コメンテータ
ランキング
HELP

あらすじ最新お気に入り投票 (16/20)

あらすじ推薦者最新投票日
★3 ゼロの焦点(1961/日)
新婚7日目の禎子(久我美子)を東京に残し、夫の憲一(南原宏治)が金沢で消息を絶ってしまった。金沢は結婚直前まで憲一が所長として勤務していた地でもある。義兄(西村晃)に相談してもらちがあかず、金沢に向かった禎子は出張所の本多(穂積隆信)とともに憲一の行方を追うが、生死すらはっきりしないありさまだ。手がかりを求めて取引き先の室田社長(加藤嘉)を訪ねた二人は、そこで巧みに英語をあやつる受付け嬢(有馬稲子)と若い社長夫人(高千穂ひづる)に出会った。そんなおり、事の重大さに気づいた義兄が、禎子の宿に姿を表わしたのだった。原作は松本清張のベストセラー。(95分/白黒/シネマスコープ)
ぽんしゅう (2009年11月14日)
TOMIMORI2009年05月05日[投票(1)]
★5 恐怖の報酬(1952/仏)
ベネズエラのラス・ピエドラス。最果ての地でハゲタカや毒蜘蛛と暮らす職にあぶれた男たち。その中の一人マリオ(イヴ・モンタン)と酒場の看板娘リンダ(ヴェラ・クルーゾー)は恋人同士だ。そんな地の果てに今日も一人の男が流れ着く。その男の名はジョー(シャルル・ヴァネル)。本国フランスを追われた身だ。マリオとは同じフランス人ということで意気投合する。今の生活から脱出したくとも金がない。そんな折、500キロ先の油田で火事が発生。それを鎮火するためニトログリセリンを使用することが決まり、トラック二台にそれを積んで運搬するための運転手が四人選ばれた。少しの衝撃でも爆発するその恐怖と引き換えの報酬は2000ドル。一台にはマリオとジョー、もう一台にはビンバとルイジが乗り込む。行く手には想像を絶する危険が待ち構えていた… [more]
モモ★ラッチ (2002年05月05日)
KEI, りかちゅ, sawa:38, じぇるほか7 名2009年04月25日[投票(7)]
★5 恋はデジャ・ブ(1993/米)
原題の「GroundhogDay」とは、ペンシルバニアの小さな町パンクスタウニーで毎年2月2日に行われる聖燭祭のこと。ウッドチャック(リス科)のフィル君が春の訪れを占うのだ。 高慢で嫌われ者の天気予報官フィル(ビル・マーレー)は、お祭りの主人公と同じ名前のために過去3年レポーターを勤め、今年もカメラマンとプロデューサーのリタ(アンディ・マクダウェル)を伴って取材に向かうのだった。取材を終えたフィルはさっさとピッツバーグに帰ろうとするが、吹雪のため町に引き返す。まさに最悪の日。しかし彼が足止めを喰らったのは、それだけではなかった・・。 軽快なタッチながら見る者に人生の意味を突きつけるファンタジック・ラブコメディーの傑作。アメリカの映画チャートでは1位を獲得するも、日本では全くの無名。
ふりてん (2001年11月02日)
りかちゅ, トシ, 24, uyoほか6 名2009年03月29日[投票(6)]
★1 シエスタ(1987/米)
白昼スペインの空港の滑走路の外れに真っ赤なドレスを身に着けて倒れていたクレア(エレン・バーキン)は目覚めると何故自分がここにいるのか分からずそれまでの記憶を完全に失っている事に気付く。腹部に付いている大量の血に気づき「もしかしたら自分は誰かを殺したのではないか...?」という疑惑に駆られ、クレアは恐怖心に苛まれる。タクシーに乗り近くの都市アンヘルスに向かいながらこれまでの出来事を必死になって思い出そうとするが... スペインを舞台に描いた鮮烈な映像が印象的なサスペンス映画。(本編97分/公開日1988年12月)
kawa (2005年11月27日)
Muff2009年03月26日[投票(1)]
★5 かもめ食堂(2005/日)
フィンランド、ヘルシンキの街角に、サチエ(小林聡美)の切り盛りする「かもめ食堂」はある。あくまで「食堂」で、メインメニューはおにぎりだ。開店以来1ヶ月で現われた最初の客トンミ(ヤルッコ・ニエミ)はアニメファンで、サチエに『ガッチャマン』のフルコーラスの歌詞を聞いてきた。気にしていたサチエは、ある日、本屋で『ムーミン』日本語版を読み耽っていたミドリ(片桐はいり)に出会い、歌詞を聞く。それをきっかけに、理由なく旅をしていたミドリは食堂の従業員になってしまう。さらに、辛い過去の果てにフィンランドに旅してきたが、空港で荷物を紛失してしまったマサコ(もたいまさこ)が、かもめ食堂を訪れる。〔102分/カラー/アメリカンヴィスタ〕
水那岐 (2006年03月16日)
りかちゅ2009年03月20日[投票(1)]
★3 純情部隊(1957/日)
昭和20年。関取軍人・力道山こと光田は、辛い毎日ながらも東千代之介見習い士官に励まされ、また仲間の兵士にも実直な性格を気に入られ、親交を深めていた。それが面白くない鬼軍曹・岩本(駿河海)はことあるごとに光田らに暴行を加えるのだった。やむを得ない理由で光田が髷を切って間もなく、戦争は終わった。つぶしのきかない仕事で落ちぶれる光田だったが、仲間にプロレスラーの仕事を推薦される。めきめき力をつけた力道山は、今や日本中で応援してくれるファンのため、またかつて世話になった親方の娘(星美智子)を芸者の境遇から救うためにも、今やレスラーとなった岩本に敢然と挑んでゆくのだった。〔85分/モノクロ/スタンダード〕
水那岐 (2006年03月13日)
りかちゅ2009年03月19日[投票(1)]
★5 私が女になった日(2000/イラン)
キシュ島に展開される一連のストーリー。三部構成。[カラー/78分] 詳細は次をクリック(ネタバレなしですご安心を)→ [more]
ロープブレーク (2007年06月12日)
りかちゅ2009年03月14日[投票(1)]
★4 親切なクムジャさん(2005/韓国)
幼児誘拐・殺人の罪で13年間服役していたクムジャ(イ・ヨンエ)が出所した。刑務所時代、模範囚ぶりと献身的な態度によって、仲間たちから「親切なクムジャさん」と呼ばれていた彼女。しかし、彼女のその優しさの裏にはある冷徹な計画があった。それは、13年前に彼女を裏切り、刑務所へ送った男・ペク(チェ・ミンシク)への復讐。生き別れになっていた娘・ジェニー(クォン・イェヨン)を取り戻し、かつての囚人仲間たちを利用しながらペクを追いつめていくクムジャの、その真意とは──。[114分/カラー/シネマスコープ] [more]
Yasu (2005年11月13日)
りかちゅ, トシ2009年03月14日[投票(2)]
★3 インディア(1958/仏=伊)
バーグマン主演作が興行的に不振で、映画を撮れない状態だったロッセリーニが、4年ぶりに発表した新作のドキュメンタリー映画。大まかな構想だけを抱いてインドに渡り、現地で見聞したことを元に、象使い、ダム建設、トラ使い、はぐれ猿など、四つの大まかなエピソードからなる四部構成で、インドの自然と文明や、そこに暮らす人達の人間模様を描いた。評価はよく、1年後には十のエピソードからなる全長4時間のテレビ版も製作され、放送された。〈88分〉
きめこめ (2009年05月16日)
moot2009年03月02日[投票(1)]
★3 ビルマ、パゴダの影で(2004/スイス)
観光番組の撮影と偽りビルマ(ミャンマー)政府の撮影許可を取り付けたスイス人監督の一行は、指定されたコースを離れジャングルの奥地へ入り、国境地域の少数民族部落や反政府軍の実情を映し出す。ビルマは軍事独裁政権による圧政下にあるが、大多数を占めるビルマ人による、カレン族やシャン族といった少数民族への排斥といった側面もあるのだ。… '07年9月にヤンゴンなどでの反政府デモ鎮圧で起きた流血の悲劇を受け、'04年制作のドキュメンタリーが'08年3月より日本で緊急公開された。配給=アップリンク〔カラー/74分/16:9〕 [more]
死ぬまでシネマ (2009年03月02日)
sawa:382009年03月02日[投票(1)]
★5 告発のとき(2007/米)
ハンクトミー・リー・ジョーンズは父親が軍人であり、自らも軍に志願し、得がたい戦友たちと国のために尽くしてきた。退役後も、二人の息子が共に軍に志願したことは誇りでもあった。2004年11月、ハンクのもとへ、イラクで任務についていた下の息子マイクが所属する小隊が帰国しているが、マイクが無許可離隊をしていると連絡が入る。「悪い遊びでもしているんだろう」と思いながらも、妻スーザン・サランドンを家に残して基地を訪ね探し始めるが、ほどなく、マイクが無残な遺体となって発見される。ハンクは地元警察の刑事エミリーシャーリーズ・セロンの協力を引き出し、息子に何があったのか、突き止めようとするが。。。(121分) [more]
シーチキン (2008年07月01日)
chokobo2009年02月27日[投票(1)]
★4 ホルテンさんのはじめての冒険(2007/ノルウェー)
ノルウェーの雪の中を走る列車の運転手 ホルテンさん。独身。小鳥と暮らしている。67歳、定年だ。最後の運転日の前夜お祝いの会があり、友達のマンションで2次会。タバコを買いに行ったホルテンさん。戻って入ろうとするとドアがロック。暗証番号も効かない−壊れてしまったのだ。仕方なく工事用の階段で上へ。途中で建物の中に入ると人の家。男の子が起きていて、寝る迄そばに居てほしいという。この辺りからホルテンさんの運命は日常からずれていく・・・彼を待ち受けるものは?2008年アカデミー外国映画賞ノルウェー代表作品。ノルウェー国内で各賞を総なめにした暖かい暖かい作品。
KEI (2009年02月27日)
uyo2009年02月27日[投票(1)]
★4 ポーラー・エクスプレス(2004/米)
クリスマスイブの夜。少年(声:トム・ハンクス)はサンタクロースの存在を疑っていた。妹を寝かしつけに二階に上がって来た父親(声:トム・ハンクス)のズボンのポケットから、サンタの帽子が見えていたのだ。本当にサンタクロースはいるのだろうかと思いながらベッドに横たわっていると、突然家の外に巨大な蒸気機関車がやって来た。外へ駆け出した少年に向かって、機関車の車掌(声:トム・ハンクス)は言った。「一緒にサンタクロースの国へ行こう」と。そして少年を乗せた汽車は、北極点に向かって走り出した・・・。(105分)
ダリア (2004年11月27日)
2009年02月24日[投票(1)]
★5 スカイ・ハイ(2005/米)
スーパーヒーローを育てる空の上の学校、「スカイ・ハイ」。今年もスーパーパワーに恵まれた子供たちが入学してきた。その一人、ウィル(マイケル・アンガラノ)は、現役かつ世界でも有名なおしどりスーパーヒーロー夫妻、ザ・コマンダー(カート・ラッセル)とジェットストリーム(ケリー・プレストン)との一粒種だった。入学早々のクラス分け。ヒーロー組とそれをサポートするサイドキック組に振り分ける実技テストが始まった。少年少女たちはヒーロー組に進むべく、自らの力をそこで披露しなければならなかった。
tkcrows (2006年04月28日)
uyo2009年02月16日[投票(1)]
★3 リダクテッド 真実の価値(2007/米=カナダ)
イラクのサマラ米軍基地。メキシコ系青年兵士エンジェル(イジー・ディアス)が、自作ビデオに仲間たちを収めてゆく。弁護士のマッコイ(ロブ・デヴァニー)、読書家のゲイブ(ケル・オニール)、懲役を免れるために来たリノ(パトリック・キャロル)と粗野なラッシュ(ダニエル・スチュワート・シャーマン)。彼らの任務は、酷暑のなか重装備で、狙撃と自爆テロに脅えながらの検問所警備だ。そこへ、制止をふり切り一台の車が突入してきた。実際に起きた強姦虐殺事件を、テレビ取材、監視カメラ、ウェブ映像を駆使した擬似ドキュメンタリータッチで描く07年ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞受賞作。(90分/カラー/ヴィスタサイズ)
ぽんしゅう (2010年08月25日)
uyo2009年02月13日[投票(1)]
★4 シューテム・アップ(2007/米)
NYの裏街道で大好物のニンジンを囓っていたホームレスのスミス(クライヴ・オーウェン)の目の前を妊婦が通り過ぎた。彼女を追って男が1人。仕方なくスミスは2人を追う。妊婦を殺そうとした男をスミスが始末した、そのとき追っ手の集団が襲来、スミスとの銃撃戦が始まる。最中に妊婦は出産し射殺される。新生児を抱いたスミスは何とか逃走し、乳児プレイの娼婦ドンナ(モニカ・ベルッチ)のもとを訪れるが…。マイケル・デイヴィス監督第6作。
けにろん (2008年08月05日)
uyo2009年02月12日[投票(1)]
★3 戦場のレクイエム(2007/中国=香港)
国共内戦時の中国。人民解放軍第2師団のある連隊は、市街戦である国民党軍の部隊を包囲し、投降を呼びかけた。しかしそれは待ち受ける大軍の一部に過ぎず、連隊長グー(チャン・ハンユー)は捕虜を射殺させ、その結果軍規違反に問われる。最前線に送られた連隊は、リウ師団長(フー・ジュン)に旧炭鉱を集合ラッパが鳴るまで守り続けよ、と命じられる。だがそこに待つのは、国民党軍との熾烈を極めた激闘であった。部下はその中でラッパの音を聞いたと進言、撤退を求めるが、轟音に耳をやられたグーには聞こえなかった…。激しく後悔するグーは、炭鉱に眠る戦友の骨を求め、烈士としての表彰を上申する。〔124分/カラー/スコープ〕
水那岐 (2009年02月06日)
uyo2009年02月12日[投票(1)]
★3 007 慰めの報酬(2008/英)
MI6のトップ、M(ジュディ・デンチ)は、ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を取り調べるうちに、その魔手が思わぬ範囲にまで及んでいることに驚愕した。早速、ボンド(ダニエル・クレイグ)は、カリブ海のハイチへ向かう。それは、闇に隠れた組織の全貌を暴く任務であるとともに、彼が愛し、そして彼を裏切った女ヴェスパーへの悔悟と怨念の暴走の始まりでもあった。ボンドは謎の女カミュー(オルガ・キュリレンコ)を追ううちに、ボリビア政権転覆を企むメドラーノ将軍(ホアキン・コシオ)を陰で支援し、環境保護団体を隠れみのに暗躍するグリーン(マチュー・アマルリック)の存在に行き当たる。(106分/シネマスコープ) [more]
ぽんしゅう (2009年01月27日)
サイモン642009年02月10日[投票(1)]
★4 戦艦バウンティ号の叛乱(1935/米)
1787年英国艦バウンティ号はタヒチへの出航準備をしていた。艦長はブライ。彼は厳格な冷血漢で有名であったが来艦早々、船員への「みせしめ」の為死者を鞭打つ行為に及ぶ。高まる船長への不信感を抱いて、艦は出航する・・・。 [more]
KEI (2008年05月18日)
りかちゅ2009年02月07日[投票(1)]
★4 13歳の夏に僕は生まれた(2005/伊=仏=英)
北イタリアの裕福な家庭に暮らす13歳の少年・サンドロ(マッテオ・ガドラ)は、父親(アレッシオ・ボーニ)たちとのヨット航海中、過って海に落ちてしまう。不法入国を図る外国人たちの密航船に見つけられた彼は、ルーマニア出身という青年・ラドゥ(ヴラド・アレクサンドル・トーマ)と妹のアリーナ(エステル・ハザン)に助けられた。やがてイタリアの警備艇に発見された彼らは施設に収容される。サンドロの心には、世話になった彼らを助けたいという思いが芽生え始めていた…。[120分/カラー/シネマスコープ]
Yasu (2006年11月04日)
ルクレ2009年02月02日[投票(1)]