コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (4/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 牛泥棒(1943/米)
本作の素晴らしさを語るには、まずそのラストシーンから入っていかねばなるまい。 [review]
ナム太郎 (2017年03月23日)
ゑぎ2017年03月24日[投票(1)]
★5 ローマの休日(1953/米)
私の母はオードリーと同い年。それだけで関係者になった気分。ラストの記者会見のシーン、、 [review]
べーたん (2002年04月17日)
なつめ, わわ, ゲロッパ, ebiほか13 名2017年03月24日[投票(13)]
★4 アメリカン・ビューティー(1999/米)
全員が主役になり得るのにお父さん中心になっちまった。時間軸ずらしても一人一人の小話にして最後の場面に向かう方が面白かったかも。 [review]
torinoshield (2002年01月27日)
ぽんしゅう, おーい粗茶, 水那岐, ミュージカラー★梨音令嬢ほか9 名2017年03月24日[投票(9)]
★5 アメリカン・ビューティー(1999/米)
美しいことを装い、美しさを求める。全ての登場人物が… [review]
ガム (2002年01月27日)
ぽんしゅう, けにろん, Myurakz, sawa:382017年03月24日[投票(4)]
★5 アメリカン・ビューティー(1999/米)
面白うて、やがて悲しき。「こんな映画、一番怖い映画言いますね。人間の心理描いて怖かったですねー。はい、それでは、さよなら、さよなら、 さよなら。」 [review]
mfjt (2002年01月06日)
ぽんしゅう, 週一本, Myurakz, Shrewd Fellowほか5 名2017年03月24日[投票(5)]
★4 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015/英=南アフリカ)
時代の進歩は恐ろしいものだ。どれだけ時代が進んだとしても、コンピュータにはない心というものを人は忘れてはならない。 [review]
deenity (2017年02月11日)
プロキオン142017年03月23日[投票(1)]
★3 ハドソン川の奇跡(2016/米)
エンドロールを抜くと、着水の回想を2回も入れても88分。見所も多いのだが、ドラマ面に至っては物足りない。とってつけたような家族ドラマもなんだかなぁ…。72/100
たろ (2017年03月22日)
濡れ鼠2017年03月22日[投票(1)]
★4 6才のボクが、大人になるまで。(2014/米)
奇跡は誰にでも一度おきる だが おきたことには誰も気がつかない (漫画「わたしは真悟」より引用) [review]
ペンクロフ (2017年03月21日)
けにろん, 緑雨, 38196952017年03月22日[投票(3)]
★5 牛泥棒(1943/米)
ファーストカットからこの映画が力に満ちた傑作であることを確信する。ウィリアム・A・ウェルマンらしい小刻みな前進後退移動で丹念に緊張感を盛り上げるが、特に冒頭の自警団を組織する過程で観客を完全に映画の世界へ引き込んでしまう。 [review]
ゑぎ (2004年06月05日)
ナム太郎, Sigenoriyuki, shiono, 甘崎庵2017年03月22日[投票(4)]
★2 ジョジョの奇妙な冒険 ファントム・ブラッド(2007/日)
貧弱!貧弱!貧弱!音でごまかそうとしても無駄無駄無駄!
ぱーこ (2007年02月25日)
ユリノキマリ2017年03月22日[投票(1)]
★5 よく知りもしないくせに(2009/韓国)
面白い!コメディ要素を前面に押し出したロメール、といった感じ。ロメールはオシャレだけどこちらはちょっとダサい。そしてグダグダ。そこが良い。意味のわからないズームインが多用されているが、そこがまた妙に滑稽味を出していて面白い。
味噌漬の味 (2013年06月09日)
濡れ鼠2017年03月22日[投票(1)]
★5 夕陽のギャングたち(1971/伊)
最初はジョン&ジョンでションションション♪♪俺もファンファンなんて気分だった [review]
週一本 (2017年03月20日)
38196952017年03月22日[投票(1)]
★3 三文役者(2000/日)
それなりに巧妙な竹中泰司芸ではあるが素でシンクロしたと思わせる瞬間が確かにあったように思える。波乱万丈とまではいかぬ泰ちゃん人生にセットやメイクに拘泥せぬ緩い新藤イズムで対し自身の作品中心の展開でも手前味噌感が無いのは人徳か。
けにろん (2015年10月22日)
寒山2017年03月21日[投票(1)]
★3 三文役者(2000/日)
町中でパンツ一丁になって嫁さんにすがりつくその姿に、殿山泰司ではなく、竹中直人の役者魂を見ました。 [review]
甘崎庵 (2002年04月06日)
寒山, tkcrows2017年03月21日[投票(2)]
★5 三文役者(2000/日)
脇役専門、演技は下手な部類、出番は30秒のときもある。にも関わらずみんな殿山泰司のことを知っているのは何故だろう。その答えがこの作品にある。泰ちゃんをいつまでも忘れないための、映画人と映画ファンのための映画。 [review]
tkcrows (2004年10月19日)
寒山, けにろん, 水那岐2017年03月21日[投票(3)]
★5 6才のボクが、大人になるまで。(2014/米)
一瞬を逃すなと人はいうけれど、一瞬こそが「すべて」なのだ、と劇中で語らる。その「すべて」の蓄積こそが時間であり、人生であり、歴史であるということ。「その時」を12年間記録し続け、ドラマを創作することによって時間そのものの映像化を試みるという野望。 [review]
ぽんしゅう (2014年12月29日)
ペンクロフ, カルヤ, セント, deenityほか6 名2017年03月21日[投票(6)]
★4 虹をつかむ男(1996/日)
土曜名画座実行委員になりたい・・・ [review]
RED DANCER (2002年07月26日)
寒山2017年03月21日[投票(1)]
★3 マネー・ショート 華麗なる大逆転(2015/米)
この映画はマイケル・ルイスの著作が原作だが、映画は原作に書かれている細部が省略されている。映画を観る前に本を読むのがお勧めだ。経済学が判るほうが勿論理解には良い。 [review]
t3b (2017年03月20日)
ぽんしゅう, けにろん2017年03月21日[投票(2)]
★2 許されざる者(1959/米)
ちょっと変質的な母親役をリリアン・ギッシュが好演。オードリーはいつも以上に美しく、J・ヒューストンのロングショットも悪くない。が物語は原作通りか、脚本段階で変えられたものか? [review]
KEI (2015年02月08日)
Myrath, ぽんしゅう2017年03月21日[投票(2)]
★5 ちはやふる 下の句(2016/日)
結論としてはキラキラした青春ドラマが上下セットで堪能出来た。 [review]
HILO (2017年03月20日)
サイモン642017年03月21日[投票(1)]