コメンテータ
ランキング
HELP

新着コメント(7/20)

★3 64-ロクヨン-後編(2016/日)
映画の結末どうこうより、時速90キロで爆走する白のソアラに燃えた僕をお許しください…。。70/100
たろ (2017年03月24日)
[投票]
★4 デモンズ・キラー 美人モデル猟奇連続殺人(1987/伊)
ストーキング、暴行、凌辱、水責め、絞首、滅多刺し・・愛の代償行為としての殺人とその前戯の芸術化。愛情とセックスを結び付けられないマンディアルグ的不能者のためのフェチ映像集。艶めかしくもおぞましい愛死のイメージが田園都市の宵闇に充満する
濡れ鼠 (2017年03月25日)
[投票]
★4 牛泥棒(1943/米)
本作の素晴らしさを語るには、まずそのラストシーンから入っていかねばなるまい。 [review]
ナム太郎 (2017年03月23日)
[投票(1)]
★4 マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015/米)
壁なんて、ハンマーとノミでぶち壊せ!念入りな調査とデータに裏付けられた事実は、強固な意志の監督によって、笑いやため息まじりに展開していく。ただ、マイケル・ムーアの皮肉に説得力が今一つなのはその体形なのだ。やせろ。 [review]
jollyjoker (2017年03月22日)
[投票]
★4 マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015/米)
そのまんま、日本にも持ち帰ってもらいたいことばかりでした。 [review]
プロキオン14 (2017年03月22日)
[投票]
★4 しあわせへのまわり道(2014/米)
熟年期も終わり近いツンデレ男女の徐々に融解しゆく心の肌理を描くが、2人とも何だかんだいって可愛いく笑える。キングスレーのピンクターバンが厳格の下のハートマークを表象。でも現実はそんなには上手くいかないのだが、それも又良しとする嗜みが良。
けにろん (2017年03月25日)
[投票]
★3 しあわせへのまわり道(2014/米)
「死ぬまでにしたい10のこと」以来見続けているイザベル・コイシェ作品だが、どうもなかなか中だるみが続くね。この作品でちょっと息を吹き返し始めたと思ったが、、。 [review]
セント (2017年03月22日)
[投票]
★3 しあわせへのまわり道(2014/米)
「中年の危機」「自動車教習」「印系移民」の三題噺。『免許がない!』を参考にする必要は微塵もないにせよ、運転免許非取得者および運転教習ならではの笑劇的細部がもう少しあってよさそうなものだ。むろんイザベル・コイシェの眼目は教習者と教官を等分に扱うあたりにあって、その限りでは過不足ない。
3819695 (2017年03月22日)
[投票]
★3 茄子 スーツケースの渡り鳥(2007/日)
今回はチョッチ(山寺宏一)の話で、ペペは狂言回し。それにしてもシンプルさが売り物だった前作よりずいぶん余計な贅肉のついた話になってしまった。日本のスタッフに女の子というのはお約束として、弟や坊さんはいる必要もない話だろう。チーム参加であれ、レースに集中した話にして欲しかった。
水那岐 (2017年03月22日)
[投票]
★3 茄子 スーツケースの渡り鳥(2007/日)
茄子漬が食いたくなる
TOMIMORI (2017年03月22日)
[投票]
★5 茄子 スーツケースの渡り鳥(2007/日)
徹頭徹尾、闘うプロフェッショナルの舞台裏の物語だ。 [review]
uyo (2017年03月22日)
[投票]
★3 茄子 スーツケースの渡り鳥(2007/日)
映像もお話も良くも悪くもスピード勝負。お話がスピードありすぎてついて行けず。意外と詰め込みすぎの感。
らーふる当番 (2017年03月22日)
[投票]
★3 茄子 スーツケースの渡り鳥(2007/日)
パオパオ⇔象さん、って日本だけじゃないのかなぁ・・・ [review]
kazya-f (2017年03月22日)
[投票]
★3 ハドソン川の奇跡(2016/米)
エンドロールを抜くと、着水の回想を2回も入れても88分。見所も多いのだが、ドラマ面に至っては物足りない。とってつけたような家族ドラマもなんだかなぁ…。72/100
たろ (2017年03月22日)
[投票(1)]
★2 言の葉の庭(2013/日)
大風呂敷なタイトルが虚しい余りにも平凡な物語とテレンス・マリックのパクリの風景描写。高校生は無料の公園に行きなさい。眉毛も剃らないように。
寒山 (2017年03月22日)
[投票]
★4 ニュールンベルグ裁判(1961/米)
ラストの一言が重くのしかかる。バート・ランカスターに加点。80/100
たろ (2017年03月22日)
[投票]
★4 レヴェナント:蘇えりし者(2015/米)
移動距離実に320キロに及ぶ箱庭映画 [review]
甘崎庵 (2017年03月22日)
[投票]
★3 虹をつかむ男(1996/日)
8 1/2』に感動した神戸浩が好き [review]
寒山 (2017年03月22日)
[投票]
★5 シン・ゴジラ(2016/日)
この内容なら140分使ってくれてもいいと思えるくらい濃厚な120分。石原さとみのイーオン宣伝がなければもっと良かったのだが、何より、プロの俳優だけを使った映画はやはり面白い。90/100
たろ (2017年03月22日)
[投票]
★4 無法の王者ジェシイ・ジェイムス(1957/米)
不思議にもどこかエイリアンの伏勢を連想させるものがある敵陣でのシュートアウトだけでも一見の価値がある(至る所から現れる銃口、燃え盛る荷車によるバリケード、飾り窓を破っての強行突破)。えらく邀撃への準備がいい町民たちが次々と退路を断つ 7/10
濡れ鼠 (2017年03月21日)
[投票]