コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (2/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982/日)
しかし、田中裕子の色気は相変わらず尋常じゃない。沢田研二って、そんなに男前?二人を応援する渥美清は、絶品。['05.9.10VIDEO]
直人 (2005年09月11日)
G312019年05月22日[投票(1)]
★4 深夜の告白(1944/米)
紙巻きタバコを吸う主人公二人と、葉巻を吸う被害者と探偵役は、主人公のかっこいいマッチの擦り方を通じて繋がっていく。ドアや窓、夜道、光のまだらな強弱など、こういう小技はやっぱり観ていて小気味いい。 [review]
動物園のクマ (2018年01月31日)
けにろん2019年05月21日[投票(1)]
★3 深夜の告白(1944/米)
見処は目撃者が帰ったオフィスでのフレッド・マクマレイエドワード・G・ロビンソンの対決の件。しかし面白い画はここぐらいしかない。 [review]
寒山 (2015年06月24日)
けにろん, 動物園のクマ2019年05月21日[投票(2)]
★5 深夜の告白(1944/米)
自分の不幸をペラペラ喋る女には、大概ろくな奴がいない。
Lycaon (2013年06月02日)
けにろん2019年05月21日[投票(1)]
★3 深夜の告白(1944/米)
ノワールという言葉でくくられる犯罪映画の典型作品。下品なアンクレットや卑しいアイスティーの飲み方など、志操の低い人物類型の行動が、バーバラ・スタンウィックフレッド・マクマレー により見事に描写された。危機を感じた瞬間の警戒の身振りが動物さながらだ。
ジェリー (2010年02月16日)
けにろん2019年05月21日[投票(1)]
★4 深夜の告白(1944/米)
フレッド・マクマレーがなぜ、危険な橋を渡るのかという点の説得力が弱い。バーバラ・スタンウィックとのアレがよほどいいんだろうな。
黒魔羅 (2000年09月23日)
けにろん, 寒山2019年05月21日[投票(2)]
★3 女王陛下のお気に入り(2018/アイルランド=英=米)
蝋燭等の炎だけの照明はいい。撮影のエッセンスは照明と露光だ。画角、構図、移動やズーミングの制御、といった事項以上に、本質は光の扱いと云っていいと思う。しかし、それでも本作の広角レンズの多用にはゲンナリする。 [review]
ゑぎ (2019年05月20日)
ぽんしゅう2019年05月21日[投票(1)]
★3 ブラック・クランズマン(2018/米)
スパイク・リー監督はかなりのお怒りのようです。 [review]
deenity (2019年03月31日)
プロキオン142019年05月21日[投票(1)]
★4 ブラック・クランズマン(2018/米)
最後の最後で本作の印象は一変する。70年代のアメリカの物語であっても、極めて現代的な映画だ。さすがはスパイク・リーと言うべきか。 [review]
シーチキン (2019年05月03日)
プロキオン14, ゑぎ2019年05月21日[投票(2)]
★3 反逆児(1961/日)
だっ誰か、早く錦ちゃんを楽にしてあげてー! ギリシャ悲劇のような運命的で格調高い戦国「嫁vs.姑」地獄絵巻。 兎にも角にも杉村春子。 [review]
AONI (2003年03月18日)
寒山, けにろん2019年05月21日[投票(2)]
★5 万引き家族(2018/日)
拍手を送りたい。 96/100 [review]
たろ (2019年05月21日)
けにろん2019年05月21日[投票(1)]
★4 万引き家族(2018/日)
是枝裕和は自分の考えを言わない人だと思っていた。しかし本作で、彼は「言わない」のでなく「言えない」のだと確信した。正しい・正しくないではなく、疑問を作品に投影する人なのだ、ずっと考える人なのだ。 [review]
jollyjoker (2018年06月04日)
たろ, おーい粗茶, サイモン64, けにろんほか8 名2019年05月21日[投票(8)]
★5 万引き家族(2018/日)
見えない花火大会。家屋のすきまから聞こえる音を楽しむ家族たち。その姿を俯瞰で捉えたショットが秀逸。一家の結びつきの強さと社会からの孤立を見事に表していた。 [review]
capricorn1 (2018年07月04日)
たろ, おーい粗茶, のぶれば, イライザー7ほか9 名2019年05月21日[投票(9)]
★5 キング・コング(1933/米)
この児戯溢れる特撮は極上の完成品であり、発展途上と捉えるのはつまらない。例えばノルシュテインは青年時代に本作に猛烈に憧れたに違いないと思う。 [review]
寒山 (2019年05月19日)
ゑぎ, ぽんしゅう, DSCH2019年05月20日[投票(3)]
★3 女王陛下のお気に入り(2018/アイルランド=英=米)
映像といい、しつこく奏でるクラシック音楽といい、衣装といい凝ってます。広角レンズなんかを多用して、まるで自分が一眼レフを映しているかのようでもあり、3女優の演技合戦など、見どころは多いのだが、、。 [review]
セント (2019年02月18日)
ゑぎ2019年05月20日[投票(1)]
★4 女王陛下のお気に入り(2018/アイルランド=英=米)
宮廷コスチューム・プレイとしてはおそらく申し分のない質に達しているのだろう。当時の人工光源状況に倣って積極的に屋内に暗所を配しつつ、美術と衣裳に贅を尽くしている。かつてのバリー・アクロイドと同様に、このロビー・ライアンケン・ローチ組を離れた途端むやみに凝った画作りを頑張り始める。 [review]
3819695 (2019年02月28日)
ゑぎ, ぽんしゅう, けにろん, イライザー7ほか5 名2019年05月20日[投票(5)]
★3 リバー・ランズ・スルー・イット(1992/米)
10年前にミスコンで優勝した女、川はそこをも流れているのね。
黒魔羅 (2002年04月09日)
IN4MATION, 週一本, きわ, marina2019年05月20日[投票(4)]
★3 マネー・ショート 華麗なる大逆転(2015/米)
コン・ゲーム風の邦題はあかん。
黒魔羅 (2019年05月19日)
ぽんしゅう, けにろん2019年05月20日[投票(2)]
★4 リバー・ランズ・スルー・イット(1992/米)
ノーマン、君は幼い頃父から何度も簡潔な文章を書くように、と添削・指導されてきてるはずだろ? それにしちゃ随分と冗長に語りすぎじゃないかい?笑 尺との対比で鑑みたとき、エピソードの取捨選択が稚拙な印象は受けたがこの点数。胸に刺さる台詞やシーンがいくつか見られた。 [review]
IN4MATION (2019年05月21日)
週一本2019年05月20日[投票(1)]
★4 戦火の勇気(1996/米)
戦後の勇気も大事です。
マッツァ (2002年02月08日)
IN4MATION, セカン2019年05月20日[投票(2)]