コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (3/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)
地獄の黙示録』と怪獣映画と諸々のオタク要素、エヴァとかゲームとかサミュエル・L・ジャクソンの映画史的な立ち位置とかを一緒くたに煮込んで作った闇鍋。味は下品だが、奇跡のバランスで喰える味に。演出もB級感をわきまえて上品な演出一切なし。ピージャック版よりもこっちのほうがいいなぁ。 [review]
すやすや (2017年03月31日)
けにろん2017年04月23日[投票(1)]
★3 みんなのいえ(2001/日)
前半はそれなりにグラインドしてるのだが、中盤以降、大工とデザイナーの話に絞り込んでいった途端に在り来たりとしか言えない展開になっちまう。大体邦衛唐沢にしても余りにタイプキャストで意外性無さすぎ。一方田中八木は新鮮だった。
けにろん (2017年04月23日)
おーい粗茶2017年04月23日[投票(1)]
★5 見知らぬ乗客(1951/米)
画面構成の凄さに驚く。ロバート・ウォーカー、良い役者だなあ。混乱した人格と理論に基づいた行動を上手く両立している。勿論自己のためだけの理論だけど。 [review]
t3b (2004年04月03日)
けにろん, 38196952017年04月23日[投票(2)]
★5 見知らぬ乗客(1951/米)
ブルーノって、きっと、誠実で、潔癖で、真面目で、繊細で、他人の事を親身になって考える、小心者で心優しい「純粋」なヒトなんすよね。そこが怖いの(笑)。
uyo (2002年07月03日)
けにろん, kawa, ガブリエルアン・カットグラ2017年04月23日[投票(3)]
★4 関東無宿(1963/日)
女学生とヤクザ、江戸と東京、性と死。対極のようでいてどこかで通底する取り合わせ。厳粛な様式美とアナーキーな即興。ポップで浪漫的。清順は尻尾を掴ませない。彼は空っぽなのだ。
(2007年07月30日)
寒山2017年04月23日[投票(1)]
★5 見知らぬ乗客(1951/米)
ヒッチコックの凄さ教えます、的な一本。面白く映像で語るテクニックが満載。 [review]
くたー (2001年11月01日)
けにろん, 3819695, uyo, ジャイアント白田2017年04月23日[投票(4)]
★3 見知らぬ乗客(1951/米)
ラストは特撮の醍醐味を味わわせてくれる。遊園地と惨劇という対位法はこの監督ならでは。
ジェリー (2001年02月05日)
けにろん, kawa2017年04月23日[投票(2)]
★3 残酷ドラゴン 血斗!竜門の宿(1967/台湾)
すっきり分かりやすい勧善懲悪の物語はいいのだが、時々「?」マークがちらつく。それを大らかとみるかどうかは別れるところだと思う。あとBGMがいささかうるさい。なんだか西部劇のような雰囲気は好ましい。 [review]
シーチキン (2017年04月08日)
けにろん, ゑぎ2017年04月23日[投票(2)]
★4 サイン(2002/米)
シャマランヒッチコックの追従者、或いはどんでんミステリの語り部と考えるからおかしな話になるのであって、ロッド・サーリングの再来と考えれば腹も立つまい。そしてオレはヒッチコック以上にロッド・サーリングが好きなのだ。 [review]
ペンクロフ (2006年11月02日)
濡れ鼠, pom curuze, 大魔人, モノリス砥石ほか7 名2017年04月23日[投票(7)]
★3 アルゴ(2012/米)
最後の方で急に冷めたなあ。 [review]
カルヤ (2013年10月19日)
アリ探し, capricorn1, 山ちゃん, tkcrowsほか7 名2017年04月22日[投票(7)]
★3 アルゴ(2012/米)
全編を通して丁寧かつ落ち着いた演出で、悪い言い方をすれば、置きに行っている。そしてちゃんと置けている。佳作。 [review]
Lostie (2013年04月11日)
アリ探し, るぱぱ, マカロン, YO--CHANほか6 名2017年04月22日[投票(6)]
★4 わたしは、ダニエル・ブレイク(2016/英=仏=ベルギー)
19世紀に始まった資本家と労働者という左右の対立軸は、イデオロギー闘争の終焉とともに希薄化され、21世紀の今、合理性というとりあえずの正論のもと、国家と市民という上下の合意軸を模索して、波間の喫水線のように揺れ動く。血のかよった政策や制度って・・ [review]
ぽんしゅう (2017年04月11日)
けにろん, 寒山2017年04月22日[投票(2)]
★4 わたしは、ダニエル・ブレイク(2016/英=仏=ベルギー)
「弱者に手を差し伸べる」なんていう上から目線はダメだということはローチ先生わかってらっしゃる。「それ、おかしいだろ!」という、単に「救おう」というのではないもっと大きな視点が大好きです。 [review]
jollyjoker (2017年04月11日)
けにろん, シーチキン, 3819695, ぽんしゅう2017年04月22日[投票(4)]
★4 わたしは、ダニエル・ブレイク(2016/英=仏=ベルギー)
ケン・ローチの不条理(マヌケ)行政もの。まだ撮らんならんのかいと静かに怒っている。 [review]
寒山 (2017年04月04日)
けにろん, jollyjoker, 38196952017年04月22日[投票(3)]
★4 わたしは、ダニエル・ブレイク(2016/英=仏=ベルギー)
主旨主義的観客による過大評価と、作品が叩きつける露骨な主旨の強さに目を曇らされまいとするあまり、却って映画の豊かさを享け損ねた視聴覚主義的観客による過小評価に引き裂かれ続けてきたケン・ローチのフィルモグラフィにあって、これは(少なくとも私にとって)『ケス』に次いで重要重大な映画だ。 [review]
3819695 (2017年03月25日)
けにろん, ぽんしゅう, jollyjoker, 寒山2017年04月22日[投票(4)]
★4 わたしは、ダニエル・ブレイク(2016/英=仏=ベルギー)
なかなかに骨太で硬派な映画。淡々と描く物語にはリアリティがあふれ、こんな現実でいいのかという鮮烈なメッセージが伝わる。 [review]
シーチキン (2017年03月25日)
けにろん, jollyjoker, 寒山2017年04月22日[投票(3)]
★4 シング(2016/米)
吹替です。吹替でも十分たのしめます。下手なライブとか行くよりもいろんな曲楽しめるからオススメ。 [review]
deenity (2017年04月16日)
サイモン64, カルヤ2017年04月22日[投票(2)]
★4 トレインスポッティング(1996/英)
この映像が革新的とか云われると「ちょっと違うんではないかい」と思ってしまうが、映像がとても面白いのは確か。天井を這う赤ん坊には笑ってしまいました。これはどう見てもファンタジーであり、とてもよくできた活劇でもあるのだ。この映画の活劇性はロバート・カーライルの面構えに拠るところ大。
ゑぎ (2002年06月03日)
緑雨2017年04月22日[投票(1)]
★2 ゼロ・ダーク・サーティ(2012/米)
映画を殺した者への、映画による復讐 [review]
Orpheus (2013年07月18日)
ロープブレーク, ぽんしゅう, のこのこ, kiruaほか8 名2017年04月22日[投票(8)]
★4 喜劇 特出しヒモ天国(1975/日)
なんだか凄いモノを観てしまったという感じ。最初から最後までゴチャゴチャしていてテーマの定まらないことこの上ないが、理屈ではない昂揚感が森崎東の映画にはある。東映で撮った本作も、目が離せない面白さ。
太陽と戦慄 (2006年05月31日)
寒山, 味噌漬の味2017年04月22日[投票(2)]