コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (7/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 エネミー・オブ・アメリカ(1998/米)
「合衆国の敵 Enemy of the State」とは皮肉を込めたタイトルだ。 結局、誰を「敵」とするか決めるのは誰なのかという問題。
june (2002年06月28日)
たろ, tkcrows, ゾラゾーラ, ナッシュ132019年07月08日[投票(4)]
★5 君の名は。(2016/日)
この映画は、運命の作られ方。を映画化したものだ。(追記しました) [review]
ALOHA (2019年07月08日)
HILO, クワドラAS, リア, Orpheusほか5 名2019年07月08日[投票(5)]
★3 モンタナの風に抱かれて(1998/米)
馬も人妻も癒すレッドフォード。動物モノかと思って観たら不倫モノだった。
あすらん (2000年11月23日)
ALOHA, カフカのすあま, アリ探し2019年07月08日[投票(3)]
★3 モンタナの風に抱かれて(1998/米)
馬の治療はほとんど描かれないのに、延ばしに延ばした3時間という語り口の長さで「すべては時が解決するのだ!」となんとなく了解させられてしまう「我慢」の中年恋愛映画。まだまだ元気な63歳、レッドフォードの色恋ざたにかける未練に、二枚目俳優の業をみる。
ぽんしゅう (2013年11月26日)
ALOHA, jollyjoker2019年07月08日[投票(2)]
★4 孤高のメス(2010/日)
ありがとう。君は素晴らしいナースでした。 [review]
ナム太郎 (2011年06月09日)
たろ, けにろん, セント, tkcrows2019年07月08日[投票(4)]
★4 孤高のメス(2010/日)
この映画、単なるブラックジャック医師の孤高性を表現してもそれなりの評価しか出ない。そこで、ある看護師の日記を通して、心を伝える告白として愛を描くことで広がりのあるいい映画となっている。 [review]
セント (2010年06月16日)
たろ, まー, ナム太郎, tkcrowsほか8 名2019年07月08日[投票(8)]
★5 孤高のメス(2010/日)
それぞれが自分の出来る事を、出来る限り果たす、という事を示した。☆4.8点。 [review]
死ぬまでシネマ (2010年06月30日)
たろ, Osuone.B.Gloss, tkcrows, けにろん2019年07月08日[投票(4)]
★5 孤高のメス(2010/日)
脳死肝移植の命題に患者救済の絶対信念に忠実な医師を配しただけでは作劇は完遂しない。夏川の設定の何たる慎みと真摯。切ないまでの想いは、やがて今1人のの想いとシンクロする。石井映画の2人の「名美」の対峙。その霧の屋上での詠嘆。
けにろん (2010年06月16日)
たろ, まー, tkcrows, ぽんしゅうほか5 名2019年07月08日[投票(5)]
★4 心と体と(2017/ハンガリー)
夢診断的な形而上世界が遠のき中学生レベルの何の捻りもないド直球妄想話が現れるのだが、滋味ある鹿の無垢な眼差しが邪念を吹き払う。傍系人物群のダメっぷりも愛すべきだが、彼女のマグロなのに充ち足りた表情がスローピストンと同期し幸福感を現出させる。
けにろん (2018年05月20日)
週一本, pinkmoon, jollyjoker, ぽんしゅうほか5 名2019年07月08日[投票(5)]
★4 ハイジ アルプスの物語(2015/スイス=独)
ハイジに、おんじに、ペーターに、クララに、ロッテンマイヤーさんに、セバスチャン。お馴染みの面々が揃っているだけで、満足です。 [review]
プロキオン14 (2018年07月13日)
jollyjoker2019年07月08日[投票(1)]
★4 ハイジ アルプスの物語(2015/スイス=独)
なんというか「アニメの実写化としてだけでなく映画としても最高の出来。これほど素晴らしい実写化が海外で行われてしまったことについて全ての国内映画人は反省せよ!」って錯乱するくらいカルピス世界名作劇場。
月魚 (2019年07月07日)
jollyjoker2019年07月08日[投票(1)]
★3 ザ・リング(2002/米)
アメリカでは評価が高い。興行収入も大成功。それはやはり、日本的な恐怖への免疫が無いからだろうか。確かにハリウッド的な出来(描写)だと言える。しかしその恐怖の本質を辿ってみるといかにも日本的で気味悪い余韻を感じることが出来る。 [review]
ナッシュ13 (2004年10月09日)
サイモン64, わっこ, リア2019年07月08日[投票(3)]
★4 億万長者(1954/日)
映画公開の1954年は米国の統治から解放されて2年、朝鮮戦争特需の余韻に浸っていたころで、さらに2年後には「もはや戦後ではない」と経済白書に書かれた時期。だから税金払えない人の言い訳も、払わない奴ら居直りも、どこか明るく力強いのかなって感じました。 [review]
ぽんしゅう (2019年07月18日)
寒山2019年07月08日[投票(1)]
★1 僕の彼女は魔法使い(2019/日)
もういい大人なのだから、清水富美加 はキャピキャピした演技など強要されても「過去に捨てた」と言い放っていただきたい。大人としての演技力こそを伸ばすべき時だ。以後はどうでもいいが映画の内容について。 [review]
水那岐 (2019年07月07日)
寒山2019年07月08日[投票(1)]
★4 新聞記者(2019/日)
時の政権下で起きた生々しい出来事を巧みにとり入れた、良くできたポリティカルサスペンス。最終盤での不安と緊張感を感じさせるシーンには見応えがあった。また 松坂桃李は好演している。 [review]
シーチキン (2019年07月07日)
jollyjoker2019年07月07日[投票(1)]
★3 新聞記者(2019/日)
サスペンスドラマとしては起伏のない凡庸な作品だった。権力による「あったものを無かった事に」(揉み消し)「無いことあった事に」(捏造)これを実際の事件に照らし合わせストレートに描いているが、こっちとしては既に知っている事ばかりだったし、何かプラスαを観たかった。 [review]
クワドラAS (2019年07月11日)
シーチキン, ぽんしゅう2019年07月07日[投票(2)]
★4 億万長者(1954/日)
この頃の市川崑のブラックユーモア溢れる風刺コメディは、鬼気迫るほどの不気味さと勢いがあって面白い。今、こんなのが新作で現れたらたまげるな。橋田脚本並のセリフの多さなのに、喋るスピードはおよそ2倍。['07.3.6DVD] [review]
直人 (2007年03月06日)
ぽんしゅう2019年07月07日[投票(1)]
★5 億万長者(1954/日)
とんでもない政治パロディで、ひたすらその密着度において優れており、笑うに笑えない。 [review]
寒山 (2019年03月02日)
ぽんしゅう2019年07月07日[投票(1)]
★4 ザ・リング(2002/米)
霊的・怨念的な恐ろしさは貞子のほうが圧倒的に上とみた。こちらは丁寧なストーリーテリングで親切かつ完成度高し。日米比較鑑賞楽しくて良し。
MUCUN (2003年04月07日)
サイモン64, 小紫, coomin, 茅ヶ崎まゆ子ほか6 名2019年07月07日[投票(6)]
★4 素晴らしき日曜日(1947/日)
まず中北千枝子が丸いのに驚くが、各シーンのパンチ力も相当なものだ。ボロアパートの主人や浮浪児の不気味さ。「夢の喫茶店」小芝居の気恥ずかしさ。物語展開の躁鬱と屋外/屋内空間の開放/閉塞性が必ずしも完全に同調しないあたりにむしろ巧みさを感じる。そして何より、題名を反語に終わらせない逞しさときたら!
3819695 (2009年05月17日)
寒山2019年07月07日[投票(1)]