コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (2/20)

コメント推薦者最新投票日
★2 砂の器(1974/日)
当時、世界的流行であったとは云え、本作のズーミングの多用にも、いい加減ウンザリさせられる。ロケ撮影の人物を映した後、ズームアウトして風景全体を見せる、という、逆エスタブリッシング・ショット(こんな言葉はない)が頻繁に表れる。バカみたいだ。ただし、ズームアップは殆どない、というのはまだ救い。 [review]
ゑぎ (2019年01月22日)
ペンクロフ, おーい粗茶, ぽんしゅう2021年01月19日[投票(3)]
★3 砂の器(1974/日)
夏の暑さにうんざり顔ながらも丹波哲郎の旅はどこか愉しげにも見え、俳句を詠んだり、ぶらり旅気分な情緒が地味に面白い。だが終盤に至って、丹波のこの悠々とした旅情緒は致命的な演出ミスだったと思い知る。 [review]
煽尼采 (2010年01月04日)
ペンクロフ, おーい粗茶, 佐保家, ぽんしゅうほか6 名2021年01月19日[投票(6)]
★2 ジョーズ2(1978/米)
「1」を死闘編と考えた場合、「2」は逃避編か。"せびれの接近シーン"は「1」よりも印象的で、自己主張の強いサメになっている。
けけけ亭 (2002年06月21日)
G312021年01月18日[投票(1)]
★3 1917 命をかけた伝令(2019/英=米)
演出自体は目を惹くし、作品自体も概ね満足いく。だからもう一歩踏み込んだ物語性がほしい。 [review]
甘崎庵 (2021年01月18日)
プロキオン142021年01月18日[投票(1)]
★5 ジョーズ(1975/米)
スティーブン・スピルバーグの恐怖演出、その天才。 [review]
t3b (2003年02月06日)
G31, 38196952021年01月18日[投票(2)]
★5 ジョーズ(1975/米)
ロバート・ショウのタフさは、ジョーズの偉大さをひきたてている。
スパルタのキツネ (2002年01月13日)
G31, 甘崎庵2021年01月18日[投票(2)]
★5 晩春(1949/日)
紀子さんの心情、わかりみが深すぎてヤバみ。 [review]
おーい粗茶 (2021年01月17日)
緑雨, ぽんしゅう, けにろん2021年01月18日[投票(3)]
★4 Swallow スワロウ(2019/米)
タイトルは嚥下の意味だが、それも含めた触覚の映画。物をつまんだ手触り、唇、舌、口腔内、さらに体内(喉、胃、腸、肛門)における感触。あるいはハグ。使用人ルエイの手。土の柔らかさ。でも胎児の感触は希薄。よくある、お腹を蹴る、というような描写もない。 [review]
ゑぎ (2021年01月16日)
けにろん2021年01月18日[投票(1)]
★4 なぜ君は総理大臣になれないのか(2020/日)
何年もまえのことだが、本作にも登場する政治ジャーナリストが、民主党の有望な若手として小川淳也の名をTVで口にしたのを覚えている。その後、彼の顔をメディアでみかけることはなかったが、なぜか名前だけは覚えていて、何度が新聞の政治欄のベタ記事でみかけた。 [review]
ぽんしゅう (2020年10月11日)
jollyjoker, ペンクロフ2021年01月18日[投票(2)]
★4 なぜ君は総理大臣になれないのか(2020/日)
おおテリブル。テリブル香川! こ… これが… これが香川か…… これが香川…… (車田正美「リングにかけろ」より抜粋改変) [review]
ペンクロフ (2020年11月06日)
jollyjoker, 寒山拾得, ぽんしゅう2021年01月18日[投票(3)]
★4 ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017/英)
「怖い」かといえば、全くそんなでもない。でもなかなかに斬新で、上品で、工夫がある。 [review]
プロキオン14 (2018年11月12日)
t3b2021年01月18日[投票(1)]
★3 ソング・トゥ・ソング(2017/米)
なかなか上映されなかったマリック作品だ。久々に彼の作品を見て傍観者的に思うことが多かった。 [review]
セント (2021年01月03日)
けにろん, 水那岐, プロキオン142021年01月18日[投票(3)]
★2 ソング・トゥ・ソング(2017/米)
モノローグ・トゥ・モノローグ』 [review]
プロキオン14 (2021年01月06日)
けにろん, セント, 水那岐2021年01月18日[投票(3)]
★2 ソング・トゥ・ソング(2017/米)
映像的に映える女優陣を並べ、なるほど画面の流麗な輝きは尋常のものではない。なんというカメラの至福。しかし、それらは長時間にわたって相殺しあい物語を刻むことを拒絶する。自分はストーリー至上主義者ではないがこの内容の薄さには参った。睡魔を誘ってやまないアートフィルムを高得点で彩る趣味はない。
水那岐 (2021年01月05日)
けにろん, セント, プロキオン142021年01月18日[投票(3)]
★3 レヴェナント:蘇えりし者(2015/米)
エマニュエル・ルベツキだけでは飽き足らず、ジャック・フィスクジャクリーン・ウェストまで登用し、撮影の自然崇拝と「詩的な」回想に励む。テレンス・マリック化症候群が重篤だ。しかし「およしなさい」などと親身な忠言はすまい。私とこの演出家の間には一遍も一片も友情が通ったことはないからだ。 [review]
3819695 (2016年04月24日)
ペペロンチーノ, DSCH, けにろん, jollyjoker2021年01月17日[投票(4)]
★4 レヴェナント:蘇えりし者(2015/米)
移動距離実に320キロに及ぶ箱庭映画 [review]
甘崎庵 (2017年03月22日)
ペペロンチーノ2021年01月17日[投票(1)]
★4 放浪記(1962/日)
オープニングの警察署のシーンは、林芙美子の傑作短編「風琴と魚の町」のラストだ。これを最初に置いたという事で、この映画は「放浪記」の映画化というよりは、彼女の半生を描いた、という事が分かる。 [review]
KEI (2021年01月16日)
ぽんしゅう2021年01月17日[投票(1)]
★3 ストーカー(2002/米)
少年との関わりという意味でエヴァンゲリオンのフィギュアが三度象徴的なシーンで使われており、意図的にこのフィギュアを使用したのか、たまたまこのフィギュアを使用したのかは気になるところ。 [review]
わっこ (2004年01月06日)
サイモン64, 白羽の矢, てれぐのしす2021年01月17日[投票(3)]
★2 八十日間世界一周(1956/米)
「大予算」の「オールスター」の「珍道中」として多くの亜流を産んだマスターピース。だが、このオリジナルには年月に耐えて残るものが無い。製作者の映画としてセルズニックザナック等に比してマイケル・トッドの切る判断の欠如。だるい。
けにろん (2010年05月09日)
YO--CHAN2021年01月17日[投票(1)]
★4 パラサイト 半地下の家族(2019/韓国)
「金」というフィクションが人類を苦しめる [review]
ペンクロフ (2020年01月15日)
mal, 死ぬまでシネマ, けにろん, ロープブレークほか5 名2021年01月16日[投票(5)]