コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (7/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015/米)
冒険少女を体現するレイ(デイジー・リドリー)の成長譚が楽しみな新シリーズ。 [review]
おーい粗茶 (2015年12月24日)
ロープブレーク, カルヤ, tredair, ゆーこ and One thingほか5 名2017年09月10日[投票(5)]
★5 スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015/米)
エピソード4の正しい続編!そうだよ!これが観たかったんだよ!1〜3、なんなら5も6もなかったことにしよう!J・Jエイブラムスに感謝!両手で握手してブンブンやりながら「ありがとう」っ言いたい!(2016.1.4思いつきを追記) [review]
月魚 (2016年01月04日)
ロープブレーク2017年09月10日[投票(1)]
★5 猟奇的な彼女(2001/韓国)
なんだこのナヨナヨとしたお兄ちゃんはー!が、いつの間にかすっごく良い味を出している事に気付く。それは”彼女”のお陰でもあるのだけれど。 [review]
marina (2003年10月06日)
べーたん, Pino☆, リア, 24ほか17 名2017年09月10日[投票(17)]
★5 猟奇的な彼女(2001/韓国)
この映画は、是非、二回観て欲しい。「好きってイタイ!?」――二度目の「イタイ」はもっと沁みるよ。(03.02.08@シネリーブル神戸) [review]
movableinferno (2004年02月25日)
べーたん, リア, 死ぬまでシネマ, starchildほか20 名2017年09月10日[投票(20)]
★3 映画 聲の形(2016/日)
声を失った人間の内面に言及が少ないのは、台詞に依存してキャラの感情を説明しようとするロジカルな態度の証左なのだろう。 [review]
disjunctive (2017年09月09日)
ペンクロフ, けにろん2017年09月10日[投票(2)]
★3 ラ・ラ・ランド(2016/米)
エマ・ストーンが挫折した女優志望者をやる茶番が業界人のオナニーになりそうなところをギリギリでとどまる。事件のたびに、天然隈取りのような、肥大化したあの顔貌の諸パーツが福笑いのようにバラバラになりはしないかと、戦慄が走り続けるのである。
disjunctive (2017年09月09日)
ぽんしゅう, ゑぎ, けにろん2017年09月10日[投票(3)]
★4 ローサは密告された(2016/フィリピン)
この光景が主役だ。何でもいいけど、例えば『ブレードランナー』冒頭の屋台など、これからは本作のパロディに見えるようになるだろう。この際製作の時系列は関係がない。 [review]
寒山 (2017年09月08日)
ゑぎ, けにろん2017年09月10日[投票(2)]
★4 ベイビー・ドライバー(2017/米)
こういうジャンルは初めてだ。カーチェイスとミュージカルの見事なコラボ!ノリノリでテンション上げ上げ! [review]
deenity (2017年09月09日)
ゑぎ2017年09月10日[投票(1)]
★4 ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013/米)
アメリカ人の立志伝映画っちゅうのは、アメリカは不道徳は金や成功と相対化される国なのだと教えてくれる。日本もそれはそうなんだけど、後ろめたさの皆無さが宗教の違いだなーと。日本で似たような映画作ってもどこかに嘘くささか貧乏くささのどっちかが出ちゃうんだろうな。 [review]
ロープブレーク (2017年09月09日)
けにろん2017年09月09日[投票(1)]
★4 映画 聲の形(2016/日)
障害を描くに呵責ない攻撃性を内包し観る者に己の加虐性と向き合うことを強いる。彼女の「声」こそこの映画の決意。だがその決意は主人王のディスコミュ復権話にすり替えられえる。キャラ付けは女子3名は多面性を備えているが男たちは悲しいくらいに形骸的。
けにろん (2017年02月02日)
disjunctive2017年09月09日[投票(1)]
★5 君の名は。(2016/日)
大筋はベタの王道行っているのかもしれないが、見知らぬ者同士が簡単に出会えるようになった現代社会で、その二人を切り裂く「大障壁」への運び方が実に巧み。そして、襖(田舎情景)の開閉シーン、電車扉(都会情景)の開閉シーン、という類似的なメタファー演出にも惹かれた。今のアニメは実写よりも映画的演出に長けているかも。
青二才 (2016年09月30日)
脚がグンバツの男, ALOHA, ゑぎ, Orpheusほか5 名2017年09月09日[投票(5)]
★3 深夜食堂(2014/日)
常連が集まる小さな店には、ほどよい「小さな話」が道理なのだが、小ネタだけでは映画を支えきれないのも必然。そこで持ち込んだのだろう震災ネタは類型的で底浅く、むしろ骨壺ネタをブレイクさせて消化不良ぎみの田中裕子の怪演に落とし前をつけて欲しかった。
ぽんしゅう (2015年03月30日)
水那岐, Pino☆2017年09月08日[投票(2)]
★3 執炎(1964/日)
愛が嵩じて妄執に至る熾烈を描いてるのだが、恋の形成過程が生半可で違和感が付きまとう。大して意味成さない山と海の集落分断や渓谷に架橋された鉄道は記号として何かを提示するに至らず趣向に留まる。パラノイア展開が収斂すべき「脚」だが赤紙で雲散した。
けにろん (2017年09月06日)
水那岐2017年09月08日[投票(1)]
★4 破局(1950/米)
これは矢張り、最良のマイケル・カーティスかも知れない。カーティスらしいディゾルブによるキビキビとした短いカット繋ぎが、特に後半のサスペンス場面を用意する部分で実に奏功している。しかもディゾルブなので、ある種の悲痛な情感も創出されており、見ていて胸が痛くなるような感覚がある。 [review]
ゑぎ (2017年09月08日)
濡れ鼠2017年09月08日[投票(1)]
★5 ローサは密告された(2016/フィリピン)
貧困と犯罪と堕落のカオスの中でも人は足掻いて生きるしかない。だが、腹括ってみても一寸先は闇なのだ。それでも映画は一縷の希望を提示する。露光計算の行き届いた闇と状況を深化させる長回し&ピン送り。難事を切り抜けた彼女の目に映る過ぎし追憶は万感。
けにろん (2017年09月06日)
セント, 寒山2017年09月08日[投票(2)]
★5 銀河鉄道の夜(1985/日)
美しい、本当に美しい映画(reviewネタバレあり) [review]
月魚 (2001年05月15日)
DSCH2017年09月08日[投票(1)]
★5 銀河鉄道の夜(1985/日)
内容が難解な子供向け作品というのが、なぜか私は大好きなんです。
S.R.I (2002年01月07日)
DSCH2017年09月08日[投票(1)]
★5 銀河鉄道の夜(1985/日)
コメントすること自体躊躇してしまうぐらい、美しい、けなげな、大切な、もろく哀しい、こころのしじま。 カムパネルラ! 君は、いったい、どこに行こうとしているのか。どこにいるか。私たちはどこへ行けばいいのか。
セント (2003年05月14日)
DSCH, 茅ヶ崎まゆ子2017年09月08日[投票(2)]
★5 銀河鉄道の夜(1985/日)
とても言い表しきれない傑作。映像・音楽・言葉が織り成す独創的な空間。 [review]
HW (2002年02月18日)
DSCH, アルシュ, dappene2017年09月08日[投票(3)]
★5 銀河鉄道の夜(1985/日)
「星めぐりの歌」「306番」など音楽がとても上手く使われている。どんなオタクにも媚びない(賢治オタクにさえ)、いやらしいメッセージもない、アニメ映画の最高峰だと思うんだけど。
はしぼそがらす (2001年10月19日)
DSCH, 月魚, これで最後, ユリノキマリほか8 名2017年09月08日[投票(8)]