コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (8/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 アメリ(2001/仏)
久しぶりに観返してみて、緑と赤がここまで映えていた作品だったのかと感嘆。タイプは異なるが色使いでは小津作品を想起。カメラにもところどころハッとさせられる。上下移動が印象的に使われるが、映像的に面白いだけでなく人物の躍動感も一緒に伝えてくるのがユニーク。 [review]
irodori (2021年03月30日)
けにろん2021年03月31日[投票(1)]
★4 アルプススタンドのはしの方(2020/日)
ステージを見つめる観客達の物語、という構成は私にはアリだったが、一緒に視た10代にはエラく退屈だったようだ。どうやら青春を遠くから眺めるオジさんの物語なのかも知れない。それでも☆3.8点。
死ぬまでシネマ (2021年03月31日)
ぽんしゅう2021年03月31日[投票(1)]
★4 アメリ(2001/仏)
ITバブルが弾け散った2001年暮れ。おしゃれな街の小さな劇場に、めったに映画など観に行かない明るい自閉娘たちが大挙して押しかけた珍事は、この年の初めに首相になった小泉純一郎を、めったに選挙に行かないお調子者たちが妄信的に支持したバカ騒ぎに似ていた。 [review]
ぽんしゅう (2015年07月30日)
irodori, づん, けにろん, サイモン642021年03月30日[投票(4)]
★5 アメリ(2001/仏)
お姫さまより魔法使いにあこがれる女の子は、きっと皆が思っているよりたくさんいるんじゃないかな?(私もその一人ぢゃ!) [review]
はしぼそがらす (2002年01月14日)
irodori, りかちゅ, mimiうさぎ, Pino☆ほか9 名2021年03月30日[投票(9)]
★4 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002/米)
必死に生きてきた、その方法がたまたま詐欺師だった。ピカレスクなビルドゥンクス・ロマン。 [review]
G31 (2021年03月29日)
けにろん2021年03月30日[投票(1)]
★4 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002/米)
つかまえられるもんならつかまえてみな! が [review]
peacefullife (2003年08月25日)
G312021年03月29日[投票(1)]
★5 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002/米)
肩の力抜いて作ったようで、実にいい作品に仕上がった。ディカプリオまだまだ10代の役出来るんだ。すごい。意外と上手いのかも。ハンクスも今回は外に出さないいい演技。うまいわ。終わって、映画館の外を出るとさわやかな風。気持ち良い。画面も小さいのは計算してるね。秀作。 [review]
セント (2003年08月14日)
G31, ペパーミント, ゼロゼロUFO, あき♪ほか10 名2021年03月29日[投票(10)]
★3 喜劇 陽気な未亡人(1964/日)
フランキーの9役や岡崎宏三の特殊光学撮影を遥かに凌ぐ水谷良重池内淳子(ジーパン)の尻の演技のインパクト。酔っ払った望月優子の本音トークにも爆笑。
町田 (2003年11月11日)
寒山拾得2021年03月29日[投票(1)]
★4 藁にもすがる獣たち(2020/韓国)
世界が狭く底浅のきらいは拭い難いが、それでもチョン・ドヨンの造形するファムファタールがアジア的世帯臭と剣呑を帯びて出色だ。金策に窮する男たちのヒリヒリした鬩ぎ合いを尻目に鮫は脇目も振らずに回遊する。時制の錯綜が意味を持っているのもいい。
けにろん (2021年03月27日)
セント2021年03月29日[投票(1)]
★3 私の頭の中の消しゴム(2004/韓国)
アルツハイマー病を不幸を盛り上げるための一要素として使っているのが見え見えな感じで、その要素がなければ、幸せ街道まっしぐらのいちゃつきカップルのおのろけ映画にしか見えない。 [review]
わっこ (2007年02月14日)
ぱーこ, りかちゅ2021年03月29日[投票(2)]
★2 アニー・ホール(1977/米)
ユダヤ系ニューヨーカーが自分達を皮肉り、笑い、自分達だけで笑っている。そしてユダヤ系が高く評価し、オスカーまで獲得してしまった。それだけの映画。
地球発 (2004年11月20日)
ありたかずひろ, 直人2021年03月29日[投票(2)]
★3 海よりもまだ深く(2016/日)
ベストセラー作家になってたら全ては解決してたのだろう。母親も団地から呼び寄せ、都心に邸宅を構え奥さんとも別れずに。(2021/03/27/NKC) [review]
USIU (2021年03月28日)
けにろん2021年03月29日[投票(1)]
★4 浮雲(1955/日)
ダメ男とダメ女。片方がちゃんとしてれば逆に不成立。これも人生。名作。☆4.6点。 [review]
死ぬまでシネマ (2021年03月31日)
けにろん, 寒山拾得2021年03月29日[投票(2)]
★4 男性の好きなスポーツ(1964/米)
主人公が迷惑女に振り回されながらも恋に発展していく『赤ちゃん教育』の変奏とも言うべきラブコメだが、こちらは鮮やかなカラー映像が魅力的。室内のセットがとても洒落ている。軽妙な会話が楽しく釣りのシーンでのロック・ハドソンの悪戦苦闘が笑える。 [review]
太陽と戦慄 (2021年03月26日)
ゑぎ2021年03月29日[投票(1)]
★3 コリーニ事件(2019/独)
被害者の孫娘の台詞、「祖父がいなければあんた今頃ケバブ屋の店員よ」はとても酷い。世話になったんだからケツの穴を舐めろと言っておるのだ。負の連鎖で紡がれる歴史の悲惨を、思いっきり卑近な台詞に変換して象徴させている。立派だ。 [review]
ペンクロフ (2020年08月02日)
jollyjoker, シーチキン2021年03月28日[投票(2)]
★4 浮雲(1955/日)
映画は近松だが小説はモーリアック。小説のほうが断然優れている(含原作のネタバレ)。 [review]
寒山拾得 (2018年12月22日)
死ぬまでシネマ, ぱーこ, 3819695, けにろん2021年03月28日[投票(4)]
★4 浮雲(1955/日)
男「今日泊まってもいいかい?」 女「泊まるつもりで来たんじゃないの?」 男「ああ。」 女→ [review]
muffler&silencer[消音装置] (2001年10月18日)
死ぬまでシネマ, ぱーこ, 寒山拾得, けにろんほか11 名2021年03月28日[投票(11)]
★5 浮雲(1955/日)
伊香保の階段は天国に続くのか地獄に続くのか? [review]
(2002年04月12日)
死ぬまでシネマ, 太陽と戦慄, けにろん, ジェリーほか5 名2021年03月28日[投票(5)]
★3 まともじゃないのは君も一緒(2020/日)
勿論、清原果耶成田凌とのやりとりが、とても面白く、2人が歩きながら会話するのを、正面から手持の後退移動で撮った長回しなんかが、目に焼き付くのだが、いや、私はそれにも増して、泉里香と成田のシーンの間がいいと思った。 [review]
ゑぎ (2021年03月24日)
シーチキン2021年03月27日[投票(1)]
★3 藁にもすがる獣たち(2020/韓国)
主に3つの話がパラレルに進みながら、途中で交わり、終盤カオスに発展し、ラストは意外な収束を見せる、といったプロット展開の映画だが、設定も展開も、序盤中盤は、ちょっとありきたりな感が否めない。 [review]
ゑぎ (2021年03月24日)
けにろん2021年03月27日[投票(1)]