだ。けにろん[投票(1)]
★4マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009/米)絶対神のもとに集う、エンターテイメントの神々。我ら民に福音をもたらすために。 [review]3819695[投票(1)]