コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (4/20)

コメント推薦者最新投票日
★2 ゼロ・ダーク・サーティ(2012/米)
映画を殺した者への、映画による復讐 [review]
Orpheus (2013年07月18日)
ロープブレーク, ぽんしゅう, のこのこ, kiruaほか8 名2017年04月22日[投票(8)]
★4 喜劇 特出しヒモ天国(1975/日)
なんだか凄いモノを観てしまったという感じ。最初から最後までゴチャゴチャしていてテーマの定まらないことこの上ないが、理屈ではない昂揚感が森崎東の映画にはある。東映で撮った本作も、目が離せない面白さ。
太陽と戦慄 (2006年05月31日)
寒山, 味噌漬の味2017年04月22日[投票(2)]
★4 近頃なぜかチャールストン(1981/日)
殿山泰司がハチマキを巻こうとするシーン、しょうもなさすぎて爆笑!しかし、あれは殿山以外の役者がやっても全然面白くないだろうとは思う。
太陽と戦慄 (2005年06月06日)
寒山2017年04月22日[投票(1)]
★4 近頃なぜかチャールストン(1981/日)
こういった社会派喜劇は邦画界にとって存在価値がある。閣僚たちがちゃぶ台を囲んで飯を食い、酒を飲みながら、国家を語る。ナンセンスな作品だけれども、最後まで見入ってしまう。面白い。
リヤン (2007年10月12日)
寒山2017年04月22日[投票(1)]
★4 近頃なぜかチャールストン(1981/日)
これは非常に面白かった。公開当時はえらい新人が登場したと思った。なんせ主演のみならず、このオモロイ映画の共同脚本を岡本喜八と務めていたのだから。 [review]
ゑぎ (2003年01月06日)
寒山2017年04月22日[投票(1)]
★2 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995/日)
猥雑、細部偏愛、パラレル感、メカへの湿度が高いフェチズムなど、士郎正宗ならではのスタイルが跡形もないので、たんに「アイディア」を説明されているとしか思えなかった。
エピキュリアン (2001年08月28日)
Orpheus, ロープブレーク, Lunch, ヒエロほか8 名2017年04月22日[投票(8)]
★3 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995/日)
感情移入で世界を理解しろ [review]
ペンクロフ (2011年08月01日)
Orpheus, ロープブレーク, ヒエロ, イリューダほか6 名2017年04月22日[投票(6)]
★4 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995/日)
冒頭のレーダー?のシーンに、「情報」の本質についてのある重要なメッセージが隠されていると見た。深読みし過ぎだろうか…? [review]
ガブリエルアン・カットグラ (2002年02月07日)
Orpheus, モノリス砥石, ゼロゼロUFO, いくけんほか9 名2017年04月22日[投票(9)]
★4 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995/日)
戦後の日本人が直面した問いは大きく二つある。一つは言うまでもなく「我々にとって『ゴジラ』とは何か?」であるが、もう一つは「サイボーグとは何か?」ということである。日本人は何故こんなにサイボーグが好きなんだ? [review]
ジョー・チップ (2004年02月25日)
Orpheus, FreeSize, 荒馬大介, movableinfernoほか9 名2017年04月22日[投票(9)]
★4 ゴースト・イン・ザ・シェル(2017/米)
もしや、「仮想現実ネタ」のすごさを描くには、「映画」は不向きなのかもと思った。なにしろ「映画」自体が(極めて不完全にせよ)既に仮想現実なのだから・・・ [review]
YO--CHAN (2017年04月05日)
Orpheus, Walden, おーい粗茶, サイモン642017年04月22日[投票(4)]
★4 ゴースト・イン・ザ・シェル(2017/米)
オリジナルへの敬意を誰よりも演出家がわかっているというつまらなさ。 [review]
おーい粗茶 (2017年04月15日)
Orpheus, YO--CHAN, 月魚, 濡れ鼠2017年04月22日[投票(4)]
★4 イノセンス(2004/日)
愛するという行為の対象の実体は何かについて。 [review]
ロープブレーク (2017年04月23日)
Orpheus2017年04月22日[投票(1)]
★2 イノセンス(2004/日)
映画の意味は皆目わからなかったけど、お陰で四谷シモン人形館に出向くいい機会にはなった。バトーのモデルとなったシモンの2000年作『Man』には魅せられた。
IN4MATION (2004年11月26日)
ロープブレーク2017年04月22日[投票(1)]
★2 イノセンス(2004/日)
前作では素っ裸の女性の「穴」も「毛」も描けず、本作では人形相手に射精するシーンすら描けなかった。この監督さんってもしかして危なくねぇか?秋葉原にリアルドール相手の風俗店が集中している理由が理解できます。 [review]
sawa:38 (2008年08月18日)
ロープブレーク, けにろん, サイモン642017年04月22日[投票(3)]
★2 イノセンス(2004/日)
あんな気色悪い人形、誰が抱くんだよ。 [review]
ペンクロフ (2004年03月30日)
ロープブレーク, 赤い戦車, , Lostieほか36 名2017年04月22日[投票(36)]
★3 イノセンス(2004/日)
虚像が泣くのは実像が泣くからだ。それが鏡だ。虚像の涙を見せられつつ、実像が泣いていないかのように見せられたって、信じられるわけがない。 [review]
kiona (2004年03月22日)
ロープブレーク, , 奈良鹿男, 平敦司ほか21 名2017年04月22日[投票(21)]
★4 イノセンス(2004/日)
支配欲? 2004年3月29日劇場鑑賞(★3に近い) [review]
ねこすけ (2004年03月29日)
ロープブレーク2017年04月22日[投票(1)]
★4 イノセンス(2004/日)
深いような浅いような。 [review]
Walden (2005年05月04日)
ロープブレーク, ina, けにろん2017年04月22日[投票(3)]
★4 イノセンス(2004/日)
四谷シモン、恋月姫、千之ナイフ、香愁、押井守。脳内カテゴリー<人形好き>にさっくりハマる。 [review]
ホッチkiss (2004年03月21日)
ロープブレーク, IN4MATION, 水那岐, 甘崎庵2017年04月22日[投票(4)]
★5 恋恋風塵(1987/台湾)
計算も多少はあるのだろうが清冽な映像は確かに見たことのない域に達している。ストーリーと直に連携しない風景(野外上映のスクリーンに代表される)のフレームの切り方が巧く、そういうカットが計算外に意味を醸し出すのは見物。
けにろん (2002年05月11日)
寛田宗純, ペペロンチーノ, ハム, ina2017年04月22日[投票(4)]