コメンテータ
ランキング
HELP

あらすじ最新お気に入り投票 (20/20)

あらすじ推薦者最新投票日
★3 カーテンコール(2004/日)
自ら抜いた特ダネ記事が原因で福岡のタウン誌に「都落ち」してきた、編集者見習いの香織(伊藤歩)。そこへ投稿されてきた1枚のハガキが、香織の興味を惹く。それは昭和30年代、下関の映画館で舞台に立っていた「幕間芸人」についての内容だった。さっそくその映画館「みなと劇場」に赴き、当時を知る従業員・絹代(藤村志保)に取材を始める香織。その話から浮かんできた、その芸人──安川修平(藤井隆)の人生は、香織が想像していた以上に深く、波乱に富んだものだった。[111分/カラー/アメリカンヴィスタ] [more]
Yasu (2005年08月02日)
RED DANCER2008年09月28日[投票(1)]
★4 オペラ座の怪人(2004/米=英)
1919年、パリ。今や廃墟となったオペラ座の劇場跡で、ひっそりと開かれていたオークションがあった。参加していた老貴族・シャニュイ子爵は、次々と競りにかけられるゆかりの品々を見ながら思い出していた。1870年代、栄華を誇ったオペラ座を舞台に起きた、若きプリマドンナ・クリスティーヌ(エミー・ロッサム)と幼なじみの青年貴族・ラウル(パトリック・ウィルソン)、そしてオペラ座に出没する怪人・ファントム(ジェラード・バトラー)の哀しい物語を…。[143分/カラー/シネマスコープ] [more]
Yasu (2006年01月08日)
草月, makoto7774, Myurakz, chilidogほか8 名2008年09月27日[投票(8)]
★2 カストラート(1994/仏=伊=ベルギー)
カストラート…それは幼く美しい歌声をそのまま保つべく、男根を切除することで永遠の美声を得たバロック音楽界の爛熟の華である。ファリネッリ(ステファノ・ディオニジ)は幼児期の事故がもとで一物を切り取り、代わりに美声を得た、いわば望まざるカストラートであった。彼は凡庸な作曲家リカルド(エンリコ・ロ・ヴェルソ)の歌を歌い、社交界の話題を一身に集めるが、その歌に甘んずるかぎり頂点を極められぬのは目に見えていた。ついに意を決したその恋人アレクサンドラ(エルザ・ジルベルスタイン)は、ファリネッリを快く思わぬ楽聖ヘンデル(ジェローン・クラッペ)の楽譜を、彼の出世のために盗み出そうとする。〔106分/カラー/ワイド〕
水那岐 (2012年11月19日)
アメリ・プーラン, りかちゅ, KADAGIO2008年09月25日[投票(3)]
★2 エリザベス ゴールデン・エイジ(2007/英=仏=独)
1587年、カトリックと決別した英女王エリザベスケイト・ブランシェットに対し、熱心なカトリック信者で彼女の義兄でもあるスペイン国王フェリペ2世ジョルディ・モリャは、英国を手中に収めんと企んでいた。一方、新大陸から帰ってきた航海士ローリークライヴ・オーウェンは、女王お気に入りの侍女ベスアビー・コーニッシュを介して女王に近づく。その頃、英国内のカトリック信徒たちが、カトリック信徒で英王室の血を引くスコットランド女王メアリーを押したてようと不穏な動きをはじめ、それは英国最大の危機、世界最強と言われた「スペイン無敵艦隊」襲来へとつながっていく。1998年公開『エリザベス』の続編。(114分)
シーチキン (2008年02月21日)
りかちゅ, ルクレ2008年09月21日[投票(2)]
★4 ぐるりのこと。(2008/日)
93年、しっかり者の翔子(木村多江)と、法廷画家の仕事を得た何かにつけマイペースのカナオ(リリー・フランキー)は結婚した。喜びも束の間、思わぬ不幸が二人を襲い翔子は心のバランスを失い始めた。そんな翔子を、かつて夫に去られた母(倍賞美津子)や、不動産景気に浮かれる兄夫婦(寺島進安藤玉江)は遠くから見守る。カナオが、法廷で目の当たりにする、闇へと転がり落ちるかのような世相を映す不穏な事件と、常軌を失った犯罪関係者たち。時代は移ろい、時だけが確実に人々の間を流れ去っていく。そして、2001年。そこには、変わってしまったものと、何も変わらなかったものがあった。(140分/カラー/ビスタサイズ)
ぽんしゅう (2008年06月11日)
イライザー7, uyo2008年09月16日[投票(2)]
★5 赤ちゃん泥棒(1987/米)
コンビニ強盗の常習犯ニコラス・ケイジは容疑者の写真撮影係の警官ホリー・ハンターと結婚する。二人とも子供を欲しがったが、子供ができないことが分かる。養子ももらえず、悩んでいた二人の前に家具商トレイ・ウィルソンに五つ子誕生のニュースが。二人は赤ちゃんを自分たちのものにしようとする。そこへ夫の刑務所仲間ジョン・グッドマンらが脱獄してきて・・・。 [more]
とっつぁん (2005年04月24日)
うちわ2008年09月13日[投票(1)]
★4 スパイ・ゾルゲ(2003/日)
第二次大戦の欧州戦線で、最初優勢だったドイツ軍をソ連軍が撃破し、ナチスドイツの崩壊のきっかけともなったスターリングラードの戦い。その影には、日本でソ連のためにスパイ活動をしていたある男の存在があった。彼はナチスの新聞記者に成りすまし、日本の政治・軍事・経済を隅々まで調査し尽くしていた。頭脳明晰にして好男子。そんな彼に、朝日新聞記者だった尾崎秀実(ほつみ、本木雅弘)など、数々の男女が引き付けられた。彼らが日本の機密情報を流していたその男──彼こそが、後に世紀のスパイ事件の中心人物として名を馳せることになる、リヒャルト・ゾルゲ(イアン・グレン)であった。[182分/カラー/アメリカンヴィスタ] [more]
Yasu (2003年10月07日)
死ぬまでシネマ, sawa:38, RED DANCER2008年09月12日[投票(3)]
★4 20世紀少年 第1章(2008/日)
 1969年。小学生のケンヂは、同級生のオッチョ、マルオ、ヨシツネ、モンちゃん、ユキジといった仲間たちと原っぱの秘密基地で、自分たちが考えた空想の未来「よげんの書」を作った。悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など、彼らはワクワクしながら空想の世界を広げていった。  1997年。ケンヂはコンビニの経営をしながら、失踪した姉・キリコの赤ん坊・カンナの面倒を看ていた。そんな冴えない単調な日常が、お得意先一家の謎の失踪、同級生ドンキーの死を契機に、俄に騒然としてくる。。。  やがてケンヂは、異変の数々が子供の頃に書いた「よげんの書」通りであることを知り愕然とする。その背後には、謎の宗教教団と、『ともだち』と呼ばれる教祖の影があった。  『ともだち』はケンヂの「よげんの書」に従い世界を破滅に導こうとしているのか?
IN4MATION (2008年08月25日)
水那岐2008年09月01日[投票(1)]
★0 ゴーストスープ(1992/日)
『僕(渡裕行) は予定の約1ヶ月前だったけど予約していたマンションに 住むことになったんだ。 でも、部屋に着いてみると女の子(鈴木蘭々) と外人 (デーブ・スペクター) が僕の部屋に・・・「出て行け」って言ったんだけど僕の部屋でパーティーするって言って出て行こうとしないんだ。・・・まぁなんとか出て行ってもらったけど・・・そしたら僕が買い物した帰りに道でその連中にラチされちゃって置き去りで開放。でも、この街、今日着いたばかりだから帰り道が分からない。で、帰り道を捜してうろうろしてると 何か懐かしいんだよね〜 この街の風景・・・』
1/2(Nibunnnoiti (2002年04月29日)
uyo2008年08月29日[投票(1)]
★3 白痴(1951/日)
戦争のショックで神経を病んだ亀田(森雅之)は、復員する船の中で知り合った赤間(三船敏郎)と共に札幌に戻る。そこで出会った女性、那須妙子(原節子)を巡り、やがてこの二人の関係は少しづつ変化してゆく。[166分/モノクロ/スタンダード] [more]
Yasu (2005年12月13日)
づん, 町田, tredair2008年08月28日[投票(3)]
★5 マタンゴ(1963/日)
現代社会の鬱屈を逃れてヨットで大海原へと繰り出した7人の若者。だがヨットは嵐にもまれ漂流し、とある不気味な島へと辿り着く。難破船に残っていた日誌からこの島には「マタンゴ」というキノコが巣食っていることが分かるが、それを食べたものは二度と姿を見せなくなったというのだ。やがて恐怖と飢餓、絶望感から次第に仲違いがおき、エゴを剥き出しにしていく若者達。そしてついに仲間の一人がマタンゴを食したことから崩壊が始まっていく……。ある世代の方々にはトラウマにもなっている(?)邦画SFホラーの名作。
荒馬大介 (2001年11月20日)
NOM, muffler&silencer[消音装置], ジョー・チップ, はしぼそがらす2008年08月27日[投票(4)]
★0 砂の器(1974/日)
松本清張原作。2004年に中居正広(SMAP)主演でドラマ化。国鉄蒲田操車場構内に身元不詳の死体が発見された。推定年程は五十〜六十歳。初動捜査での手がかりは「カメダ」。「カメダ」が秋田県の地名と分かった警視庁の今西栄太郎(丹波哲郎)刑事と西蒲田署の吉村正(森田健作)刑事は秋田県の羽後亀田駅に向かうが・・・。 [more]
HILO (2004年01月26日)
IN4MATION2008年08月24日[投票(1)]
★4 グミ・チョコレート・パイン(2007/日)
「もっともなりたくなかった種類の大人に、どうやら僕はなってしまった」2007年のある日、転勤先でリストラに遭った大橋(大森南朋)は実家に戻り、そこで一通の手紙を受け取る。「あなたのせいなのだから」という一文だけの手紙の主は山口美甘子、高校の同級生だった。聞けば山口美甘子は、その手紙を書いた直後に自殺したという。──21年前、高校生だった大橋(石田卓也)は、自分は他人とは違うと思い込んで、同級生を軽蔑していた。名画座に通い詰めていた。オナニーばかりしていた。そして、死ぬほど、山口美甘子に焦がれていた。だから名画座で初めて美甘子と言葉を交わしたのは、あれは奇跡だったんだ。[カラー/127分]
林田乃丞 (2008年07月14日)
ロープブレーク2008年08月21日[投票(1)]
★4 ユー・ガット・メール(1998/米)
インターネットのチャットルームで知り合ったジョー・フォックストム・ハンクスとキャスリーン・ケリーメグ・ライアン。二人はメールフレンドに・・・。大手ディスカウント・ブック・チェーン“フォックス・ブックス”の重役、フォックスと児童書専門の小さな本屋“街角の店”の女性オーナー、ケリーは、パーティーで顔を合わるが、お互いが自分のメールフレンドだと知らないままに口論を始め、家に帰ってはその結果をメールで相手に報告する。すっかり意気投合した二人は実際に会おうと約束するが・・・
映画っていいね (2002年01月11日)
りかちゅ2008年08月20日[投票(1)]
★5 ヘアスプレー(2007/米)
まだアメリカに人種差別が闊歩していた頃のボルチモア。16歳のクィーンサイズの女の子・トレイシー(ニッキー・ブロンスキー)は、TVのダンス番組「コーニー・コリンズ・ショウ」のレギュラーを夢見てダンスの練習に余念がなく、教室では舟をこぐ毎日だった。そしてそのソウルフルなダンスは認められ、憧れのダンサー、リンク(ザック・エフロン)ともいいパートナーとなって一躍レギュラーに。しかし母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)には止められ、そしてあろうことか差別されるブラック陣営のダンサーたちにも魅せられてしまったことから、プロデューサー(ミシェル・ファイファー)は彼女を追い落としにかかる。〔116分/カラー/スコープサイズ〕 [more]
水那岐 (2007年10月19日)
りかちゅ2008年08月20日[投票(1)]
★5 世界大戦争(1961/日)
プレスセンターの運転手・田村(フランキー堺)は家族の幸せを夢見て懸命に働いていた。妻のお由(乙羽信子)には湯治を、娘の冴子(星由里子)には立派な婚礼を、息子には大学へ行かせてやると心に誓っていた。折しも冴子は下宿している船乗りの青年・高野(宝田明)と恋仲に落ち、とうとう結婚することに。だがその一方で、そんな庶民の感情が全く入る余地もないところで次第に冷戦は深刻化していく。日本国首相(山村聡)達の尽力で和平の道を歩み始めたかに見えた世界も、ついに、緊張の糸が切れた。やがて、最悪の事態が……。 [more]
荒馬大介 (2003年01月15日)
シーチキン, sawa:38, uyo2008年08月17日[投票(3)]
★3 ラーゼフォン 多元変奏曲(2003/日)
わたし、美島遙(坂本真綾)。 都内の中学に通う3年生。 今日で二学期も終わり、冬休みは名古屋の実家に帰るの。 その前に、大好きな神名綾人(下野紘)くんにクリスマスのプレゼントを渡せなかったのが心残り。 でも神名くん、「東京に戻ってきたら一緒に初詣へ行こう」って言ってくれた。 すっごく嬉しくって、「うんうんうん」って何度も頷いちゃった。 [more]
たかやまひろふみ (2007年11月01日)
MSRkb2008年08月16日[投票(1)]
★4 チャーリーとチョコレート工場(2005/米=英)
ウィリー・ウォンカ〈ジョニー・デップ)は、一代で世界的な製菓会社を築き上げたが、他社のスパイが紛れ込み、彼の奇跡的なチョコレート製造技術を横流しされてしまった。怒ったウォンカは全ての社員を解雇したが、なぜかウォンカ社は前にも勝る勢いで発展していた。そんなウォンカが、チョコレート工場を実際に見学できるゴールデン・チケットを世界で5枚のチョコレートに忍ばせた。パニックの中、大食少年オーガスタス、大富豪の娘ベルーカ、記録ホルダー少女バイオレット、知能に絶対の自信を持つ少年マイク、そしてウォンカ工場の近所のボロ家に住む、貧乏な少年チャーリー(フレディ・ハイモア)がそのチャンスを手にしたのだった。〔115分/カラー/ヴィスタ〕
水那岐 (2006年01月21日)
りかちゅ, てれぐのしす2008年08月16日[投票(2)]
★5 百万円と苦虫女(2008/日)
鈴子(蒼井優)は友人カップルとマンションを借りて生活する筈だったが、土壇場にきて女友達が恋人の男を振った。イライラの高まった男は鈴子の飼い猫を勝手に捨て、怒った鈴子は彼の持ち物を全部捨ててしまい、男からの告発で逮捕されるに至った。拘留ののち帰宅する鈴子だが、受験を前にしてナーバスになった弟・拓也(齋藤隆成)に前科者扱いされ、その場で百万円貯めたら誰も知らない場所に消えると宣言する。海の家、果樹園での桃もぎなどで小金を稼ぎながら、男のいい加減さ、人間の浅はかさを痛感する鈴子。だが、ある街で花屋の店員になったとき、鈴子は誠実に彼女を愛する青年・中島(森山未來)と出会う。〔121分/カラー/ヴィスタ〕
水那岐 (2008年07月25日)
アメリ・プーラン2008年08月13日[投票(1)]
★1 立喰師列伝(2006/日)
「立喰師」−それは飲食店において、おのれの弁舌のみを頼りに堂々と店主と渡りあい、それのみをもって自ら食した料理の対価となし、けして金銭を払ってこと足れりとすることのない、闇の世界に生きる孤高の仕業師たちである。時代の激動期、現われては消え、消えては現われた彼らの生き様がいま、甦る。戦後直後の混乱期に「ゴト」をした伝説の立喰師「月見の銀二」、60年安保に揺れる永田町で美貌をきらめかせた「けつねコロッケのお銀」、閉塞した時代に苦闘した「哭きの犬丸」、「冷やしたぬきの政」、世を席巻し始めたファストフード店に襲いかかった「牛丼の牛五郎」、「ハンバーガーの哲」、「中辛のサブ」。彼らの存在は「日本」という存在そのものではなかったか。 [more]
シーチキン (2006年05月05日)
サイモン642008年08月13日[投票(1)]